すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『マーニー』/赤い恐怖の理由とは?ヒッチコックが描く心理ミステリー。

【スポンサーリンク】

ヒッチコック作品を少しづつ観ています。いつか全作品を制覇できたらなぁと。

いつか…、いつかね。気長に挑戦します^^;

  

 

基本情報

 

監督:アルフレッド・ヒッチコック

出演:ティッピ・ヘドレン/ショーン・コネリー

製作:1964年/アメリカ

 

ざっとあらすじなど。

主人公マーニーは、外見は美しいものの、詐欺師で嘘つきで泥棒というとんでもない女。名前を偽って会社に入り込み、優秀に仕事をこなし、信用を得たころにお金を盗んで姿を消すということを繰り返していた。

会社経営者のマークは面接に来たマーニーが、かつて取引先で盗みを働いた女だを気づいたが、マーニーに惹かれていたマークは彼女を雇う。

 

マークを演じるのは『007』シリーズのショーン・コネリー

マーニーを演じるのが『鳥』でヒロインを演じたティッピ・ヘドレン。

 

以下はいつものことながら、ネタバレです。

緊迫感あふれる盗みのシーン。

 マーニーはマークの会社でも盗みを働き、金庫から大金を盗んで逃げるわけですが…。

この盗みのシーンがなかなか緊迫感に溢れた名シーンなのです。

予め、金庫の暗証番号を調べておき、その番号を使って金庫を開けてゆくわけですが。

 

そこで予期せぬ事態が起きるのです。

 

掃除のおばちゃんの登場です。

 

盗み真っ最中のマーニーと、掃除のおばさん。

互いの存在には気づいておらず、それぞれの「仕事」に没頭している。まさか近くに泥棒がいるとは知らずに、おばちゃんはどんどん掃除機を動かしてゆく。

マーニーは見つかってしまうのではないか?

 

早く、早くしないと!

 

そんなはらはらとさせられる、このシーン。

二人を別々に撮影するのではなくて、ワンカットで撮影しているんです。

画面の左側におばちゃん、右側にマーニー。

劇中の二人は互いに気づいていないのに、観客だけは緊迫した状況がよく見えている。

そんな感じ。

なかなか、スリリングなシーンでした。

 

そういう女を愛したのが僕の不運さ。

 

金を盗んだマーニーは姿を消しますが、彼女に惚れているマークが追います。

マークは彼女を見つけだし、なーんと、強引に結婚に持ち込んでしまいます。

 

ヒロインのマーニー。

盗癖だけではないんです。次から次へと嘘を重ね、嘘を守るためにさらに嘘を重ね、嘘がバレたら別の嘘をつき…。

精神的にも問題を抱えているようで、赤い色や雷に異常なほど怯え、男性に対しても病的な潔癖症。夫であるマークが求めても拒絶するばかり…。

 

実に面倒な女なのですが、マークはすっかりマーニーに惚れておりまして。

 

「そういう女を愛したのが僕の不運さ。」

 

 

と、さらっと申しておりました。

 

そしてマークは結婚後も精神的に不安定で、自殺未遂まで図ってしまうマーニーをなんとか救おうと尽力するのでありました。

  

マーニーの過去に何があったのか?

 

正直なところ、マーニーがこんな感じで、イヤな女なので、イマイチ乗り切れなかったのですが、マーニーに同情せずにはいられない部分も。

 

マーニーはものすごく母親の愛を求めているのですが、母は彼女にそっけない。

盗んだ金は母に送金し、高価なプレゼントを贈り、なんとか母の関心を引こうとしている様子が痛々しくもありました。

 

母は近所の子供はかわいがるのに、自分のことはかわいがってくれない。

求めても得られない母の愛に飢えているマーニーに母はきつい態度で接し、いかに男が信用ならないか、男を求めるのは不潔なことだと吹き込んでゆく。

 

マーニーの男嫌いは母親に原因がある模様らしい。いわゆる「毒親」ってヤツ。

 

幼いころに満たされなかった想いは、大人になっても消えなかったりするのよね。

本人も無自覚のままに、子供の頃に受けた傷に苦しみ続けるの。

せっかく美しく生まれたのだから、その美貌を犯罪に使うんじゃなくて、もっと別の生き方ができたかもしれないのに、ね。

 

与えられることのない母の愛を、必死に求めながら、赤い色に怯え続ける人生。

夫に愛されていても、夫に触れられることも嫌悪と恐怖の対象でしかない。

 

マークはマーニーを救うために、彼女の過去に何があったかを調べてゆきます。

そうして、たどり着く真相とは?

 

物語の終盤で、隠されていたマーニーの過去のトラウマが明らかになってゆきます。

 

幼かったマーニーに起こった悲しい出来事が明らかになり、マーニーの失っていた記憶が呼び起こされてゆく。

そして、マーニーはまるで幼児のようになり、怯えて泣きじゃくり始めてしまうのだ。

まるで何かに憑りつかれた様な、見事な変貌ぶりでした。

 

すごいなぁと思ったのは、さらにその先に、母と娘の和解があったこと。

どうして母親があれほどまでに男を憎むような発言をし続けたのか、それは娘にとっては虐待でしかないわけだけれど、そこにも秘密がありました。

 

「セーターとあなたは残った。」

 

このセリフに、母の深い愛が初めて感じられました。

 マーニーはマークとともに、新しい人生を歩んでゆけそうな感じです。

まとめ

ヒッチコックの名作に『白い恐怖』という作品がありますが、こちらは『赤い恐怖』ですね。実際にビデオ発売された時の邦題に『マーニー/赤い恐怖』という副題が付けられていたこともあったようです。

 

ちなみに、いつもちょこっとだけ監督本人が出演しているのですが、今回も出演していました。

マーニーが宿泊していたホテルの客。ドアから出てきて、ちらっと顔をこちらに向けていました!あのぽっこりしたおなかとたまごみたいな顔、わかりやすい!

 

そんなヒッチコックはなんと、ヒロインのマーニーを演じたティッピ・ヘドレンにほれ込み、セクハラを繰り返していたのだとか。

巨匠…。そんなことを…。

そういう事情があって、ティッピは女優業を休業していたこともあったようです。

 

ちなみに、『ワーキングガール』で知られるメラニー・グリフィスは娘だそうです。

ワーキング・ガール』の頃は綺麗でしたが、今はすっかり整形?の影響で、顔が変わってしまっておりますが…。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のダコタ・ジョンソンはその娘、ティッピの孫にあたるそうです。美人の遺伝子は確実に受け継がれている様子^^

 

 ティッピ・ヘドレン主演。ヒッチコックの名作。

 

 初代ジェームズ・ボンド。観たけど、今観るとけっこう辛いものがありました。。

「007」シリーズ制覇するぞ!と意気込んでいたのですが、挫折しました。

 

 ティッピの娘、メラニー・グリフィス主演。仕事を頑張る女性のお話。オススメ。

 

 ティッピの孫、ダコタ・ジョンソン出演。