すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

忠臣蔵のふるさと、播州赤穂の名産和菓子。元祖播磨屋の塩味饅頭。塩で餡の甘さを抑えた絶品の味。

【スポンサーリンク】

播州赤穂と言えば、年末の風物詩「忠臣蔵」のふるさと。

そして塩の名産地。「赤穂の天塩」を使ったお菓子は関東でもちょいちょい見かけますね。

 

赤穂市は兵庫県の西のはしっこ。瀬戸内に面した穏やかな町です。

で、その赤穂市の名産「塩味饅頭」をいただきました。「しおみ」と読みます。

赤穂まで行く機会はなかなかないかもしれませんが、兵庫県の姫路あたりまで行くとお土産物屋で買えます。機会があれば、絶対に食べて欲しい!本当においしいんです。

 

見かけはこんな感じ。

プレーンと抹茶味があります。小さいです。直径3センチくらいかな。

 

f:id:sakuraho:20161018183340j:plain

 

包みを開けるとこんな感じ。ころんと丸い。なんだか愛らしい。赤穂の海に沈んでいく夕日を模しているそうです。

 

きめ細かくてなめらかな外観をしています。外側は粉糖と寒梅粉でできているそうです。落雁ぽい感じ。

 

f:id:sakuraho:20161018183447j:plain

 

割ってみます。こしあんがみっしりと詰まってます。

 

f:id:sakuraho:20161018183458j:plain

 

はーい。食べます。

あぁ、これがまた独特でおいしい(*´∇`*)

 

「塩味」というからには、実は本当にほんのりと塩の味がするんですよ~。

餡の中に塩をほんの少し加えて甘さを押さえているんです。この塩味と甘さのバランスが絶妙で、クセになります。甘すぎず、しつこくありません。

 

なので、甘いものはそんなに好きじゃないっていう人でも食べやすいです。実際に和菓子が苦手だけど、これは食べられるっていう人もいました。

 

塩味饅頭を作っているお店は赤穂市にもいくつかあるのですが、私のお気に入りは「元祖播磨屋」。

 

なんと創業は寛永6年(1853年)!

150年の歴史があり、代々の赤穂藩のお殿様に献上し、そのお殿様は赤穂の土産として徳川将軍家にも献上していた歴史もあります。

 

写真を撮り忘れましたが、「利休もなか」という商品もあります。その名の通り「もなか」なのですが、これもまたあんこの甘さと微妙な塩味がたまらないのです。

 

機会があれば、ぜひ食べて欲しい逸品です。

 

こんな食べ方もオススメ!

 

調べてみますと、兵庫県まで行かずに買えますね。

 東急や三越などのデパートで取り扱いがあるそうです。通販もあります^^

 

全国販売店一覧 | 播州赤穂の名産 塩味饅頭でおなじみ元祖播磨屋