ウィーン・ローマ旅行記

ローマ・ウィーン旅行記:オペラ座でチケット受け取り~シェーンブルン宮殿へ~ホテルアナナスのビュッフェ

投稿日:

記事上アドセンス

夫婦二人で行くローマ・ウィーン旅行記の続きです。

前回はローマからウィーンに移動、ウィーン空港からローマへ移動したお話でした。

>>ウィーン・ローマ旅行記:その⑥ウィーンへ移動~ウィーン国際空港からウィーン市内へ移動~ホテルアナナスへ

ウィーン空港からの移動はいくつか方法がありますが、不安な方は『VELTRA オーストリア現地ツアー 空港送迎プラン』など旅行会社のオプションプランを利用するのがおすすめです。

長時間の移動で疲れているし、翌日の予定が詰まっている場合には乗り換えなしで、ただ乗っていればいい送迎車はとても楽です。

私たちは『オーストリア連邦鉄道Sバーン』に乗り、無事にホテルアナナスに到着しました。

アナナスで一休みしたら、シェーンブルン宮殿に移動です。

と、その前に明日の夜に予定しているオペラ座でのオペラ鑑賞のチケットを受け取るために、まずはオペラ座に行くことにしました。

オペラ座へ

ウィーンに行くならぜひ本場でオペラ鑑賞を、ということで日本でチケットを取っていました。(インターネットで取れますが、現地で引き換えが必要です。)

はじめてのヨーロッパですっかり気分は「おのぼりさん」(笑)で、目に飛び込んでくる風景が、すべて「映画」みたいで、常にテンションが上がっていました。

音楽の都「ウィーン」のオペラ座…。

巨大なモニターがあり、ここで鑑賞することもできるみたい。

斜め向かいにあるのはアルベルティ―ナ美術館。

近くに寄ってみました。撮影スポットらしく、観光客がカメラを向けていました。

当たり前のように、あちこちに石像があります。身に着けている衣服の布の表情がすごいです。

▽ホテルザッハー

さて、無事にチケットを受け取ることができましたので、シェーンブルン宮殿へ移動します。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

シェーンブルン宮殿

シェーブルン宮殿の最寄はシェーブルン駅。

日本の駅のホームより、広告などが少なくて、アナウンスも少なめ。すっかりしたホームです。日本はちょっと過剰すぎるのかもしれません。

駅から歩いてすぐ。

どかーんと、目に飛び込んできた黄色の建物。あまりの大きさにカメラに収まりません^^;

イースターが近かったので、広場では大きなイースターエッグが飾られていました。

馬車がいます。観光客向けで、お金を払えば乗れるようです。日本でいうところの人力車みたいなもの?でしょうか。

シェーブルン宮殿見学は日本語の音声ガイド付きで。

シェーブルン宮殿は内部を見学することができます。

ツアーは以下の2種類があり、いずれも日本語の音声ガイドを聞きながら見学をします。

  • インペリアルツアー(22室)…10.50€
  • グランドツアー(40室)…13.50€

私たちはみどころを絞ったインペリアルツアー。22室を見て回りますが、それだけで十分におなかおっぱい。絢爛豪華で、美しい部屋にうっとりしながら見て回りました。

残念ながら写真撮影は禁止されているので、写真はありません。

部屋数は1441室 一部は賃貸住宅に

見学できるのはごくごく一部。シェーブルン宮殿にはなんと、部屋が全部で1441室もあるそうですよ!

さらに驚きなのですが、一部が賃貸住宅になっていて一般の人も住めるのだそうです。しかも家賃は約4万円ほど。安い…。

シェーンブルン宮殿は観光客に公開されている2階部分を除いた居室が、文化財管理公社によって賃貸住宅として一般に貸し出されており、住民がいる。Wikipedia

一通り内部を見学したら、お庭の方に出ます。庭側からも宮殿をパチリ。

広大な庭園が広がります。

奥に見えているのはグロリエッテ。1775年に建設された「列柱回廊」です。

グロリエッテまではけっこうな距離があります。ゆるやかな上り坂になっていますが、グロリエッテからの庭園の眺めは最高らしく、19世紀にはすでに展望台として使用されていたそうです。

今回は遠いので、グロリエッテまでは行かずに、庭園を軽く散策しました。

観光客は多いのですが、それ以上にとにかく広いので、人が多いという感じはないです。

子供のころから「ベルサイユのばら」が大好きだったので、ここでマリー・アントワネットが育ったのか…と思うと、感慨深いものがありました。

***

シェーブルン宮殿を堪能して、帰途に着きました。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

ホテルアナナスの朝食

ウィーン初日に宿泊したのは「ホテルアナナス」

お部屋の様子は「ローマ・ウィーン旅行記:ウィーンへ移動~ウィーン国際空港からウィーン市内へ移動~ホテルアナナスへ」でご紹介しましたので、今回はアナナスの朝食をご紹介します。

食堂は大きな天窓があって、明るいんです。

壁に飾られた絵。私には桜の木に見えたのですか、ウィーンで桜??どうでしょうか。

朝食はビュッフェスタイルです。4つ星だからでしょうか、ローマのホテルガリレオのビュッフェより、ぐんとグレードがあがったように感じました。

ベーコンやスクランブルエッグ

様々な種類のパンが並びます。

あまりにおいしそうで、欲張ってつい盛りすぎてしまいました。(※写真は私ひとり分です)

そんなに食べられるの?と夫に呆れられましたが、なんとか完食(笑)

朝からちょっと食べすぎました。このおかげで、深夜から翌早朝にかけて胃痛に苦しむことになります…。

旅先での食べ過ぎは注意!特に慣れない国の料理は胃への負担が大きいです。身体も旅で疲れていますので、普段よりも節制が必要です。(←自分への戒め)

次はシュテファン大聖堂です。

関連記事

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-ウィーン・ローマ旅行記

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.