真田丸

真田丸 第31話「終焉」/天下人秀吉の最期。出浦氏の壮絶な殺陣シーンもみどころでした。

更新日:

記事上アドセンス

前回では、衰えてゆく天下人秀吉の姿、栄華を誇った豊臣家の黄昏時が描かれました。

 

今週はいよいよ、秀吉が最期の時を迎えます。

『真田丸』第31話感想

 秀吉の遺言を巡って、三成と家康の応酬

秀吉亡き後のことを考え、秀頼を守ってゆくための堅固な体制を作ろうとしている石田三成

家康を含む五大老と、三成を含む五奉行による合議で政を行い、五大老が単独では何もできないように、五奉行でがっちりと抑え込むような体制を秀吉の「遺言」を以て作り上げようとしている。

そして、三成は徳川家康のことは全く信用していない様子。

それっていくらなんでも失礼なじゃないの?って、観ていて、ひやひやするくらい露骨に家康に釘を刺していました。そんなことしても反感買うだけなんじゃ・・・と、心配になってしまいます。どうも三成には人の気持ちに無頓着な部分がありますからね^^;

家康本人はどうか、というと…。

天下取りに積極的なのは、本多正信とそして阿茶局

「どうか天下をお取りくださいませ。」とはっきりと、かなり強く勧めておりましたね。

家康自身はそれほど「天下」を強く望んではいないというか、いろいろ情の部分で引っかかっている部分があるようにも見えます。

「戦が嫌い。戦場で命からがらになるのもいや。」とも言っていましたしね。

このドラマの家康って、情に厚い部分があるので、やはり憎めないですね。

天地人』で松方弘樹が演じた家康なんて、すごいイヤな奴でした。頭に変なこぶもありましたし。

軍師官兵衛』で寺尾 聰も腹の中にものすごくいろんなものを抱えた、腹黒い感じの人だったので、両ドラマのを見ている時はすっかり家康嫌いになっていたのですが(笑)、今回はそうはならないのですよねぇ。

「伊賀越えは一度でたくさん。」のくだりは思わず笑ってしまいました。

そうそう、あの時は大変でしたよねぇ。

『江 姫たちの戦国』では、まだ子供の江が家康と一緒に伊賀越えをやってまして。

当時は「伊賀越え」というものが何なのか知らなかったので、特に何とも思わなかったのですが^^;

ほんの少しずつですが、歴史の知識が増えてきた今ではあのドラマがいかにありえなかったか、わかるようになりました。

で、秀吉の遺言。

ほぼ寝たきりの秀吉に、無理やりに遺言状を書かせる本多正信

それを「そこまでしなくても」と何とも言えない表情をしつつも、止めることはしない徳川家康

強引に押し切られて、中の様子を伺うことも許されない、片桐且元は今回も胃が痛そうでした^^;

