鑑賞映画のまとめ

2016年5月に観た映画 まとめ

更新日:

記事上アドセンス

f:id:sakuraho:20161204150300j:plain

2016年5月に観た映画について簡単にまとめました。

計23本。劇場鑑賞は2本です。(結末そのものは書いていませんが、雰囲気はネタバレしているかもしれません。)

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

『大いなる遺産(1946年)』


大いなる遺産 [DVD]

ディケンズの名作文学を『戦場にかける橋』『ライアンの娘』のデヴィット・リーンが映画化した1946年の名作。

アルフォンゾ・キュアロンの『大いなる遺産』が大好きで、何度も繰り返し見ているのですが、名作と名高い本作もずっと気になっていました。

両親がおらず、姉夫婦と暮らす少年ピップが遭遇する恐ろしい出来事。

謎めいたお金持ちの老女とその養女との運命的な出会い。

そして大人になって思わぬ遺産を相続することになる…という、ミステリアスな展開と魅力的な登場人物で目が離せないお話。モノクロで古い作品ですが、やはり面白い!

アルフォンゾ・キュアロン版は舞台を現代のニューヨークに移して、スタイリッシュに展開します。こちらもオススメ。


大いなる遺産 [DVD]

『レヴェナント 蘇りしもの』(劇場鑑賞)


レヴェナント:蘇えりし者 2枚組ブルーレイ&DVD【初回生産限定】 [ レオナルド・ディカプリオ ]

レオナルド・ディカプリオが悲願のオスカーを獲得した作品です。

舞台は極寒の地。重傷を負って森の中に置き去りにされたハンターが、自分を置き去りにし最愛の息子を殺した相手に復讐するための、壮絶なサバイバルを描いていた作品です。

エマニュエル・ルベツキによる照明を使わず、自然光のみで撮影された映像も話題になりました。実話を元にしてるっていうのがすごい。

「レオって『タイタニック』だけだよね。」なんてことを言う人が、身近に実在していて、悔しくて堪らなかったのです。レオは当然ですが私とは縁もゆかりもないですが、もろに世代なんですよね。年齢も近いし。

『タイタニック』以前にも素敵な作品に出ているし、『タイタニック』以降も数多くのヒット作、名作に出演しています。にもかかわらず、『タイタニック』のインパクトがあまりに強すぎたために、そんな風に言われてしまうんですよね…。

それが悔しくて、何度も「そうじゃないよ。他にもあるよ。」と反論してきたのですが、今回オスカーの受賞で、その人もようやく「レオは実力を備えた俳優である。」と認めました。まあ、どれだけ賞に弱いのよ?というもやっとした気持ちは抱きましたけど(  ̄っ ̄)ムゥレオにオスカーなんて遅すぎるくらいなんですから。

アカデミー賞の授賞式、レオのオスカー獲得が発表された瞬間のケイト・ウィンスレット(『タイタニック』で共演)の喜びぶりも観ててほっこりしました。

『ロスト・イン・トランスレーション』


【送料無料】ロスト・イン・トランスレーション/ビル・マーレイ[DVD]【返品種別A】

ピークを過ぎたハリウッド俳優と夫の仕事に着いてきた人妻が日本で出会うお話。

日本人から見ると、日本の描写がおかしすぎて、いらっとするシーンもあるかと思いますが、映画の雰囲気はとても好きです。

初々しい若妻を演じるスカーレット・ヨハンソンの可愛らしさも見どころ。

スカーレットのおしりのアップで始まります。

『ゲーム』


ゲーム [ マイケル・ダグラス ]

デビット・フィンチャー監督作品。

とある「ゲーム」に参加した男性が遭遇する恐怖。

果たしてこの「ゲーム」の真相は?

というお話で、好きな作品です。久しぶりに観返してみました。

ただ、この作品には少々いや~な思い出がありまして。

公開当時、劇場で友人と鑑賞したのですが、友人はこの映画がイマイチだったらしく…。

設定やあらすじ、場面の解説をいろいろ求められ、頑張って答えていたのですが、「こんなこと可能なの?ありえなくない?」「おかしくない?」「つまんなかった。」「観て損した。」ってひたすら繰り返すので、疲れてしまい。

それ以来、自分から人を映画に誘うことはなくなりました。

「こんなの観たくなかった。」と言われても、私だって、映画の内容なんて知らんがな。

映画の好みはそれぞれなので、彼女が嫌いだったなら仕方ないと思いますが、「なんだかな~。」と思いました。今ではすっかり一人映画館ばかりになりました。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

『トリコロール/青の愛』


トリコロール ブルーレイBOX [Blu-ray]

クシシュトフ・キェシロシフスキ監督の名作。トリコロール3部作の第一作目。

主演はジュリエット・ビノシュ。

難解な頃で知られる本作。難しいことはよくわかりませんけれども、綺麗な映画でしたよ。「青の愛」だけあって、青色が印象的でした。

事故で夫と子供を亡くした女性の哀しみが、ひどく泣いたりわめいたりするわけでもないのに、しみじみと伝わってきて、胸が痛くなりました。時折見せる、息をしているのもやっと、という雰囲気の表情がなんとも言えない苦しみを感じさせました。

『白の愛』と『赤の愛』もあるのでそのうち観るかも?

『スポットライト 世紀のスクープ』(劇場鑑賞)


スポットライト 世紀のスクープ (字幕版)

本年度アカデミー賞作品賞を受賞しました。

カトリックの聖職者による性的虐待をスクープした記者たちの物語。実話に基づいています。

レイチェル・マクアダムスがアラフォーとは思えない可愛らしさ!

