すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

映画-原作がある作品

『ボビー・フィッシャーを探して』/実話を元にしたチェスの天才少年の物語。

今日の映画は『ボビー・フィッシャーを探して』 殺伐とした映画を好んでみる傾向がありますが、ハートウォーミングなお話も好きです。暗くて打ちのめされてどん底に突き落とされる重―い映画もいいのですが、そればっかりだと疲れてしまうので、たまにはこん…

『ベストセラー編集者パーキンズに捧ぐ』/20世紀を代表する作家を見出した伝説の編集者の実話に基づく物語。

ヘミングウェイやフィッツジェラルドなど20世紀を代表する作家をまだ無名だった頃に見出した伝説の編集者がいました。 「グレート・ギャッツビー」「老人と海」など今も読み継がれている名作を世に送り出した編集者マックス・パーキンズと、同じく彼に見出さ…

『隣の家の少女』/加速してゆく悪意に、容赦なく打ちのめされる。実話を元にした作品。

きつい、本当にきつい(ノ_-。) こういう気分になるのはわかってたのです。それでも観たのは私です、はい。 とにかくきつく重い内容の映画です。『心がつぶれそうになる映画20本』というランキングに取り上げられていて、気になって観てみたのです。 アメリカの…

『日蔭のふたり』/信念を貫いた先にあった、悲劇。救いようのない結末に、容赦なく絶望に突き落される。

トマス・ハーディ原作『日陰者ジュード』の映画化作品。 勤勉な青年ジュードが救いようもない悲劇に見舞われるお話です。”まさか”と思うような哀しい出来事に胸が切り裂かれそうになる映画です。 この作品を観るためにはしっかりとした覚悟が必要かもしれま…