真田丸

『真田丸』第36話「勝負」/戦の中で輝く昌幸。意外すぎる関ヶ原の戦いの結末を佐助がもたらす。

更新日:

記事上アドセンス

前回35話では犬伏で親子三人での話し合いの結果、昌幸と信繁は豊臣方に、信幸は徳川方にそれぞれつくこととし「いずれ真田がまた一つになる日まで」敵味方に別れることになった。

いよいよ、第二次上田合戦、そして関ヶ原の戦いが始まります!

昌幸と信繁は徳川勢を迎え撃つために、上田城に戻ることに。そして一方の信幸は徳川家康に父と弟が離反したことを伝える。

今まで何度も昌幸に煮え湯を飲まされてきた家康は、度重なる昌幸の裏切に怒りが収まらない様子。

なぜ一人だけ徳川方に残ったのか、なぜ父と弟の離反を許したのか。

本多正純は信幸を信じることはせず、強く責め立てる。家康の目にも疑いの色が見て取れる。

信幸は自分がここに残ったのは、自分の妻が本多忠勝の娘であり、徳川家康の養女であるため当然のこと、信じてもらえぬなら腹を切る、とまでの覚悟を見せる。

そんな信幸をかばったのは、「日本一恐ろしい舅」である義父、本多忠勝だった。

本多忠勝の強い言葉で、とりあえず場は収まったものの、家康、そして誰よりも本多正純はまだ信幸に対し疑いの眼差しを向けていた。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

『真田丸』第36話感想

策士と策士の戦い。

今回の見どころは、何と言っても徳川随一の知恵者である策士本多正信と、当代きっての戦上手と謳われる名将真田昌幸の策と策のぶつかり合い。

石田三成に、戦に勝利した暁には甲斐・信濃二カ国を手に入れることを約束してもらい、「よっしゃー!!」と心底嬉しそうなガッツポーズを見せる昌幸。

かつての主君武田信玄の領地だった二カ国を取り戻したい。

それは昌幸がずっと願っていたこと。戦にもがぜんやる気が出てきます。

15年前に第一次上田合戦でわずかな軍勢の真田軍に大敗した徳川方の恨みは深く、当時戦に参加していた武将がリベンジで参戦。

あの時の二の舞とならぬように、本多正信も策を巡らせる。

この男もか~なり腹黒いので、策を巡らせるのが本当に楽しそう^^;

いかに人の裏をかいて、いかに出し抜いてやるか、そんな悪知恵が回る男です。

前回の上田合戦では攻め込んだところを神川の堰を切られ、数多くの兵を失った経験から、正信は今回は最初から川の堰を切ってしまうことにします。

そして、敵方の兵糧を奪い取るために「刈田」を行い、兵糧を足りなくさせたうえで城を囲んで兵糧攻めにしようと考える。

しかし、昌幸もまた策を巡らせる。

なんと、まだ戦いが始まってもいないというのに降伏すると言い出したのだ。

徳川陣営は戸惑いながらも、いったんは和睦の交渉に入ろうとする。しかし、真田昌幸から突きつけられら降伏の条件はとても飲めるようなものではなかった。

それはただ時を稼ぐため見せかけの降伏。

当然だが、昌幸に降伏するつもりなど毛頭なかった。彼の頭にあるのは「勝つこと」のみ。

一体、何のために昌幸は時を稼ごうとしているのか?

この後も昌幸と正信は互いに策を巡らし合う。見ごたえ十分の策士同志の化かし合いが続きます。

徳川秀忠。

そうそう。この戦で徳川方の総大将を務めるのは、家康の嫡男である徳川秀忠。のちの徳川幕府の二代将軍です。

父と違って凡庸だったと伝わっている秀忠ですが、このドラマでもやはり頼りない感じ^^;

