すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

真田丸27話『不信』/想いがすれ違ってゆきます。

【スポンサーリンク】

前回では、大名たちによる仮装大会が催され、耳に残る昌幸パパの渋い、

「味よ~しのう~り~。」

という歌声の余韻にたっぷり浸りたい気分になりました。

 

しかし、余韻に浸る暇もなく物語は不穏な方向へ。
秀吉と茶々の間に再び男の子が生まれました。拾(ひろい)と名付けられたその男子は、のちの豊臣秀頼です。

sakuraho.hatenablog.com

 

今回は、その子が生まれたことで、秀吉と秀次の間がすれ違ってゆく姿が描かれます。

この『真田丸』では今までと違った秀次の最後が描かれるとされています。
確かに。
私が今まで見聞きした秀吉と秀次の関係性とは、違っていました。

秀吉に悪気はない。

私が今まで観てきたドラマなどでは、秀吉が自分の子に関白を継がせたいがために、秀次を疎ましく思い、切腹に追い込むというもの。

 

秀次は秀吉の甥。
わが子可愛さに常識的な判断が失い、血のつながった甥さえも死に追いやる冷酷な秀吉。そんなイメージでした。

 

『真田丸』では利休の切腹や、朝鮮出兵の理由など、秀吉が晩年の頃「おかしくなって」やったみたいに言われている出来事も秀吉は正常な、しかも理屈にかなった判断で行った、ということになっている。

秀次のことも同様。秀吉に悪意はない。
むしろ、秀次を「可愛い甥」だと思っており、気遣いさえみせている。

 

日本の国を5つにわけて、九州だけを拾にあげてほしい。
拾と秀次の娘を結婚させたい。

 

これらの秀吉の言葉にはまったく悪意などはなく、秀次は勝手にそこにありもしない秀吉の「悪意」を観て、深読みし、追い込まれているようにも見えた。

 

秀次自身も寧に語っていた。

「自分に自信がない。」と。

そう、自信のなさは「疑心暗鬼」という鬼を招いてしまう。

善意がすれ違ってゆく

秀次は秀吉に、拾が元服したら関白の座を譲るつもりで、決して拾をないがしろにするつもりはないことを秀吉に理解してほしいと思っている。
でも、そもそも秀吉はそんなことを心配してない。わが子同然でもある秀次を信頼しているのだ。

 

それでも不安でたまらない秀次は、なんとか秀吉に喜んでもらおうと能を舞うことにする。

 

能の先生は宇喜多秀家。
なんとも熱苦しい男だったなぁ(苦笑)

 

秀家の実の父親は、宇喜多直家。
『軍師官兵衛』だと陣内孝則さんが演じていて、暗殺毒殺だまし討ちなんでも来い!のすごい悪いヤツだった。
その息子は、秀吉のためなら地獄にも行く!とのこと。あんまり父親には似なかったみたいだ。

 

演じているのは高橋一也。元男闘呼組。なつかしー。
男闘呼組は4人組でしたが、どうしても一人名前が思い出せずにいます…。

 


【中古】パンフレット パンフ)男闘呼組【02P03Dec16】【画】

 

で、能です。

秀次は頑張って練習して、能を舞いました。
しかし、それを見つめる秀吉はまったく笑っておらず不機嫌そのもの。
隣に座っている寧も訝しむほど。

 

「多忙な関白が、能を舞う必要があるのか!」と秀吉激怒・

 

まあね、2か月も熱海に湯治に行っちゃったりしてましたし。
仕事してるの??って思っちゃいますよね。

秀吉にはっきりと自分の意見をぶつけます

信繁に官位を授けたいと言い出した秀吉。
信繁は兄を差し置いて自分がもらうわけにはいかない、秀吉はそれ聞いて不機嫌に。

現場の空気が凍りつきそうになっていた時に、秀次が、はっきりと自分の意見を秀吉にぶつけます。

 

「官位を授けるのは関白である私が決めること。」

 

秀次さんがこれだけはっきりものを言うって初めてのことだよね。
いつもいい人だけどどこか抜けていて。
質問されても的を射た答えが返せなかったり。(「いろんなことがわかります。」という名言もありましたね^^;)

 

それを聞いて、それまで不機嫌そうだった秀吉の表情が崩れます。
秀吉は笑っていても目が笑っていないことが多いけれど、この時は心底、嬉しそうな笑顔をしているように見えた。

 

秀次が自分にしっかりとものを言い、関白としての職務を果たそうとする姿が頼もしく、成長した息子を観るような誇らしい気持ちになったのかも。
秀次もそんな秀吉を観て、ほっとしたような、喜びを噛み締めるような表情を見せる。

 

歴史は変えることができないから、今の二人の関係は長くは続かないことはわかってる。

でもこの時の二人の関係が続けば、きっと悲劇は起きなかった。

 

関白として職務を全うすることを固く誓う秀次、そしてそんな秀次を支えたいと考えて「伏見城の普請」い取り組もうとする秀吉。
伏見城は隠居した秀吉が住む場所。
その場所に謁見の間や評定の間といった、政に使う施設を作るつもりでいる。

