ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。

子どもが怖い映画。大人を恐怖に陥れる怖い子供が登場するおすすめ映画。

こんにちは、あかりです。

子どもが登場する映画って、子供ならではの愛らしさや一生懸命さに癒されたり、心和んだりする作品が多いですよね。

「泣ける」映画にも子供が登場する映画が多いです。

いい意味で子役が印象的な映画としては『リトル・ミス・サンシャイン』『奇跡のシンフォニー』といった作品が好きです。

しかし、映画の中には子供=愛らしい、守ってあげなくてははならない存在という概念を覆してしまう恐ろしい子供たちが登場する作品があります。

今日はそんな子供が怖い映画、大人を恐怖に陥れる怖い子供が登場する映画をピックアップしてみました。

<スポンサーリンク>

『ハード・キャンディ』

監督:デビット・スレイド
出演:エレン・ペイジ/パトリック・ウィルソン
製作:2005年/アメリカ

出会い系サイトで出逢った14歳の少女、ヘイリーと32歳のカメラマン、ジェフ。3週間のチャットを経てジェフはヘイリーを自宅へ誘い込むが、いつの間にかヘイリーが作り上げた罠にかかっていた……。出典:映画.com

2005年のサンダンス映画祭で大きな話題を呼んだ問題作。

出会い系サイトで知り合った14歳の少女ヘイリーが、ロリ男に鉄槌を下すのですが、その手段が…( ̄□||||!!

32歳のカメラマン・ジェフは14歳のヘイリーを自宅に連れ込むことに成功!あれやこれやとよからぬことをしようと考えていたのだと思われますが、気が付いたらヘイリーに拘束されて身動きが取れない状態にされており、○○○があ~!!!みたいな窮地に陥ります。

私は女性ですが「縮み上がる」ような気がして、そわそわしっぱなし。男性が観たら震え上がるかもしれません。

ヘイリーを演じたのは『JUNO/ジュノ』でスターになる前のエレン・ペイジなんですよね。この頃から演技派!

『隣の家の少女』

監督:グレゴリー・M・ウィルソン
出演:ブライス・オーファース/ダニエル・マンシェ/ブランチ・ベイカー
製作:2007年/アメリカ

1958年夏、少年デビッドの住む郊外の町に、美しいミーガンとスーザンの姉妹が引っ越してくる。交通事故で両親を亡くした姉妹は、デビッドの家の隣に住む伯母ルスの元に身を寄せることになり、デビッドと姉妹は徐々に親しくなっていく。やがてデビッドはミーガンに恋心を抱くが、ルスの嫉妬と憎悪の入り混じった虐待に、姉妹が苦しんでいることを知る。出典:映画.com

何の罪もないスーザンという美少女が酷く虐待される作品。目を覆いたくなるほどの残酷な仕打ちがひたすら繰り返されますので、観るのは相当な覚悟が必要です。

虐待事件の主犯は、少女の伯母にあたる中年女性ルースですが、ルースの子供がまた酷い…。彼らは近所に住む友人の少年少女らを巻きこんでスーザンに凄惨なリンチを加えます。

しかも全く良心の呵責も罪悪感もなしに…。楽しそうに…。クライマックスの”あれ”は私の想像力では思い浮かばない残酷な仕打ちです。

さらに恐ろしいのは本作が実話を元にしているということ…。

▽以下の記事でも取り上げています。

『白い家の少女』

▽このパッケージの女の子は誰でしょう?大女優の子役時代です。

監督:ニコラス・ジェスネール
出演:ジョディ・フォスター/マーティン・シーン
製作:1976年/フランス・カナダ

鉛色の空。冷たく打ち寄せる大西洋の波。ニューイングランドはウエルズ・ハーパーという小さな村。冬の海を見おろす人里離れた丘に、白い家がポツンと一軒。美しいブロンドの少女リン(ジョディ・フォスター)が住んでいた。出典:映画.com

白い家にたった一人で暮らす謎めいた美少女の秘密とは…?