なんだか、現代にも通用するテーマですよね。

認知症で判断能力が薄れている人に、指示通りに遺言状を書かせる。

密室で行われてしまえば、無理やり書かせたかどうかなんて、証明できませんし。

いずれやってくる自分の老後を想像して、なんとなくぞっとするものがありました。

家康が書かせた遺言に、さらに秀吉に無理をさせて、追加で書き加えさせる三成。

あの秀吉大好きな三成が、あそこまで秀吉に無理をさせるっていうのも、豊臣家のために必死な感じが伝わってきて心が痛みました・・・。

歴史は変えられないから仕方ないけど、三成には死んでほしくない・・・。

家康を殺せ。

ほとんど寝てばかりで、目を覚ましたと思ったら、ロボットのように「秀頼を頼む」ばかりを繰り返していた秀吉が、三成に命じたこと。

「家康を殺せ。」

そうですよね、それが一番の本音ですよね。

天下を手にした秀吉が、自分が天下取りのためにしてきたことを思えば、次に天下に近い人間はだれか、天下を取るためには何をすればよいか、すぐにわかりますもんね。

そうすれば、徳川家康が秀頼を生かしておくことがないことくらい、わかりますよねぇ…。

その命を下す直前に、秀吉が観た、男の子の幻。

あれは誰だったのだろう。

秀頼かなぁと思ったのですが、「万福丸」ではないかという説がツイッターで流れてきました。

あー、なるほど。それもありかも。

万福丸浅井長政の嫡男で、茶々の兄にあたる人。

秀吉が浅井長政を滅ぼしたときに、串刺しの刑にされています。

その時、わずか10歳。今の秀頼と同じくらいの少年でした。

自分が天下取りのためにしてきたこと。

嫡男を殺して、家を根絶やしにすることは、当たり前のことなのですよね・・・。

そりゃ、秀頼が心配で仕方ないのは当然のこと。

家康暗殺。

秀吉から「家康暗殺」を命じられた三成は、真田昌幸を訪ね、そして家康の暗殺を依頼するのですが…。

忍城攻め以来、真田殿は戦の師匠。」と三成。

昌幸パパは今日も素敵でした^^

表向きは断るのですよねぇ。

しかし、

「たとえ、明日家康が死んだという知らせが舞い込んでも、それは真田のあずかり知らぬこと。」

断りの言葉のようでいて、それは「了解」の意。

ニヤリと笑った昌幸パパと、その言葉の意を理解し、はっとする三成の無言のやり取りがたまりませんでした。

そして、暗殺と言えば、あの男が登場します。

もうね、昌幸パパに天下と取ってほしくてたまらない、そのためだったら、この命を喜んで使いますっていう、あの男が家康暗殺を請け負うのです。

「もう、用意はできておる。」

多くを語り合う必要もない、互いの想いをテレパシーのように理解し合う、昌幸と出浦氏。

そして、出浦氏は家康の屋敷に単身で乗り込みます。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

とにかく殺陣が素晴らしかった。

佐助は伴わず、たった一人で徳川屋敷に忍び込んだ出浦氏。

屋根裏に潜んで、機をうかがいますが…。

なんと、別件で徳川屋敷を訪れていた信幸が、忍びの存在に気付いてしまうんですね。

次から次に湧いてくる徳川方の武士たちと壮絶な切り合いを繰り返しながら、脱出しようとする出浦氏ですが、その前に立ちはだかるのが本多忠勝

この二人の戦いのシーン。大変な迫力でした。

出浦氏の立ち回り。

思いっきり頸動脈狙いで、一気に息の根止めようとしている感じが、さすが「暗殺者」という感じで。真田の影の存在として、今まで何をしてきたのか、彼の生き様がそのまま表れたような殺気あふれるシーンでした。

気づいたのが信幸っていうのが、またなんとも複雑な思いがいたしました…。

今後、関ヶ原の戦いで、東軍につく信幸は、もうこの時点で真田とは別の道を歩んでいるだって、改めて思い知らされました。

「佐吉を頼む。」

これもまた胸に染みるシーンでした。

意識が混濁して、寝てばかりの秀吉が、源次郎に言うのです。

「秀頼を頼む。」じゃなくて、

「佐吉を頼む。支えてやってくれ。あの男は寂しい男なのだ。」と。

今週の一番の泣きポイントでした。

秀吉は、本当に三成を頼りにしていて、そして誰よりも三成のことを理解していたんだなぁ、と思った。

三成は頭がキレすぎるし、秀吉のためには余計な情もすべて廃して、冷酷に徹することも厭わなかった男だから、その分、快く思わない人がいることも、そうさせてしまったのは自分であることも全部わかった上での、「佐吉を頼む。」だったのかなぁって。

こんなこと言われたら、源次郎も三成に味方したくなりますよね。実際にそうなりますし。

秀吉の最期。

そしていよいよ最期の時を迎える秀吉。

これは、小日向さんの演技がすごかった!!

夜半に苦しくなって、人を呼ぶために鈴を鳴らそうとするのに、鈴があるべき場所にない。ベッドから転がり落ちて、床を這って鈴に手を伸ばす。

必死の形相でこと切れて、開いたままの目からは一筋の涙。

亡くなる瞬間をここまで壮絶に描くって、なかなかありませんよね・・・。圧倒されてしまいました。

あの鈴がどうしてあんな場所にあったのか・・・。

それはお見舞いにきた秀頼が「いい音。」だと鳴らして、そのまま元の場所に戻されなかったからなんですね。

あれほどまでにその身を案じていた秀頼が秀吉の死の遠因となってしまった。

なにも知らずにうっかりと小早川秀秋がろうそくを消してしまうシーンとか。

「何気なく行った行為が、予想外の結末を招いてゆく。」っていう、今後の悲劇的な何かを暗示しているようにも思えて、小さなエピソードではありますが、印象に残りました。

さて、天下人秀吉が死に、今後、世の中は大きく揺れてゆくことになります。

歴史は変えようもないのはわかってるけれど、これからは関ヶ原の戦い大坂の陣など、悲しい戦が続くんですよね。

先が楽しみだけど、先が観たいけど、怖いような、観たくないような…。

その他気になったこと。

三成の水垢離

またしても三成の水垢離というサービスショットがありました。

しかも、ふんどし着用の後姿という過激(?)ショットも。

あの背中に、三成の秀吉への想いが現れてましたね。

それにしても山本耕史さんは随分鍛えられた体をしているのですね。

私の中ではどうしても「ひとつ屋根の下」の車いすの男の子のイメージが強くて。

あと、夜道で鈴木保奈美を襲った男子高校生の役とか(笑)

出浦氏は生きているのか?

昌幸パパの胸の中で、息を引き取ったかのようにも見えた出浦氏。

私、気になって調べたのですが、史実ではまだまだ生きられるようなので、あれで死んだっていうことはなさそうです。と、信じたい。

ナレーションも「死んだ。」ってならなかったし、来週以降、なにもなかったかのように再登場するのではないでしょうか?と、信じたいです。

きりちゃん

出番は少ないのですが、源次郎の食べ残しをこっそり食べる姿がかわいらしかった。間接キス狙い?ですかね^^

イライラさせられることも多かったですが、最近ではすっかりそのうっとうしさも含めて好きになってしまいました。

秀忠もいろいろ大変らしい。

徳川秀忠といえば茶々の妹、江を妻にしています。

「私もいろいろありまして。今度ゆっくり飲みましょう。」なんて、信幸を誘っておりましたが、江もなかなか気が強くて嫉妬深かったそうなので、秀忠も気苦労があるのでしょうねぇ。

いろいろ気の強い妻を持ったものとして、信幸に共感するものがあったのかもしれないですね。

『江 姫たちの戦国』という大河ドラマだと上野樹里さんが江を演じていらっしゃいまして、秀忠が向井理さんで。お似合いの夫婦だったのですけどね。

あの秀忠さんも別の女性に子供を産ませたりしていましたしね^^;

『江 姫たちの戦国』は、いろいろ批判が多かったらしいのですが、それまであんまり大河ドラマを観ることのなかった私が、まともに観た数少ない大河ドラマなのですよね。

当時は今よりも歴史に疎かったので、世間でいろいろ言われているほど、「ファンタジー」だとは思わなかったのですよ。そもそも史実を知らないので^^;

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-真田丸

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.