 

秀吉にとっては「善意」でも秀次はそれを「政を自分に行わせずに秀吉自身が行うつもりでいる。」と取ってしまった。

事前に何かしらの相談があれば、秀次も秀吉の意図を理解したかもしれないのに。
「身内だから言わなくてもわかるだろう。」秀吉はそう思ったのだろう。

 

大事なことは親しい間柄でもきちんと言葉にして伝えること。
それを怠ったばかりに修復が不可能なほどに、二人はすれ違ってゆく。

弟の死

前回では弟の秀勝が朝鮮で病死しました。
今回は弟の秀保がわずか17歳で病没。

秀吉は秀保の葬式も執り行うことを許さず、彼の遺体はまるで罪人のようにひっそりと運び出されました。

 

秀吉には秀吉の想いがあったのですが、それは他者には理解され難いもの。
秀次にしてみれば、大事な弟をなかったもののように扱われ、さぞかし冷たく恐ろしい叔父だと感じただろう。

 

秀保の遺体が運び出されるのをじっと見つめていたのは秀俊。のちの小早川秀秋。
すでに小早川家に養子にやられることが決まっており、「やっかい払いをされた。」と感じている。
そして、この秀保への仕打ち。
彼が関ヶ原であのような行動に出るのも仕方なかったと思わせる伏線となっている模様。

 

そして、悲劇の終末はもうすぐそこに迫ってきています。

 

小早川秀秋を演じているのは浅利陽介さん。
子役の時から活躍されてますね。

 

『キッズ・ウォー』が好きで観ていました。
ヒロインの茜に思いを寄せる不良少年の役どころでした^^

 

【スポンサーリンク】
 

 

その他、気になったこと。

きりと信繁

秀次に側室になってほしいと言われているきりちゃん。
想いを寄せる信繁にそのことを打ち明けるも…。

 

信繁に止めて欲しいのに、彼は決して止めてはくれない。

 

きりちゃんの勘違いぶりがすごいんです(笑)
自分が信繁の初恋の人だと思い込んでいて、今も本心では想いを寄せているのに素直になれないだけだと思い込んでる。


追いかけてきてほしいと何度も振り返りながら、走り去る姿がかわいかった。

最初はうっとおしくてイライラさせられたきりちゃんを、今では「かわいい」なんて思うようになってしまった。
それにしても返事引き延ばしすぎのような気が…。秀次は気長に待ってくれてるんですね。

きりとたか

たかは秀次の娘。のちに信繁の側室になります。

たかの、父秀次を語る言葉が印象的でした。

 

「側室になるのはオススメしません。波があります。」

 

利発な女性だったんなぁというのが伝わったシーンでした。

 

「波」がある。
今週はまさにその秀次の「波」が垣間見えた回でした。

たかがどういう経緯で信繁の側室になるのか大いに気になるところ。

稲とおこうさん

病弱で、やたらと咳き込み、お茶碗さえも重くて持てなかったおこうさん。

当初はお笑い担当で、出てくるたびに笑わせるキャラクターだったのに、いつの間にか強くて素敵な女性に…。

 

この時代、大名たちの妻は京都に住む決まりがあったらしいのですが、稲も信幸から京都にうつるように言われます。
故郷からこれ以上離れたくない稲は、実家に帰ると泣きます。
その稲をおこうさんが諭します。

 

「あなただけが辛いのではない。あなたの知らないところで辛い目に合っている人がいる。帰るところはここよりほかにどこもありません。乗り越えるしかない。」

 

稲は、おこうさんの素性を知っているのだろうか…。きっと知らないのよね。
前回だって、本当ならおとりさんの臨終を近くで見守りたかったはず。
それすらも許されなかったおこうさん。

 

本来なら自分の地位を奪ったとも言える稲を憎んでも当然なのに。
あくまでも「真田」のこと、元夫のことを優先させて考えている、芯の強い人です。

信繁と信幸

官位を巡って、兄弟喧嘩が勃発します。
兄弟揃って、官位を授けられることになった信繁と信幸。
信幸は官位をもらえることをとても誇らしく思っていました。

 

しかし、本来は信繁のみがもらうはずが、ある意味「ついで」のような感じで自分にも官位が与えられたことを知ってしまう。秀吉、口が軽いなぁ^^;

 

そしてそのことにより、信幸のプライドはひどく傷つけられてしまいます。

信繁は心から兄を尊敬しているからこそ、自分よりも兄の方がふさわしいと思ったのだろうけれど。
信幸の立場からしたら、これは辛い。
信幸は優秀なのだけど、どうしても信繁みたいな華に欠ける。
地道に努力をしても、いつのまにか弟がいいところをさらって行ってしまう、そんな風に感じているのかな…。

 

そんな中、昌幸パパだけは相変わらずのマイペース。

 

「もらえるものは病気以外もらっておけ。」

 

またしても名言の登場です。

 

次週では関白秀次が失踪してしまうみたいです。
いよいよ、秀次も最期を迎えてしまうようです。

 


真田丸 完全版 第四集【Blu-ray】 [ 堺雅人 ]