当時11歳のジョディ・フォスターが主演したサスペンス映画で、まだあどけなさが残る少しすきっ歯なジョディが、孤独と悲しみとたたえた謎めいた美少女を演じています。

少女の秘密が明らかになるにつれ、彼女の幸せを願いたい気分になります。ジョディ・フォスター好きならぜひオススメです。えげつない描写はありませんが、マーティン・シーンは気持ち悪いです。

▽こちらの記事でも取り上げています。

【辛い!重い!苦しい映画】『人間不信になる/絶望する映画25本(米サイトBuzzFeed選出)』

『永遠の子供たち』

監督:J・A・バヨナ
出演:バレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ
製作:2007年/スペイン・メキシコ

自らが育った孤児院を、障害を持つ子供達のための施設に再建することを決めたラウラは、夫と息子のシモンと古い屋敷へ引っ越してくる。しかしその屋敷で、シモンは空想上の友達と遊ぶようになり……。出典:映画.com

古い屋敷に引っ越して来たら”何か”がいる…。ホラー映画の王道です。

その得体の知れない”何か”が愛する子供をさらっていく…。突然子供を失った母親の苦悩が描かれます。

彼女の周囲に姿を現す”何者か”=子供たち。

本来であれは愛らしいはずの子供はマスクをかぶり表情を見ることもできません。彼らの目的は何なのか?息子はどこに消えたのか?

伏線が見事な作品でラストで驚くような真相が明らかにされます。怖いだけでなく切ない余韻が残る作品です

▽こちらの記事でも取り上げています。

『一度見たら二度を観る気になれないホラー映画17本(アメリカ映画サイト Taste of Cinema選出)』

『光る眼』

監督:ジョン・カーペンター
出演:クリストファー・リーヴ
製作:1995年/アメリカ

静かな町に暮らす住人たちが一斉に昏睡状態に入り、その後、受胎可能な女性たちが同時に妊娠するという異変が起こる。政府の調査も行なわれるが、原因は不明のまま。その後、生まれた子供たちは急速に成長する。高度な知性と光る眼を持っていた彼らの周囲では不可解な現象が多発。科学者のバーナー博士から光る眼の子供たちが地球上の生命体でないことを明かされた医師チェフィーは彼らに立ち向かおうとするが……。出典:映画.com

無表情な光る眼を持つ子供たちがたくさん襲ってきます。

高度な知性を持っているので憎たらしくて、子供らしい可愛らしさのかけらもないんですが、子供だから憎めないし、傷つけるのもためらわれるし…。

「憎い敵」が子供だと言うだけで、大人は無力になってしまいます…。

<スポンサーリンク>

『噂の二人』

監督:ウィリアム・ワイラー
出演:オードリー・ヘップバーン/シャーリー・マクレーン
製作:1961年/アメリカ

親友同士のカレンとマーサは二人で女学校を共同経営していた。問題ばかり起こす女生徒が二人は同性愛の関係にあると嘘をついたことから二人の生活が崩壊していく。

1人の少女がついた嘘で、二人の若い女性の人生が崩壊していく様子が描かれる作品。監督は『ローマの休日』のウィリアム・ワイラー。

嘘をついた少女は別の少女に弱みを握られ、脅されて無理やり嘘をつかされたのですが。この黒幕の少女の憎たらしさと言ったら!

子供=純粋、愛らしい、守ってやらねば!という大人の認識を見事に逆手に取りますヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!

少女の嘘は後味の悪い悲劇を招いてしまいます…。

オードリー・ヘップバーン、シャーリー・マクレーン(※『ダウントン・アビー』のマーサとして活躍中)という当時の人気女優の共演作品です。

▽こちらの記事でも取り上げています。

【辛い!】観たらずっしり落ち込む!トラウマ級に後味の悪いおすすめ映画。

『キャビン・フィーバー』

監督:イーライ・ロス
出演:ライダー・ストロング/ジョーダン・ラッド
製作:2002年/アメリカ

森の中の小屋に遊びにやってきた5人の若者が謎のウィルスに感染し、発病してゆく姿をスプラッター描写たっぷりに描くホラー。出典:映画.com

『ホステル』や『グリーン・インフェルノ』など、グロきつめのホラー作品を多数作っているイーライ・ロスのデビュー作。

デビュー作からグロきつめΣ(|||▽||| )