演じているのは星野源さん。私は存じ上げなかったのですが、歌手としても活動されている今とても人気の方なのですね。知らなくてすみません…。

その秀忠は、今回が初陣。

初陣だからよくわからないんだけど、なんて言いながらいろいろ質問している様子はなんだか素直で好きでした。

どうしていいかわからなくて、常に本多正信の様子を伺っていたり。

正信に決断を促されて、思いっきり目を泳がせたり。

怒りが遅れて来たり(笑)遅れてきた怒りにまかせて手紙をびりびりに破いたり。

なんともいいキャラでした。星野源さん、なんだかとても素敵な役者さんですね。他に何に出演しているのか、ぜひ観てみたいなぁと思いました^^

昌幸は当然ながらまったく秀忠に容赦がありません。それはまだのちほど。

兄と弟の戦い。

第一次上田合戦で戸石城に潜ませた伏兵に痛い目に合わせられた徳川軍。

同じことはさせないように、今回は先に戸石城を奪ってしまおうと策を立てます。

戸石城攻めの先鋒は信幸が務めることに。かつて第一次上田合戦で戸石城に潜ませた伏兵たちを指揮したのは信幸。戸石城は信幸にとって誰よりもよく知った城です。

真田同士で本気で戦うことを避けるために、今度は信繁が策を巡らせます。

戸石城は信繁が守り、そこを信幸が攻める。しばしの間、小競り合いをした後に、内通者が出たことにして開門し、そこに信幸の軍勢がなだれ込み、信繁たちは撤退する。

戸石城は信幸たちに明け渡してしまおうと言うのだ。

その策は見事に当たり、信繁と信幸は本気で戦うことなく戸石城を明け渡すことに成功し、徳川軍の中でまだ信頼を得ていない信幸の立場も守られる。

言葉を交わすことなく、じっと見つめ合い、そして頷き合う二人の姿に深い深いきずなを感じました。

そして、悲しい別れがやってきます。ずっと信繁に仕えてきた三十郎との別れです。

信繁は三十郎に内通者として、城門を開門する役を託しました。そして内通者としてそのまま信幸の元に残り、信幸に従えと。

信繁の元に残りたいと、三十郎は涙を溜めて訴えますが、信繁はこう言うのです。

「一番信頼できるお前に任せたい。」と。

それは武士としてとてもありがたい主君の信頼の言葉でありますが、同時に身を切られるような別れの言葉でもあり、目を赤くした三十郎とともに私の目にも涙が滲みました。

「いつか真田が一つになる日まで。」と言うけれど、そんな日はもう来ないんだよなぁ…。

戸石城を奪った信幸はそのまま戦の間中、戸石城に留まり、その後身内同士で刃を交わすことはありませんでした。敵方にありながら、父と弟を想いを馳せる信幸の表情は、観ていて胸が苦しくなるものでした。

徳川軍からは信用されず、しかもかつての恨みまで買っている真田の人間として軍議でも居心地も悪そうだったし。そんな辛い立場をあえて買って出た信幸の心意気を改めて感じました。

第二次上田合戦、果たして勝敗はいかに?

策士と策士の戦いはまだ続きます。

昌幸は徳川方が刈田をしてくることなどとっくに見抜いており、刈田を何としても阻止すること、それから奴らの奴らの兵糧をかすめ取ってしまえ、と命じます。

軍勢は徳川方のほうが多い。兵糧が足りなくなるのはあちらが先。そして兵糧が足りなくなれば戦などできません。

そして信繁に命じて行わせた、細かく仕掛ける奇襲攻撃。

どこから敵が出て来るかわからないような状況にして、相手を怯えさせようという作戦。

昌幸はまったく容赦がない。

初陣の徳川秀忠をとことん怖がらせてやろうと、初陣で戦の恐ろしさを味わったものは生涯戦下手のまま、だと次々に奇襲を仕掛けてゆきます。

図面を前にして戦の策を考える昌幸は、まさに水を得た魚のように生き生きとした表情を見せてくれます。観ているこちらも楽しい気持ちになる。

ものごとは昌幸の策の通りに進み、徳川秀忠は焦る。

戦は焦っては負けだと宥める本多正信の声に耳を傾ける余裕もなくなっていく。こちらは真田と比較して大軍勢。正面から攻めても勝てると判断した秀忠は正面からの総攻撃を決断します。

