すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『軍師官兵衛』第41話「あらたな野望」  

【スポンサーリンク】

 

 

北条が滅亡し、いよいよ天下統一を成し遂げた秀吉が次に目指すのは明の征服だった。

sakuraho.hatenablog.com

 

聚楽第に凱旋した秀吉の前に現れたのは官兵衛。おねの取り計らいで、三成を抜きにして秀吉と話をする機会を設けてもらったのだ。

ようやく戦のない世の中が来た今、明を攻めるのはあまりにも無謀であると訴えるが。

しかし、秀吉は聞く耳は一切持たない。

 

秀吉の弟秀長は、病に臥せっていたが、それでも兄を心から心配していた。

官兵衛と利休に兄のこと正してくれるように頼む。

 

その頃、朝鮮から使者が挨拶に訪れる。

秀吉は自分に忠誠を誓うための使者であり、明への案内役をしてくれるものと信じていたが、それは交渉役である小西行長の「ウソ」であり、本当は忠誠など誓っておらず、天下統一のお祝いを伝えるために訪ねて来ただけであった。このままでは朝鮮へ兵を送り込んだ瞬間に戦に発生することは間違いがなかった。

 

えー、嘘ってどういうこと!?ってびっくりしてしまいました^^;

困って官兵衛と利休に相談する行長ですが、そんなこといくら有能な軍師でもどうもできませんよね…。

 

何で、いずればれるような嘘ついたの…。

この小西行長キリシタン大名で、北政所の侍女であるマグダレナ(石田真子)の息子さんです。この後もびっくりするような、ヘタレキャラ全開の行長なのですが、実際はそこまでできない人じゃなかったよね、きっと。

 

利休と官兵衛は二人で、秀吉と話をする機会を作ります。

そこで利休は官兵衛も予想していなかったような、ストレートな物言いをして、秀吉をいさめようとする。

しかし、秀吉は激怒して叫びながら立ち去ってしまった。

 

そして、三成がまたしても動きます。

得意技の告げ口がまたしても炸裂するのです…。

 

三成は利休によからぬいろいろ噂があることを告げ口。

そして大徳寺の山門に利休の像が飾ってあり、たとえ秀吉であっても大徳寺を訪れる者は利休の足元をくぐらねばならないと聞くと、秀吉は激怒。

その様子を三成は瞬きもせずに見つめており、わずかににやりと口元に笑みらしきものを浮かべるのであった。

 

利休は堺の屋敷での蟄居を申しつけられる。

「詫びると言うのならば、某が取り次ぎますが。」としれっとした顔で言う三成に対し、利休は「豊臣家のために天下があるのではない。天下のために豊臣家があるのだ。」と言うだけであった。

 

官兵衛も北政所使者として利休の元を訪れる。

北政所は自分が仲介するので、詫びさえすれば許してくれるはずだと。

 

しかし、利休は静かに茶をたてるのみ。

 

すでに自分は齢七十であり、この世にやり残したことはない。あとのことはお頼み申します。そういって、切腹の命を受け入れ、この世を去った。

この少し前に秀長も病死しており、秀吉をいさめることのできるものが、次々といなくなっていた。

 

そんな頃、鶴松が病に罹り、わずか3歳でこの世を去ることになった。

 

秀吉が変わってしまったのは、何事も鶴松のため。こんなにも早くなくなってしまうのは因果なことだと官兵衛は光(てる)と話した。

 

秀吉は嘆き悲しみ、「天罰だ。利休に腹を切らせるべきではなかった。」と官兵衛の前で泣いた。秀吉はすべての希望を失っていた。

官兵衛は秀吉の肩を抱いて言った。

 

「しっかりなされよ。殿下が倒れられたら天下はどうなるか。」

 

秀吉は官兵衛にしがみ付きながら、激しく泣いた。(鼻水がすごい…。)

空を睨み付けるようにして、獣の咆哮のような激しい泣き声を上げ続ける秀吉の表情は、深い悲しみと同時に「何か」を考えているように見えた。

 

そして、これでは終わらなかった。

気力を取り戻したように見えた秀吉は、大名たちに朝鮮攻めを命ずるのだった。

 

官兵衛はその命を聞いて、反対を訴える。

 

「無謀、無謀、無謀!いきなり攻め込むとはあまりに無謀!」(無謀連発!)

 

しかし、秀吉は一切聞く耳を持たない。

 

「従わねば滅ぼすのみ!もはやこのこと以外に望みはなし。明国をわがものにするのじゃ!」

 

最愛の息子を失った秀吉はその悲しみを埋めるためにも、朝鮮と明を攻め取る決意を固くしていた。

 

朝鮮攻めに備え、城を築城することになった官兵衛は中津城に戻り、家臣たちに語った。

 

殿下は糸の切れた凧。

黒田が支えねば、豊臣はいや、この国が滅びてしまう。と。

 

官兵衛は苦い思いを抱えながらも、秀吉を支えて行こうという悲痛な決意をするのであった。

 

 

愛息鶴松を失った秀吉の哀しみ。その哀しみゆえにさらに常軌を逸してゆく。

かつて心から尊敬した秀吉が変わってゆくことに心を痛めながらも、それでも支えたいと悲痛な決意をする官兵衛。

とにかく性格が陰険すぎる三成が印象的です。

このドラマの三成、本当にすごいな~…。