男性の大事なところがやられたり、女の子がズルむけになったり、血が…!火が…!犬が…!!とか、次から次に様々なことが起こるのですが…。

一番ショッキングなシーンは本筋とは関係のない一人の少年が、いきなり意味のわからない言葉を叫びつつカンフーしながら、襲い掛かってくるところ。

かなりインパクト大!衝撃的すぎて何回も観てしまいました。

▽問題のシーンの動画へのリンクはこちらにあります。

『キャビン・フィーバー』/「パンケーキ!パンケーキ!」

『悪童日記』

監督:ヤーノシュ・サース
出演:アンドラーシュ・ジェーマント/ラースロー・ジェーマント
製作:2013年/ドイツ・ハンガリー

第2次世界大戦末期。双子の兄弟が、祖母が暮らす農園へ疎開してくる。彼らは村人たちから魔女と呼ばれる意地悪な祖母に重労働を強いられながらも、あらゆる方法で肉体的・精神的鍛錬を積み重ねる。大人たちの残虐性を目の当たりにした2人は、独自の信念に従って過酷な毎日をたくましく生きぬいていくが……。出典:映画.com

恐ろしい双子の兄弟が登場します。原作はアゴタ・クリストフ同名小説。原作もうわ~という内容なのですが、映像で観るとさらにうわ~という感じが増しますね。

ただ、この子供たちが「生きるために強くならなくてはならなかった」という側面もあり、なんとも言えない気持ちにさせられます。

戦時中で大人さえも壊れかけているのだから、大人に守ってもらえない子供は自分の知恵と能力を生きのびていくしかない。その結果がこれなのだろうな…。

残酷さと同時に儚さと美しさを感じさせる作品です。

『危険な遊び』

監督:ジョセフ・ルーベン
出演:マコーレー・カルキン/イライジャ・ウッド
製作:1993年/アメリカ

母親が病死した12歳のマーク(イライジャ・ウッド)は、叔父のウォーレス(ダニエル・ヒュー・ケリー)と妻スーザン(ウェンディ・クルーソン)の家に預けられる。スーザンはヘンリーの弟リチャードを水死させて以来、自責と悲しみから立ち直れずにいた。夫妻にはマークと同い年の息子ヘンリー(マコーレー・カルキン)がおり、2人はすぐに仲良くなる。出典:映画.com

『ホームアローン』に主演し、その愛らしさで世界中をとりこにしたマコーレー・カルキンが天使のような容貌で内側に魔性を秘めた少年ヘンリーを演じます。

ヘンリーに恐怖に陥れられる少年を演じたのは『ロード・オブ・ザ・リング』のフロド役で知られるイライジャ・ウッド。

二大子役スターの共演として、かなり話題になりました。

マコーレー・カルキンは演技力もしっかり備わった子役でした。(順調に伸びていてくれたら、今頃いい役者さんになっていたんじゃないかな、と)

マコーレーが天使のような容貌で大人をだまし、平気で他者を傷つける恐ろしい子供を演じています。

「子供だから純粋」という大人の思い込みの陰に隠れて、悪事三昧の残虐な子供…( ̄□||||!!

サイコパス…。こういう子供は実際に存在しているのだろうな…。

<スポンサーリンク>

『チルドレン・オブ・ザ・コーン』

監督:フリッツ・カーシュ
出演:ピーター・ホートン/リンダ・ハミルトン
製作:1984年/アメリカ

若き医師バートは、恋人と赴任地に行く途中、子どもしかいない村に来てしまった。 バートの恋人は、子どもたちがトウモロコシ畑の中央で行う祭りの生贄として捕えられてしまった。出典:wikipedia

原作はスティーブン・キングの「トウモロコシ畑の子供たち」で、この作品は何度は何度か映画化されていますが、最初の映像化作品です。

のどかなトウモロコシ畑でカルト狂信者の子供たちにカップルたちが捕獲されます。

ホラー映画観てるとアメリカの田舎って怖いなぁとしみじみと思うことがあります。広すぎて逃げようもないし助けを求めようもないという絶望感…。

子供たちが大人を虐殺していくという設定は面白いのですが、それを生かし切れていないゆるい作品。サラ・コナー(『ターミネータ』)ことリンダ・ハミルトンが出演しています。

1976年のスペイン映画に『ザ・チャイルド』という作品があるのですが、おそらくキングは『ザ・チャイルド』に触発されて、『トウモロコシ畑の子供たち』を書いたのかな?と思われます。

