食べもの 食事処

【表参道・カフェラントマン】1873年創業のウィーン本店の味が楽しめる店。風が心地いいテラス席もあります。

更新日:

記事上アドセンス

f:id:sakuraho:20161023171515j:plain

本日のお食事処は表参道にある「カフェラントマン」です。

本家ウィーンの「ラントマン」は1873年に創業し、「ウィーンで最もエレガントなカフェ」と称される老舗カフェです。グスタフ・マーラーやフロイトなどの著名人にも愛されたことで知られています。

その海外第一号店で、ウィーン本店の雰囲気を忠実に再現したという表参道店で、ディナーです。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

 カフェ ラントマン

お店の入り口にはオーストリアの国旗が飾られています。

表参道AOビルの4階にあり、店内66席、テラス席48席とけっこう広さもあります。このテラス席は中々眺めも良いのです。少々肌寒くなってきたましたが、この日もテラス席にもお客さんがいました。風にあたりながら食べるごはんもおいしいですよね。

ディナーコースは通年のコースが2種類ありますが、季節によっては特別メニューもあります。春には春ならではのメニューに楽しめます。(春メニューの記事はこちら

内装はこんな感じ。

f:id:sakuraho:20161023192127j:plain

ウィーン本店の雰囲気をそのまま再現しています。

本日の注文したのはディナーセットのBコースです。

前菜

サーモン(サワークリームと一緒に)

ターフェルシュピッツの ゼリー寄せ(煮込んだ牛肉のコンソメゼリー寄せ)

ウイーン風ポテトサラダ

ポテトサラダはマヨなし。ビネガーを使っているので酸っぱいです。

f:id:sakuraho:20161023192249j:plain

 スープ

数種類から選べます。

こちらはグラーシュスープ。

牛肉をパプリカで煮込んだスープ。やや辛目でスパイシーな感じです。

f:id:sakuraho:20161023192640j:plain

メイン

ヴィーナーバックフーン!

鶏肉の揚げたもの。付け合せはシンプルなじゃがいも。

けっこうボリュームあります!あつあつで、ぷりぷり。鶏肉好きにはたまりません。

f:id:sakuraho:20161023192904j:plain

こちらはヴィナーシュニッツェル。(同行者の分)

仔牛のカツレツ。たたいて薄く伸ばして揚げてます。ころもがパリパリしてる。

なんと、カシスのジャム付き。え、お肉にジャム??って思ったのですが、あつあつのお肉に甘酸っぱいジャムは意外に合ってました。

f:id:sakuraho:20161023193110j:plain

パン

カイザーゼンメル。カイザーは皇帝のこと。皇帝のかぶっていた王冠に似ているからこの名前がついたらしい。

f:id:sakuraho:20161023193438j:plain

キプフェル。

クロワッサンの原型なんだとか。

f:id:sakuraho:20161023193450j:plain

デザート

ザッハトルテ。

甘くないクリームを添えていただきます。

ケーキ単独だと「甘!!」っという感じなのですが、クリームと一緒に食べると口の中でほどよい甘さになります。

じゃりじゃりしてるのは砂糖の結晶だとか。そりゃ、甘いはずだわ^^;

f:id:sakuraho:20161023193508j:plain

ラントマントルテ(同行者の分)

シナモン風味のスポンジにキャラメルやオレンジのクリームが挟まれています。

f:id:sakuraho:20161023193522j:plain

写真は撮り忘れましたが、これに飲み物が付きます。

私はラントマンブレンドをチョイス。

甘いケーキとほろにがコーヒーの相性はばっちりでした^^

お値段は3620円。ボリュームもしっかりありますし、この内容でこのお値段はお値打ちだと感じました。

量が少なめのAコースは、メインと前菜or スープorデザートという内容。こちらは2620円なので、1000円高くなるけれど、Bコースがお得かなぁと思いました。

春には 春ならではの季節のメニューも堪能できます。

 こちらもオススメです!

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-食べもの, 食事処

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.