すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『軍師官兵衛』第46話/「家康動く」

【スポンサーリンク】

 

 

 

太閤秀吉が死に、朝鮮からの兵たちの引き上げが始まったが、朝鮮で戦ってきた武将たちの三成への反発が強まっていた。

 

太閤亡き後、おそらく世は乱れてゆくに違いない。果たしてどうこの先は動くべきか。

如水も、そして家康も思案を巡らせていた。

 

太閤子飼いの大名同士のいさかいに乗じて、黒田長政加藤清正福島正則らを取り込みたいと考える徳川陣営。しかし、家康には一人の男の顔が脳裏に浮かんでいた。

 

「果たして、そううまくいくかな。気になる男もおるしな。」

 

長政といと。

 

朝鮮から帰国した黒田長政は、戦の間に生まれていた娘きくと初めての対面の時を迎える。女児とは言えども、長政にとっては待望の第一子。

 

「よくやった。」といとにねぎらいの言葉をかける長政に対し、いとは浮かない顔をしている。熊之助が死んだ責任をしょい込み、さらに男子を産めなかったことで、いとは自分を責め続けていた。

 

三成に不穏な動きあり。

 

その頃、秀頼は大阪城に移ってきた。北政所は本丸を淀に譲り、西の丸へと住居を変え、本丸へは淀と秀頼が入ることになった。

 

徳川家康は、豊臣家の許しがなくてはできないはずの大名同士の縁組を勝手に進めており、ついには家康を除く四大老五奉行で糾弾を受けることになるのだが全く効果はなかった。

 

自らの縁組については「うっかりしておった。」とすっとぼけた挙句に、自分は大老筆頭として太閤殿下から秀頼を託されたのに、その自分を弾劾するとはそれこそ殿下のご遺言に反するのではないか?そうしれっと言うのであった。

 

その頃、三成に不穏な動きがあり、徳川家康が命を狙われているとのうわさが流れ始める。長政は徳川家康を守るために、徳川屋敷の警護に行こうとするが、如水はそれを止めようとする。

如水にはこの噂は家康の狂言であり、大名たちの憎しみを増幅させて三成へ向けさせようとしているのではないかと疑っていた。

 

これ以上、騒ぎを大きくするな。徳川は争いを大きくしたい。このままでは黒田は使い捨ての道具にされるのみだと長政に訴える如水。

 

しかし長政は黒田家の当主は自分なのだからどうか信じて欲しいというのみだった。

 

如水は長政とともに徳川屋敷に向かおうとする又兵衛に「軽挙妄動を抑えよ。断じて戦にしてはならない」と言うことしかできなかった。

 

三成は前田利家と話をしている。

徳川家康がは天下を乗っ取ろうとしているが、ここは前田利家を中心とした政で行ってゆくべきだと。

前田利家は家康とともに大きな影響力を持つ大名の一人で、家康に対抗できる唯一の人物でもあった。

しかし、そううまくはいかない。

 

そこに如水が細川忠興を伴ってやってくる。三成はなぜ如水がここに来たのか、驚きながらもうっとしそうに如水を見る。

 

「前田殿、あなたは天下人にはなれません。徳川を討てば前田が筆頭、されどあなたは長くない。自分がよく知っているはずです。」

 

「天下の重したる二人を亡くしては世が乱れる、天下万民のためにお退きいただきたい。」

 

病を患っている利家は、たとえ今、家康を討ったとてその先の天下を治めるには時間が少なすぎる。いたずらに世が乱れるだけだ、と如水は指摘し、利家はそれを受け入れた。いいところで邪魔が入り、思惑が外れた三成は、怒りのこもった眼差しで如水を睨み付けた。

 

如水と北政所が話している。

 

政所は、事前に戦の種を積んだ如水をたたえる。

 

「如水殿はまた戦の種をつみなされた。私は戦のない世の中を作りたかったから秀吉を支えてきた。豊臣は秀吉一代限り。天下太平の世のためには徳川でも前田でもよい。ふさわしい人が天下人になればよい。」

 

自分はもう豊臣の天下にこだわらない。ふさわしい人がなればいい。その政所の言葉にはもしかしたら、如水がふさわしいと考える意味も込められていたのかもしれない。

 

如水は家臣一同に囲まれていた。天下人には如水がふさわしいと、家臣団は全員一致でそう考えている様子。

如水の脳裏には秀吉の最期の言葉が浮かんでいた。

 

「何故、お前ほどの男が天下を狙わん。」

 

七将襲撃事件

 

臥せっていた前田利家が死去すると、危うく保たれていた均衡が崩れた、

 

三成を討つために加藤清正の屋敷に大名たちが集まった。世にいう七将襲撃事件である。

 

「虎穴に要らずん場孤児を得ず。」

 

宇喜多屋敷に匿われていた三成は、そう言いながら不敵な笑みを浮かべ、家康のところに向かった。

 

「考えおったな。」と笑う、家康。

 

石田三成を出せと求める大名たちが徳川屋敷を詰めかける。しかし、三成には決して徳川家康が自分を引き渡したりしないだろうという自信があった。

 

「儂を引き渡せば、もしも儂が殺されたら引き渡した徳川様も豊臣に弓を引く逆賊の一味。天下を狙う大悪人であることが世に知れ渡ってしまう。」

 

堪えきれずに笑いをもらす三成。しかも徳川の家臣一同の前で。どこまで性格が悪いのだろう、この人…。もうね、関ヶ原勝てなくて当然、裏切られて当然っていう感じがしちゃいます…。

そして、三成の狙った通り、家康は七将を説得したのでありました。そして三成は隠居、居城佐和山城で蟄居させられることになりました。

家康の狙い。

 

家康と如水が話をしている。長政が屋敷に押しかけたことを謝罪しながら、家康の真意を探ろうとしている。

 

「やはりまた世は乱れましょうか。」という如水の問いには答えずに、家康はじっと見つめながら、

 

「おぬしはどう思う?」と逆に聞き返す。

 

如水はそれは徳川次第だと答え、家康は自分に逆心はなく、ただ秀頼を守るのみだと言う。

 

腹にいろいろ抱えた二人がにらみ合っている。静かだけれど、互いにバチバチ火花が散ってる…。

三成を佐和山に蟄居させても、まだまだ火種は残っている。なぜ、三成を生かすのか?如水は家康の意図を確かめたかった。

 

「命には使い道がある」という黒田の教えがあることを長政から聞いたという家康は、ニヤリと笑いながら言った。

 

「石田殿の命にまだまだ使い道がある。違いますかな?」

 

そこで如水は、徳川の狙いに気付いた。

 

如水は家臣たちに徳川の狙いについて話している。

 

「徳川の狙いは天下を揺るがす大乱じゃ。生かされた三成は必死で味方を集める。兵をあげさせ、根こそぎ滅ぼす。それこそ家康の天下取りだ。」

 

「殿はどうなされされます。」

 

「三成にはつかん」。

「では徳川に?」

 

「播磨を思い出す。織田か、毛利か生き残る道を必死に探った。生き残ることは無論大事、しかしわしはわが道を行く。」

 

如水の言葉の真意を感じ取り、歩み寄ってくる3人の家臣。

 

「天下を狙われますか?」

「われら、どこへなりともお伴つかまつる。」

 

不敵な笑みを浮かべる如水。はっきりと言葉にはしなかったものの、その笑みこそ「是」の意味。

 

それは黒田如水がついに最後の大勝負へと舵を切った瞬間であった。