すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『ビッグ・アイズ』/自分自身を取り戻す戦い。

【スポンサーリンク】

 

ティム・バートン監督が珍しくファンタジーじゃない現実を描いた作品。

驚くような実話がもとになっています。

 

一人の女性が自分自身を取り戻すまでのお話でもあります。

 

Huluにて鑑賞。(←Huluは月額933円で映画やドラマが見放題になるサービスで、5年以上愛用しています。)

 

『ビッグ・アイズ』

 

 基本情報

監督:ティム・バートン

出演:エイミー・アダムス/クリストルフ・ヴァルツ

製作:2014年/アメリカ

 

1960年代。アンディ・ウォーホルにも認められ、世界的に人気を博した『ビッグ・アイズ』という絵がありました。

 

しかし実は『ビッグ・アイズ』の絵の作者は世間が思っている人物とは別人だった…という、とんでもないスキャンダルを元にした作品。

 

日本でも耳が聞こえないとされていた作曲家が実はちゃんと聞こえていて、曲を作ったのはゴーストだった、という出来事がありました。ドラマのような現実って、本当にあるんだなぁ…としみじみ。当時は大騒ぎだったことでしょう。

 

当ブログは基本的にすべての作品でネタバレをしていますので、ご注意ください。 

 

ざっとあらすじなど。

 

横暴な夫の元から娘を連れて逃げ出したマーガレットはシングルマザーとして娘と二人でぎりぎりの生活を送っている。マーガレットは社交的で魅力のあるウォルターという画家の男性に出会い、二人はまもなく結婚することに。

 

マーガレットの描いた大きな瞳の子供の絵「ビッグ・アイズ」をウォルターは自分の絵と偽って売り込んでゆく。たちまち世界的に人気となってゆく「ビッグ・アイズ」

 

マーガレットは家にこもりきりで絵を描き続けるが、それを自分のものとして発表することは決して許されない。画家として、自分の愛を込めた作品を他人のものとして発表することは耐え難いことであったが、マーガレットは口のうまいウォルターに言いくるめられ、共犯だと脅され、絵を描き続けるしかなかった。

 

そんな生活の中、とうとう二人の結婚生活は破たんし、マーガレットは娘とともに家を出てハワイに移住する。移住先で信仰に出会い、生きる支えを見つけたマーガレットはすべてを世間に公表することを決意する。

 

【スポンサーリンク】
 

マーガレット

画像2http://eiga.com/movie/80081/gallery/3/

 

マーガレットを演じているのはエイミー・アダムス。

 

これまでも何度もアカデミー賞にノミネートされている実力派。(『ザ・ファイター』『ザ・マスター』『アメリカン・ハッスル』など)

 

2017年アカデミー賞に8部門ノミネートされたドゥニ・ヴィルヌーヴのSF大作『メッセージ』での演技は胸を打ちました。

 

▼『メッセージ』の詳細な感想はこちら。

『メッセージ』/彼らが人類に伝えたかったメッセージとは?エイミー・アダムス主演のSF大作。

 

最初の夫も横暴だったというので、モラハラ気質の人間を惹きつけやすいものを持っているのかもしれません。内気で控えめで、相手に強く出られるとつい何も言えなくなってしまう。

心から絵を描くことが好きで、口下手な分、絵を描くことで自分を表現してきた女性です。

 

ウォルター

画像3http://eiga.com/movie/80081/gallery/4/

 

夫のウォルターを演じているのは、ブラッド・ピット主演の『イングロリアス・バスターズ』でオスカーを獲得したクリストフ・ヴァルツ。

 

とても口が上手く、その場その場でいかにも本当のことのようにさらりと嘘をついたり、話を盛ります。まさに「息をするように嘘をつく。」

 

しかし堂々としているので、つい相手も嘘に引き込まれてしまい「ビッグ・アイズ」は彼の作品だと皆が信じて疑いません。

 

天性のうそつきで、相手の罪悪感や引け目に感じている部分をうまくつき、自分のいうことを聞かせるように支配してゆく。

 

「君のためだよ。」

 

善意のように、相手に思い込ませて、反抗できなくさせてしまう。

 

全体的にコミカルな雰囲気を漂わせた演技なので、普段は”ちょっと胡散臭い感じはするけれども憎めない男性”という印象です。

 

けれども突然ブチキレたりもするので、そのギャップが怖いんです…。

 

怒り狂って物理的な暴力まで振るい始めるところは、命の危険も感じさせました。マーガレットに離婚条件を突きつける時の、一切の情を挟まない冷酷な感じ…。

まさに、憎むべきモラハラ男って感じ(≧ヘ≦) ムゥ

 

まだまだ男尊女卑の時代でした。

画像4http://eiga.com/movie/80081/gallery/5/

 

当時の男尊女卑の時代背景も大きく影響しました。

まだ離婚して女性が一人で生活していくことが難しかった時代。女性というだけで、画家として成功することも難しかったのです。

 