そして、上田に雨が降ります。

そう、それこそが昌幸の狙い。時間稼ぎをしていた理由はここにありました。

雨で川が増水し、退路を断たれた徳川の本陣を一気に攻める。

上田城を責めるなら、どこに本陣を置くか、あらかじめ予測していた昌幸はまさにそこに向かって攻めやすいような措置を事前に講じていました。

戦の始まる前から、もう戦のことを考え抜いていたのです。

「戦は始まる前がキモだ。」「秀忠の首を取ってしまえ。」

ニヤリと笑う昌幸。

戦の中でこそ、輝きを放つ男です。豊臣の下で、すっかりやる気を失い、太夫の元に通い詰めていた日々が嘘のように、生き生きとした表情を見せる昌幸がいました。

雷光に照らされた昌幸の表情、とってもかっこよかったです。

しかし、信繁が徳川本陣に乗り込んだときには、そこはすでにもぬけの殻でした。

家康より書状が届き、その命により秀忠は関ヶ原への道を急いだのです。

正面からぶつかっても勝っていたのに!!

悔しそうにそう言う秀忠と、「やれやれ。」みたいな顔を見せる本多正信もまだ印象に残りました。

こうして第二次上田合戦はまたしても真田の勝利に終わったのです。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

勝利の宴の最中に届いた知らせ。

徳川勢を退けた真田軍は勝利を祝って宴を催していました。皆の表情は明るく、石田方の勝利を全く疑っていません。

昌幸も「信幸にも貧乏くじをひかせてしまった。」と言って、楽しそうに酒を飲んでいる。石田方が勝ち、信濃と甲斐は自分のものになる。明るい未来を疑うことなく信じていました。

そこに、厳しい表情の佐助が…。

「関ヶ原で石田軍と徳川軍がぶつかった。」との報告をもたらします。

それを聞いてなお、昌幸は石田軍の優勢を疑っていない。

戦は長く続くと睨んでおり、まさか勝敗が決したとは思っていない。

しかし、こわばった表情を崩さない佐助の異様な様子に信繁が気づき、先を促す。

佐助の口から語られたのは、衝撃的な知らせでした。

「戦は徳川軍の大勝。大谷吉継は討死。石田三成は行方知れず。」

場が一瞬にして凍りつきました…。観ている私もボー然(苦笑)

なんと!関ヶ原の戦いがほとんど描かれなかった!

今までナレ死した武将はおりましたが、これは何て呼べばいいの??

えええええ???とただ、ただ驚きにあっけにとられたまま、ドラマが終わりました。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

その他、気になったこと。

稲とおこうさん。

大阪から脱出してきた稲とおこうは昌幸と再会しますが、信幸が徳川方についたことを知るとすぐに信幸の居城である沼田城に戻ります。

そして上田に帰る途中、一泊だけ休むために沼田に立ち寄ろうとした昌幸と信繁をなんと一歩も城には入れずに追い返してしまうのです。

自分の夫は徳川方。昌幸と信繁は豊臣方。

双方は身内と言えど、今は敵同士。敵を城に入れるわけにはいかないというもの。

至極もっともな意見ですが、実際に舅を前にしてできることではありませんよね。まるで男性のように戦の衣装に身を包み、槍を持った稲姫はとても凛々しかったです。

そして、昌幸もふところが深いなぁ。

そんな稲を見て、「よい嫁をもらった。」とニヤリと笑って去ってゆくのです。

これは本当にあったエピソードとして記録に残っているらしいです。

本田正信の鎧がパワーアップしてた

第23話で、本多正信が着ていた鎧に乳○があるように見えて、びっくりして調べたことがあります。

『真田丸』23話を観て気になった、本多正信の鎧がヘン!

仁王銅具足といって、ちゃんと理由があってそういうデザインになっているらしいですが、今回またあの鎧が見られるのではないかと思って、ちょっと期待していたのですが…。

なんかパワーアップしてるし!

単なるぽっちだけじゃなくて、金具みたいなのがついて立派になっていました!