20代のころから変わってない気がする…(; ̄Д ̄)

『エンド・オブ・ホワイトハウス』


エンド・オブ・ホワイトハウス【Blu-ray】 [ モーガン・フリーマン ]

ジェラルド・バトラー主演。

ホワイトハウスがテロリストに占拠されちゃいます。

占拠されたホワイトハウスをたった一人で奪還する元シークレット・サービスをジェラルド・バトラーが演じています。

容赦ない人の死に様に少々びっくりいたしました…。

続編もあります。


エンド・オブ・キングダム(字幕版)

『イル・ポスティーノ』


【中古】 イル・ポスティーノ /マイケル・ラドフォード(監督),フィリップ・ノワレ,マッシモ・トロイージ 【中古】afb

偉大なる詩人ネルーダと内気な青年との交流を描いた物語。

1950年代の一時期、祖国チリを追われた詩人ネルーダがナポリ湾に浮かぶカプリ島に滞在したという史実をもとにしたフィクション。

主演のマッシモ・トイロージは重い心臓病を抱えながらこの作品に出演し、撮影終了からわずか12時間後に亡くなりました。命を懸けた演技です。

教養もなく内気であった青年が、「詩」に目覚めたことで大きく人生が変わってゆきます。たった一人の人との出会いが、人生を大きく変えることがある。

そんな素敵な出会いの物語です。

『愛の嵐』


愛の嵐【Blu-ray】 [ シャーロット・ランプリング ]

シャーロット・ランブリング主演。

様々な愛のかたちがあります。

以下はネタバレありの感想。

『ライフ・イズ・ビューティフル』


ライフ・イズ・ビューティフル [ ニコレッタ・ブラスキ ]

好きな作品で、何度も繰り返して観ています。

そして同じところで泣いてしまう。

空から「お姫様」が降ってくるシーンがとても好きです。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

『真昼の決闘』


【送料無料・営業日15時までのご注文で当日出荷】(新品DVD)真昼の決闘 主演:ゲイリー・クーパー グレイス・ケリー 監督:フレッド・ジンネマン FRT-031

ゲイリー・クーパーとグレース・ケリーが共演。

ならず者たちとたった一人で決闘をすることになった保安官の物語。

『アーティスト』


アーティスト [ ジャン・デュジャルダン ]

サイレント映画、ということでなかなか手が伸びなかった作品。

やはり音がないと辛い、と感じてしまう時もありましたが、映画愛がたっぷりこもった作品です。またサイレントならではの、印象的な演出もありました。

『やさしい本泥棒』


やさしい本泥棒 [ ジェフリー・ラッシュ ]

語り手が死神、というのが珍しい。

過酷な人生になってしまったけれども、彼女の人生はとても豊かなものだった。それがわかってとても優しい気持ちになれました。

『ひとりぼっちの青春』


ひとりぼっちの青春 [DVD]

ウツになる映画として名高い作品。

ほんとにウツになりそうでした…。

ネタバレありの感想はこちら。

『おみおくりの作法』


【送料無料】おみおくりの作法/エディ・マーサン[DVD]【返品種別A】

ラストシーンで思わず涙がこぼれた。

孤独死した人のためにお葬式を出してあげたい。

何とか縁ある人を見つけ出したい。

真摯に仕事に取り組む主人公の、寂しい生活

春が来た?と思わせておいて…。

しかし、彼の優しさは故人にきちんと伝わっていた。それが心に染みました。

『ダウントン・アビー』のアンナの登場も嬉しいところ。

『キングスマン』


キングスマン【Blu-ray】 [ コリン・ファース ]

英国紳士のコリン・ファースがキレッキレのアクションを披露。

メガネが似合う!メガネ好きにはたまりません。

ネタバレありの感想はこちら。

『インシディアス』


インシディアス [Blu-ray]

引っ越したら幽霊がいて、大変な目に合わされる家族のお話。

ネタバレありの感想はこちら。

『日蔭のふたり』


日蔭のふたり [DVD]

ウツになる映画として名高い作品。

放心状態になるような強烈に辛いシーンがあなたを待ってます。

ネタバレありの感想はこちら。

『日蔭のふたり』/信念を貫いた先にあった、悲劇。救いようのない結末に、容赦なく絶望に突き落される。

『アンダーザスキン 種の捕食』


アンダー・ザ・スキン 種の捕食【Blu-ray】 [ スカーレット・ヨハンソン ]

スカーレット・ヨハンソンが色んなものを脱ぎます!

 

『ハンガーゲーム FINAL:レジスタンス』


ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス [SPE BEST] [DVD]

ジェニファー・ローレンス主演の近未来SFアクション。

『ヒッチャー』


ヒッチャー [DVD]

ヒッチハイカーを乗せたら、とんでもない目に合わされる青年のお話。

ルドガー・ハウワーの狂気に満ち溢れた演技は必見。

『ヒルズ・ハブ・アイズ』


ヒルズ・ハブ・アイズ [ アーロン・スタンフォード ]

家族旅行の最中に砂漠に迷い込んで、とんでもない目に合わされる家族のお話。

ネタバレありの感想はこちら。

『プリデスティネーション』


プリデスティネーション【Blu-ray】 [ イーサン・ホーク ]

ロバート・A・ハインラインの『輪廻の蛇』を元にしたSF。

私の好みどんぴしゃの作品。サラ・スヌークの演技が印象的でした。

原作はこちら。


輪廻の蛇 [ ロバート・A.ハインライン ]

以上、2016年5月に観た映画のまとめでした。

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-鑑賞映画のまとめ

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.