ウォルターの嘘に悩んで教会に相談に行ったマーガレットが言われた言葉。

 

「家長は男なのだから、夫に従え。」というもの。

 

ちょっと今では考えられないませんね。

男が間違うこともありますし、女にも理性も感情もあります。

 

あくまで表に立つのは男性で、女性は夫に付き従うもの。そういう認識が真相の発覚を阻んでいたように感じます。

 

 

マーガレットと出会った頃にウォルターが描いていた平凡な風景画。

それさえも実は他人の絵だったとわかった瞬間。

 

ウォルターの得体のしれなさに心底、ぞっとしました。

前妻との間に娘がいたことさえも隠してたし。秘密だらけ。

 

マーガレットの立場ならいったい自分が結婚したのは誰だったのだろう??って思いますよね。

 

マーガレットの変化

 

画像7http://eiga.com/movie/80081/gallery/8/

 

いつも自信なさげで、はっきりと自己主張ができなかったマーガレットは徐々に強い女性へ変わってゆきます。最初と最後では表情がまるで違いましたね。その母親を応援する娘の姿もよかったなぁ(*^-^)ニコ

 

ウォルターは自分で自分を弁護、参考にしたのはテレビドラマ。

 

終盤、二人が対決する裁判で、ウォルターは自分で自分の弁護をすることになります。

 

しかし、彼にはテレビドラマ『ペリー・メイスン』で得た知識しかなく、ドラマを参考に弁護をするのですが…。

 

▼これが『ペリー・メイスン』


ペリー・メイスン シーズン7 DVD-BOX1

 

もちろんまともな弁護などできるはずはなく、ただ大げさな身振りと手振りで中身を伴わない弁論を重ねるだけで、裁判官も陪審員も呆れ顔。

 

ウォルターは「自分自身」がどこにもなくて、ただ真似したり嘘をつくことで人生を渡ってきた人なんだなぁ。

 

もしかしたら、最初は本気で画家になりたくて、でも才能がなくて、ちょっと見栄を張ってしまった・・。そんな感じで始まったことなのかもしれないけれど。

 

ひとつ嘘をついたら、ひたすら嘘を重ねるしかなくて、嘘の塊みたいになってしまう。中身はうつろ。

 

かつて存在したかもしれない「本当のウォルター」は消えてしまい、得体のしれない不気味な「何者か」になってしまった。

 

 自分自身を取り戻したマーガレット。ご本人は今。

 

裁判に勝利したマーガレットはいつも夫のサインがされていた「ビッグアイズ」に初めて自分のサインと堂々と入れることができます。誇らしいその表情がとても素敵でした^^

 

そして最後のナレーションがとてもよかった。

 

ウォルターは2000年に無一文で死去、マーガレットご本人はご存命で、再婚して今でも絵を描き続けていることが紹介されます。

 

マーガレットご本人とエイミー・アダムスとの2ショットの写真が公開されるのですが、幸せそうな笑顔が可愛らしいおばあちゃんでした。その笑顔が素敵すぎて、なんだか涙が…。

 

自分が生み出した作品と自分の人生をを取り戻せてよかった!!

 

▼実話を元にしたおすすめの伝記映画です

【伝記映画傑作選】ドラマチックな生涯を生きた人々の実話に基づく映画。実在の人物の生涯を描いたおすすめ作品。

 

その他キャストについて。

エイミー・アダムスは好きな女優さんです。『魔法にかけられて』面白かったなぁ。もう40代なんですね!どこか少女のような純粋さを感じさせる女優さんだと思います。

 

▼大好きな作品。おとぎ話の主人公が現代のアメリカの大都会に! 


魔法にかけられて (字幕版)

 

マーガレットの友人を演じた女優さん、見たことあると思ったらマーベルコミック原作のドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』のジェシカ。まつ毛が長くてかわいらしい人ですよね。

 

芸術評論家を演じた、テレンス・スタンプも登場シーンは少ないですが、印象深い役どころです。キレたウォルターの攻撃をさらっと寸止めするあたり、タダものではない感じ(笑)

 

あと「ビッグ・アイズ」は著名人にもファンが多かったので、当時の大女優であるジョーン・クロフォードがちらっと登場するシーンがあります。

 

本人にとても似せてあって、クロフォードの代表作である『ジェーンに何が起こったか』が大好きな私にはちょっと嬉しかったです。

 

▼ベディ・デイヴィスの演技はトラウマ級の恐ろしさ! 


何がジェーンに起ったか? [DVD]

 

以上、『ビッグ・アイズ』の感想でした♪

 

by カエレバ

 

映画好きにオススメなVODサービス「Hulu(フールー)」

 

私が5年以上愛用しているVODサービスです。

定額で映画や海外ドラマが見放題。気が向いたらすぐに観られて返却も不要。

 

無料のお試し期間もありますので、その期間だけ映画三昧するのもアリです(*'-')b OK!

 

⇒月額933円(税抜)で映画・ドラマが見放題・無料トライアル期間あります