▽『ザ・チャイルド』はこちら。

『ペットセメタリー』

監督:メアリー・ランバート
出演:デイル・ミッドキフ/フレッド・グウィン/でニース・クロスビー
製作:1989年/アメリカ

メイン州の田舎町ルドローの大学病院の院長に選ばれた医師ルイス・クリード(デール・ミッドキフ)は妻レイチェル(デニーズ・クロスビー)や2人の子供エリー(ブレーズ・バーダール)、ゲイジ(マイコ・ヒューズ)とシカゴから引っ越してきたが、家の前の道路を行きかう大型トラックに驚く。そんな彼らの向かいに住むジャド・クランダル(フレッド・グウィン)は、この道路で轢かれたぺットを葬るペットセメタリーの存在を教える。出典: 映画.com

原作はスティーブン・キング。

愛らしい子供を目の前で失った親が、子供を生き返らせようと禁忌を犯してしまいます。生き返ってきた子は、人間ではなくなっていました…。

「してはならない」と言われながら、もしも子供が生きて戻ってくるかもしれないのなら…。わずかな希望にかけてみたくなるのが親なのかもしれない。

親の子への深い愛が、残酷な不幸を引き起こします。かわいらしい子供が凶器を持って襲い掛かってくる様子は恐怖とともに絶望を感じさせます

1980年代の映画ですが、特殊メイクもかなりリアルでさほど違和感を感じません。

『ペット・セメタリ―』/時には死の方がいい。スティーブン・キング原作のホラー。(ネタバレ)

『オーメン』

監督:リチャード・ドナー
出演:グレゴリー・ペック/リー・レミック
製作:1976年/アメリカ

アメリカ人外交官ロバートは、6月6日午前6時にローマの産院で生まれてすぐに死んだ我が子の代わりとして、同時刻に誕生した男の子を引き取りダミアンと名づける。ところが、ダミアンが5歳の誕生日を迎えた頃から周囲で不可解な事件が次々と起こりはじめ……。出典:映画.com

6月6日6時に生まれた悪魔の子「ダミアン」が人々を恐怖に陥れます…。

この映画を観て以来、毎年6月6日6時になると「今日ダミアンの誕生日…」と思い浮かべる人もいるのではないでしょうか(←私です)

現代の作品ならば、もっとグロテスクな映像をてんこもりにして視覚的恐怖に訴える作品に仕上がるのかもしれません。

本作は70年代の作品ということもあり、じわじわと心理的に恐怖が押し迫ってくる演出で見せる仕上がりになっています。そしてここぞ!というタイミングでショッキングな映像が…( ̄□||||!!

アカデミー作曲賞を受賞した音楽も恐怖をあおります。ホラー映画の歴史に残る名作。その後、続編やリメイクも製作されています。

『悪魔のあかちゃん』

監督:ラリー・コーエン
出演:ジョン・ライアン/シャロン・ファレル
製作:1974年/アメリカ

生まれた赤ん坊がお産に立ち合った医師と看護婦の惨殺死体を残して姿を消した……ロサンゼルスの街を恐怖のどん底に叩き落とした怪奇な事件を描く。出典:映画.com

この世に生まれた瞬間に産婦人科医や看護師さんたちを殺しちゃう、とんでもない赤ちゃんが登場します。

これ、本当に小さい頃にテレビで観まして。恐ろしくて暗い所にいけない時期が続きました…。

今観ると、残酷描写もさほど気にならないのですが(見慣れてるので)、当時の恐怖といったら!少し物音がするだけで悪魔の赤ちゃんがいるんじゃないかと震え上がっていました。

悪魔のような子でも親は子を愛しいと思うのか?

親の気持ちを思うと辛くなるお話でもあります。

<スポンサーリンク>

『エスター』

監督:ジャウム・コレット=セラ
出演:ベラ・ファーミガ/ピーター・サースガード/イザベル・ファーマン
製作:2009年/アメリカ

赤ん坊を死産で失い、悲しみに暮れていた夫婦ケイトとジョンは、養子を迎えようとある孤児院を訪れる。そこで出会った少女エスターに強く惹きつけられた2人は、彼女を引き取ることに。しかし、日に日にエスカレートするエスターの不気味な言動に、ケイトは不安を覚え始める。出典:映画.com

孤児院から引き取った少女エスターは、どこかおかしかった…。小さな違和感が徐々に大きくなり、一家はエスターに追い詰められ、恐怖に陥れられる。

エスターがぎりぎり一家を追い詰めていく緊張感あふれる展開が非常に秀逸で、見ごたえがあります。エスターを演じたイザベル・ファーマンの鬼気迫る演技は必見

徐々にエスターの過去のが明らかになっていくのですが、クライマックスで明かされる結末はまったく予想がつかず…。ボーゼンとしてしまいました( ̄□ ̄;)!!