以前のバージョンよりも乳○っぽくなくなっちゃったような気がする。

うーん、ちょっと残念。私はアレが見たかった。

40秒で終わった関ヶ原。

これ、本当にびっくりした。

あらすじを読んだ感じでは佐助が「衝撃の知らせ」をもたらすって書いてあったから、まさかとは思っていたのですが。

やっぱりそうだった…。

今までこの『真田丸』はあくまでも「真田目線」で描かれてきていて、歴史上はどれだけ有名な出来事であっても、真田がその場にいなかった出来事は描かれなかったり、ナレーションのみで語られたりしてきました。

あの本能寺の変、織田信長の死でさえもナレーションのみだった。それ故に今回も、真田がその場にいなかった関ヶ原の戦いはあのような描かれ方になったのでしょうね。

とにかくびっくりしました。

あー、でも当時の人からすれば、やはりあれほどの衝撃的な出来事だったっていうことなんですよね。まさか1日足らずで決着がつくとは予想ができることではなかった…。

その衝撃を視聴者も共有できるという、中々斬新な演出でした。

石田三成がツイッターで呟いている情報によると、関ヶ原は40秒のみだったらしいです^^;

詳細は回想という形で、来週描かれるんでしょうか…。

いよいよ石田三成の出番も最後かぁ。

それにしてもあの戦上手の昌幸が予想してなかったくらいだから、やっぱり当時は石田軍が優勢と見られていたんでしょうね…。

あぁぁぁ、小早川秀秋のせいで…。

歴史上の事実なので、どうしようもないのですが、小早川秀秋腹立つ!!って思ってしまいました^^;

間に合わなかった秀忠

そうそう、徳川秀忠は関ヶ原の戦いには間に合わなかったらしいです。

たぶん、授業で習ったんだと思うんですが、まったく覚えてなくて。

『江~姫たちの戦国』でそのシーン観て、びっくりした過去があります。びっくりしすぎて「作り話」ではないかと思ったくらい。

大軍勢を率いていて、天下分け目の戦に間に合わなかった…。勝ったからよかったものの、もしも負けていたら…。ぞっとしますね^^;

直江と御館様。

会津討伐に向かってきていた徳川軍が西に取って返してしまった。今こそ、徳川を追って攻めるべきだという景勝に対し、直江はそれを止めます。

会津を開ければ伊達や最上がおかしな動きをするかもしれない。上杉が動くのは石田と徳川がぶつかってから。戦は長引くはずだから、戦の機会はもう少し先だと判断したのです。

やはり天下分け目の戦だからすぐには終わらない、というのは共通の認識だったようですね。関ヶ原の戦いが1日も立たずに勝敗が決したのは、かなり異常事態だったんだなぁと改めて思いました。

ちなみに『天地人』にも会津討伐と関ヶ原の戦いが描かれていますが、このドラマだと直江が攻めたいと訴えるも、景勝が背後から敵を攻めることはできないって止めてました。

ドラマが変わると、描かれ方も様々だなぁ。通説はどうなんだろ?っていうのはちょっと気になるところ。

加藤清正

加藤清正に石田三成が何事かを耳打ちするシーンがありましたが、あれ以来清正は出てきませんね。調べてみると清正は関ヶ原の戦いの当時は九州にいたらしいです。

三成の死を聞いて、清正がどんな反応を見せるのか?あの耳打ちが何だったのか、どう回収されていくかが楽しみです。

黒田如水

『真田丸』には出てきませんが、『軍師官兵衛』の主人公で名軍師の黒田如水もまた、この戦は長引くと睨んでいた一人。九州平定してそのまま西に攻め上り、こう着状態に陥って疲弊した西軍、東軍双方を蹴散らして天下取りをしようともくろんでいたところでした。

あの黒田如水でさえ、そう思っていたんだから、やはり関ヶ原の戦いは考えらえれないような戦だったんだなぁ…。授業で習ってなんとなく知っていたけど、こうやってドラマで改めて見るとしみじみと感じました。

 

 

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-真田丸

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.