すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『恋するための3つのルール』 愛した女性はマフィアの娘だった。ヒュー・グラント主演のラブコメディ。

【スポンサーリンク】

ヒュー・グラントが好きすぎる(*´∇`*)

 

先日、『9ヶ月』という映画を観ました。

今日も引き続き、ヒュー・グラント主演ののラブコメディ。この作品は存在は知っていましたが、観そびれていました。

 

※当ブログは基本的にすべての作品でネタバレしていますので、ご注意ください。

 

 

基本情報

監督:ケリー・メイキン

出演:ヒュー・グラント/ジーン・トリプルホーン/ジェームズ・カーン

製作:1999年/アメリカ・イギリス

 

ざっとあらすじ

 

ごくごく普通の真面目な青年マイケルが、恋人ジーナにプロポーズ。

しかし、ジーナはなぜか涙を浮かべながらプロポーズを断る。その理由は、自分ははマフィアの娘だから、というもの。ジーナを説得して結婚を承諾させるも、マイケルはさまざまなトラブルに巻き込まれていく。

 

これが意外に面白かった。

正直なところ、あんまり期待してなかったのですよ。しかし、これが意外に面白かったのです。

 

『ゴッド・ファーザー』を意識していることは明白。

音楽も『ゴッド・ファーザー』っぽいのが流れるし、何よりジーナの父を演じるのはジェームズ・カーン”ソニー”である。

主人公の名前がマイケルなのも、決して偶然ではあるまい。

 

ドタバタな部分もありますが『9か月』ほどには空回りはしておらず、楽しく観られましたよ。

 

人が一人死んでいるのに、ジーナの反応それ??ということは気にかかりますが^^;

 

気弱で、頼りないけれども愛する女性を必死に守ろうとするヒュー・グラント演じるマイケルの姿は観ていて好感が持てるし、善良な青年がマフィアとのイザコザに巻き込まれ、挙句に命まで狙われてしまう展開は、なかなか楽しめました。

 

そんなことしたら自分が殺されてしまうのに、「ジーナじゃなくて自分がやったことにしてほしい。」って、さらっとごく自然に言ったもんねぇ。

 

しかし、ジーナは自分のために奮闘するマイケルの気持ちはつゆ知らず、むしろ嘘をつかれたことに怒り心頭なご様子。ちゃんとマイケルの話を聞いたげて~。

 

マフィアに絡まれて困り顔のヒュー・グラントがめちゃくちゃツボでした。

 

ゴッドファーザー

主人公のマイケルという名前、BGM、ジェームズ・カーンの出演だけでなく、他にもいろいろ。

 

・マイケルがレンタルしようとした映画が、『ゴッドファーザー』と『カジノ』(こちらも有名なマフィア映画)。

・マイケルの命を狙うマフィアがヴィトー。(※ゴッドファーザー)

・アルという名前のマフィアも出て来た。(アル・パチーノ?)

・知り合いのマフィアが埋めている死体の名前が「ソニー」。

しかもソニーことジェームズ・カーンにその名前を呼ばせたりするんだから、なかなかやるではありませんか。

 

私が気づかなかったところもありそうだけど、こういうちょいちょい小ネタを挟んでくる作品、好きですね。

 

『ゴッド・ファーザー』を観てなくても問題ありませんが、観たことある人ならなお、楽しめるかも。

 

ラストの結婚式のシーンも好きですよ~。

思惑通りには物事は進まず、ストーリーが二転三転してゆくところ。落ち着くとこは予想がつくとはいえ、楽しませてもらいました。

 

【スポンサーリンク】
 

 で、3つのルールって?

タイトルの3つのルールが、最後まで観てもまったく触れられなかった。見落としたのかと思って調べましたが、やっぱり出てこなかったらしい。

 

ルールはまったく関係なかった。邦題ってこんな適当でいいのものなのかな^^;

 

原題は「Mickey Blue Eyes」そのまんまで、良かった気がする。

確かに最初は??って思うかもしれないけど、劇中でちゃんと使われているし、しかも印象に残る。

いかにもロマコメっていうノリの邦題を付けたかったのだろうか。

 

『9か月』より4年もあとの作品なのだけど、こっちの作品のヒュー・グラントの方が若々しかった気がします。素敵すぎる~(*´∇`*)

 

 

『9ヶ月』のネタバレあり感想はこちら。

sakuraho.hatenablog.com

 

おまけ。

『ゴッドファーザー』

20世紀を代表する名画のひとつ。マフィアの一族の愛と悲劇を描いた名作。

三部作で全部観るのは時間がかかりますが、素晴らしい作品なので、長期休暇の際に一気見してもよいかも。

 
関連記事