サスペンス 実話に基づく作品 映画

『隣の家の少女』/加速してゆく悪意に、容赦なく打ちのめされる。実話を元にした作品。

更新日:

記事上アドセンス

 

きつい、本当にきつい…(ノ_-。)

吐きそう。人間の醜悪さを見せつけられたというか、胸の奥に不快な重いものが飲み込めずにいすわっている感じ。こういう気分になるのはわかってたのです。それでも観たのは私です、はい。

『心がつぶれそうになる映画20本』というランキングに取り上げられていて、気になって観てみたのです。

アメリカの映画サイト「Taste of Chinema」が選んだ心がつぶれそうになる映画20本~観るのに覚悟が必要です~

事前にあらすじを頭に入れ覚悟の上で臨んだものの、不愉快極まりない展開で胸糞悪すぎて、怒りが込み上げてきた(#`皿´) ムキーーーー!

怖い映画は好きなのですが、痛い描写は苦手。1つの要素として痛い描写が入るのはいいのですが、これはそれ(=虐待)がメインの映画。

人が人を虐待するシーンは本当にきつい。同じ人間でありながら、どうしてそこまで鬼畜になれるのか…と暗澹とした気持ちになります。

この作品は何の罪もない少女を集団で虐待する作品で最強に胸糞悪い映画ですので、鑑賞の際は覚悟が必要です。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

隣の家の少女

基本情報

監督:グレゴリー・M・ウィルソン

出演:ブライス・オーファース/ダニエル・マンシェ/ブランチ・ベイカー

製作:2007年/アメリカ

 ざっとあらすじ。

両親を事故で亡くし、おばのルースの元へ引き取られたメグとスーザンの姉妹。

その事故は姉妹の心と体に深い傷を負わせた。メグの体にはまだ傷が残っており、妹のスーザンには障害が残って松葉づえが手放せない体になってしまった。しかし、スーザンは傷ついたそぶりも見せず、妹の面倒をよくみて明るく振る舞っていた。

ルースの家の隣に住んでいるデイヴィッドは明るく快活なメグに淡い恋心を抱くようになる。 しかしメグはルースからきつい扱いを受けており、それは次第に虐待へとエスカレートしてゆくのだった。ルースの息子たちや近所の少年少女をも巻き込んで…。強烈な悪意がメグに襲い掛かり、悲劇が訪れる。

実話を元にしたお話です。

1960年代のアメリカ、インディアナ州で起きた、シルヴィア・ライケンス事件を元にしたフィクションで、原作小説があります。

by カエレバ

シルヴィア・ライケンス事件の概要はWikipediaで確認できますが( ガートルード・バニシェフスキー - Wikipedia)が非常に凄惨な事件です。

大まかな部分は実際に起きた出来事と同じですが、事故で両親を亡くしたという設定やデイヴィットの存在はフィクションです。同じ事件を元にした『アメリカン・クライム』という作品の方が事件に忠実なストーリーになっています。(▼感想記事はこちら

by カエレバ

以下、ほぼネタバレしていますので、未鑑賞の方はご注意ください。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

感想(ネタバレあり)

エスカレートしてゆく悪意。

メグは両親の突然の死で傷ついているはずなのに、明るく振る舞っているとってもいい子なんです。妹想いで優しい。

しかし、そのおばのルースはとにかくメグと妹スーザンが気に入らない。

何事に関しても悪いのは二人だと一方的に決めつけ、些細なことで逆上し、体罰を加え、メグを「汚れた娼婦。」と罵る。

どうも、夫(死別or離別?)に強い不満と怒りを感じている様子で、その恨みを美しい少女であるメグにぶつけているらしい。女の嫉妬と歪んだ憎悪が見え隠れしているように思える。

メグへの虐待は徐々に、エスカレート。

ついには地下室に監禁して、拷問を繰り返すように。

手を縛りつけて、吊し上げ、猿ぐつわを噛ませた状態で、全裸にして。

たばこの火を押し付け…。

来る日も来る日も虐待が繰り返されます。

とても言葉では書けないような、目を覆いたくなる様々なことが行われます。

ルースだけじゃない。その息子たちまでも虐待に加担する。

ルースからメグは「汚れた女」と言い聞かされており、洗脳状態にある息子たちはメグに何をしても許されると思っている様子。

ろくでもない女に育てられた子供たちは、ろくなものにならなかったらしい。幼い末っ子までもが可愛らしさのかけらもない憎らしいクソガキで。全く良心の呵責を感じていない。

f:id:sakuraho:20170222170118j:plain

引用:http://www.imdb.com/title/tt0830558/mediaviewer/rm1849921536

やがて息子たちだけでなく近所の子供たちまで、しかも女の子までもが、メグへの虐待に加担するようになる。子供たちを先導するルースの姿はまるで君臨するカルトの教祖のようだ。