『ケース39』

監督:クリスチャン・アルバート
出演:レニー・ゼルウィガー/ブラッドリー・クーパー/ジョデル・フェルランド
製作:2009年/アメリカ

ソーシャル・ワーカーのエミリー(ゼルウィガー)は、ドメスティック・バイオレンスに苦しむ10歳の少女リリーを助け、自宅で一緒に住み始める。だが、2人の周囲では次々と不可解な事件が発生。リリスに取り憑いた悪霊が事件の原因だと判明するが……。出典:映画.com

両親から虐待を受けている少女リリーを引き取った女性エミリーが、恐怖に陥れられます。

厳しい環境に置かれながらも素直で健気な少女リリー、自分を信じ頼ってくれるこの少女を助けたい…そう思うエミリーの」優しい心にまんまと漬け込んでくるんですな!

リリーが本性を現してからの憎らしさ!

特にブラッドリー・クーパー演じる心理カウンセラーに対するあのモノの言い方。よくぞ、そこまで人を不快にさせるポイントを押さえてますな!と感心したくなりますよ。

ジョデル・フェルランドの怪演が光ります。

ホラー映画に似合わないレニー・ゼルヴィガーの奮闘と、ハチまみれにされちゃうブラッドリー・クーパーの壮絶な叫びもみどころ。

『ケース39』/少女はいったい何者なのか?レニー・ゼルウィガー主演のホラー。(ネタバレ)

『少年は残酷な弓を射る』

監督:リン・ラムジー
出演:ティルダ・スウィントン/ジョン・C・ライリー/エズラ・ミラー
製作:2011年/イギリス

自由奔放に生きてきた作家のエバは子どもを授かったことでキャリアを捨て、母親として生きる道を選ぶ。生まれた息子はケビンと名づけられるが、幼い頃からエバに懐くことはなく、反抗を繰り返していく。やがて美しい少年へと成長したケビンは反抗心をますます強めていき、それがある事件の引き金となる。出典:映画.com

赤ん坊のころから育てにくく、手のかかる息子ケビンは、やがて美しく成長し母親エバの人生を徹底的に破壊する恐ろしい惨劇を引き起こします。

どうすればこの悲劇を避けることができたのか、答えを見つけるのは難しい。

母親だから常に100%でなければならないのか?

悪魔のような子供が育つのは母親の愛が足りないからか?

様々な「?」が脳裏に浮かび、彼女なりの必死の子育ての先に引き起こされる惨劇と思うとやりきれなくなります。

エズラ・ミラーとティルダ・スウィントンの人類超越したかのようなパーフェクトな美貌も見どころです。

▽以下の記事でも取り上げています。

映画・ドラマが見放題の『U-NEXT』

U-NEXTの会員になると、国内外の映画や海外ドラマが見放題になります。

お店に行く必要なし、返却期限なし、貸出中なし、広告・CMなし。

パソコン、スマホやタブレット。様々なデバイスを使って、いつでもどこでも映画やドラマを楽しむことができます。

U-NEXTには次のようなメリットがあります。

  • 月額料金1,990円。
  • 毎月1,200円相当のポイントがもらえるので、実質的な料金は790円
  • コンテンツ数は120,000本以上、70冊以上の雑誌も読み放題!
  • 新作映画がDVD発売と同時に配信開始。
  • 無料お試しだけで、もれなく600円相当のポイント付与(←重要!)

31日間無料のお試し期間があり、期間内に解約すれば料金は一切かかりません。お試し期間中だけ、映画三昧するのもアリですv(*’-^*)-☆ ok!!

>>U-NEXTを31日間無料で試してみる

その他の動画サービスについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事>>動画配信サービスの徹底比較とおすすめ紹介。月額定額で映画・ドラマが見放題!映画好きに欠かせないサービス。

関連記事