とにかくルースにイライラさせられる。

どれだけ偉いつもりなのか知らないが、常に上から目線で傲慢で、正しいのは自分だけ。悪いのはすべて自分以外。常識的な価値観をはるかに逸脱したモンスター。

ルースの息子は救いようもなく頭の悪いクソガキなのですが、悪いのはすべてメグ。

大変な地獄耳で、階段のきしむ音まで聞き逃さない。(あの、かすかな音でも聞き逃さない、目がギロギロしているシーン、めちゃハラハラした。)

「しつけ」と称しながらも、やってることはただの犯罪行為。

終盤で「逃げ出そうとした罰」としてメグに加える暴行の数々は、鬼畜としか表現しようがない残虐なもの。

普通の人間の感性ならそもそも発想すら浮かばないであろう行為です。バーナーであんなことするなんて、考えつきもしません…。・゚(゚`Д)゙

淡い初恋の結末は…。

主人公のデイヴィッドとメグは、お互いほのかな恋愛感情を抱いており、メグにとってはささやかな希望みたいな存在になっている。

ルースのような怪物のごとき女がいなければ、淡い初恋の思い出となったことでしょう。冒頭の二人の出会いのシーンはみずみずしい青春の一コマ、微笑ましい気持ちさえ抱かせます。

なし崩し的にデイヴィットまでもが虐待行為に加担するのではないかと、びくびくしていましたが、それはなかったことだけが唯一の救い。

しかし、スーザンは仕方ないとはいえ、デイヴィットの立場なら親に話すくらいのことはできそうなものなのだが。デヴィットはただただ傍観するのみ。

最後で底力を発揮するくらいなら、もう少し早くなんとかしてほしかった(/TДT)/

まだ子供だし、異様な雰囲気に飲まれてしまって怖くてできなかったんだろうか。「警察なんて関係ない。」と、ルースに釘差され脅されてたのでできなかったのかなぁ。。

デイヴィットは大人になってもメグを救えなかったことに苦悩しているのですが、ママに言うくらいはできたんじゃないの。ママが寝てるならたたき起こせばよかったじゃないのようヽ(TдT)ノアーウ…

そこは本当に残念だけど、舞台は1950年代の田舎の小さな町。

今の価値観をそのまま持ち込むのは難しいのかもしれない。彼の無邪気だった少年時代はあの事件で終わってしまった。この先は一生苦悩して生きてゆくしない。

最後で明らかにされる、なぜメグが逃げられなかったか、そもそも虐待の始まった原因はなんだったのか。その理由に胸が詰まる思いでした。

メグは本当に心優しく妹想いで、こんな風に殺される理由などどこにもなかったのです。

by カエレバ

以上、『隣の家の少女』の感想でした。

▼原作は「読むレイプ」と言われるくらいきっつい内容らしい。

by カエレバ

▼本作は以下の記事でも取り上げています。

『アメリカン・クライム』

本作と同じくシルヴィア・ライケンス事件をモチーフにした映画があります。

タイトルは『アメリカン・クライム』、主演はエレン・ペイジ。『インセプション』や『X-メン』シリーズなどに出演している人気実力派女優です。

『隣の家の少女』のメグに当たる役を演じています。今ほど有名でない頃の作品です。

▼エレン・ペイジの絶叫に胸を切り裂かれます。あわせてオススメ。

by カエレバ

映画好きにオススメなVODサービス「Hulu(フールー)」

私が5年以上愛用しているVODサービスです。

月額933円(税抜)で映画や海外ドラマが見放題。気が向いたらすぐに観られて返却も不要。

2習慣の無料のお試し期間もありますので、その期間だけ映画三昧するのもアリです(*'-')b OK!

  こちらもあわせてどうぞ

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-サスペンス, 実話に基づく作品, 映画

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.