すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『真田丸』第39回「歳月」/嵐の前の静けさ。束の間の穏やかな時間。商いも大成功で、真田紐大売れ。

【スポンサーリンク】

昌幸と信繁が九度山に流罪となって10年の月日が流れ、徳川軍を二度も撃退した名将真田昌幸は二度と上田の土を踏むことのないまま、死去。

 

sakuraho.hatenablog.com

第一回目から強烈な存在感を放ち、視聴者を魅了してきた昌幸はもういないのだ。オープニングロールにその名前がないのを見て、改めて寂しさを噛み締めました…。

 

さて、第39回です。ここの所、緊迫した展開が続き、重要人物が亡くなるということが続いていたので、今回はほっと一息つけるようなお話でした。三谷さんらしい笑いがそこかしこに散りばめられたホームドラマ風の展開で、懐かしいあの人も登場。

 

もうこのままで十分満ち足りているらしい。

 

昌幸の死後、その信之が三十郎を伴って九度山を訪れる。久々の兄弟の再会です。

 

「どれほどご無念であっただろうか。」

 

信之は昌幸の霊前に手を合わせながら昌幸が生きているうちに赦免が認められなかったことを悔やむ。そして必ず信繁たちの赦免を認めさせ、上田で皆が暮らせる日が来るようにしてみせると改めて信繁に言うのだが…。

 

信繁はもう九度山での暮らしにすっかり慣れてしまったので、もう特に赦免を求める気持ちも残ってない様子(´・ω・`)

 

昌幸が生きているうちは父の想いをかなえてやりたいと強く思っていたようですが、そういう気持ちもなくなってしまったんだね。はるも信繁と一緒に過ごせる時間が増えて幸せを感じていて、信繁の子供たちは九度山の暮らししか知らない。信之の想いとは裏腹になんとも穏やかな満ち足りた空気さえ感じさせる九度山の人々でした。

信繁は髭を伸ばして、昌幸パパの毛皮を着てました。すっかり人間が丸くなった感じ。

 

しかし、生活は貧しかったようです。昌幸が生きているうちはみじめな思いをさせまいと頑張っていたので、そのせいで借金がかさみ、生活をぎりぎりでした。きりは村で女たちに縫物を教え、佐助が忍術教室を開催して日銭を稼ぎ、なんとか暮らしていました。信繁は恥を忍んで現状を信之に打ち明けます。お前たちにひもじい思いはさせないと約束する信之でしたが…。

 

薫がナレ死。

 

徳川家康は大名たちの妻子を江戸に住まわせ、大名たちに領地と江戸を行き来させる「参勤交代」の原型と言える制度を作り、薫や稲、松たちも江戸で暮らすようになっていました。信繁と梅の娘、すえも加わり、薫は穏やかそうに笑っていました。薫の晩年は心穏やかなものだったようですね。

 

昌幸の死の2年後に、薫はこの世を去りました。

懐かしそうに昌幸の若かりし頃の凛々しい様子を語り、はにかんだような表情を見せる薫、可愛かったなぁ。

演じたのは高畑淳子さん。大好きな女優さんの一人です。

 

信繁、商いに挑戦。

 

昌幸の死から、さらに3年の月日が流れ、九度山の真田家の暮らし向きは相変わらず苦しかった。「ひもじい想いはさせない」との約束を守った信之は、たびたび「そば」を大量に送ってくれます。信濃といえばそばの産地ですもんね。

たしかにそばのおかげでひもじくはないのですが、朝も夜もそばばかりでは育ちざかりの子供たちにもよくありません…。

 

そこで信繁は考えた。

そうだ、そばがきを作って売ろう!と。

 

はるがそばがきを大量にゆで、それを信繁、きり、佐助で村に売りにゆきます。

 

「あ~じ~よ~し~のそ~ば~。」

 

笑えるシーンなのですが、昌幸さんの「瓜売り」を思い出して、ちょっとしんみりしました。頑張って売りましたが、結果はあまり売れませんでした。

そばがきは慣れればおいしいと感じるものの、食べる人を選ぶ食べ物。万人受けする食べ物ではありませんでした。

 

信繁が帰宅すると、自宅の障子がずぶずぶΣ( ̄ロ ̄|||)

そう、犯人ははる。はるはきりに嫉妬していました…。

 

石田三成に「あの娘は苦労する。」と言わしめたはるが、ここのところ本領発揮です。信繁ときりは幼馴染なので、長い時間を共に過ごしてきた中で育まれた絆を持っている。自分はそこに入り込めなくて寂しいのだろうけれど…。

 

そこにはるの心をさらに乱す人物が登場します。

 

もう一人の側室。

 

もう出てこないかと思っていましたが、出てきました!

秀次の娘たか。秀次が死んだ後、その妻子はことごとく連座して死罪になってしまったので、命を救うために形式上信繁の側室とされた娘です。その後、ルソンに渡っていたのですが。

 

すっかりルソンの商人になって日本に戻ってきました。ルソンでの暮らしに鍛えられた様子で、言葉も訛り、外国人のように大胆に信繁に抱きつく。

その様子を見て、またしても嫉妬を感じるはるでした(´・ω・`)

 

そのたかは、たとえ形式上の側室であっても心の中では信繁を思っていた様子。

「お慕いしています。」ルソンの現地の言葉でそう伝えて、去ってゆくことになります。

 

信繁、新たな商いを思いつく。

 

たかがルソンから持ってきたお土産のサナール紐。とても頑丈で、使い勝手のよさそうなその紐を見て、信繁は新たな商いを思いつく。そうだ、この紐を作って売ろう!と。

 

その紐こそが「真田紐」でした。

 

もう昨年になりますが、長野県上田市の真田家ゆかりの地を巡る旅をしました。上田のお土産物屋さんで真田紐が売られていました。カラフルで綺麗でしたよ。この回を見てあの時真田紐の携帯ストラップを買わなかったことを後悔してしまいました…。買えばよかった…。

 

真田紐はこんな感じ。

 

www.sanadahimo.com

 

で、この商いの結果は大成功。ひもじい食生活を送っていた真田家に久しぶりに豪勢な食事が並びます。

 

束の間の、穏やかで幸せな家族の一家団欒。

しかし、それは嵐の前の静けさ。

 

歴史は信繁に、このまま穏やかな人生を歩ませてはくれませんでした。

 

使者

 

信繁の元に一人の男が訪ねてくる。

男の名は明石全登(てるずみ)。宇喜多秀家の家臣だった男。

 

明石は言う。「左衛門佐さまをお迎えに参りました。」と。

 

つい先ほどまで、ホームドラマ的な雰囲気だったのが、最後にがらりと雰囲気を変え、何やら緊迫した空気が漂ってきました。

そのまま、次回以降の予告が流れましたが…。

 

ああ。いよいよ、物語は来週から最終ステージに突入してゆくようです。後藤又兵衛や毛利勝永らの活躍も楽しみです^^

 

その他気になったこと。

 

佐助の意外な本性

 

いつもはあまりセリフのない佐助の秘めた思いが明らかになります。なんと佐助は意外にブラック。信幸のことを「くそおもしろくない男」と断言していました。

 

「ここだけの話ですが、あそこの兄貴、くそ面白くもないじゃないですか。一緒にいると3つ数える間にあきちまう。」

 

いつもは無理難題言われても黙って従ってきた佐助は、その心の内にはいろいろ秘めた思いがあるみたい。

 

父として

 

父として息子の大助にどう接していいか悩んでいる様子の信繁。信繁は誰の懐にもスッと入っていくような、人付き合いは器用にこなすイメージがあったけれど、息子に対してはいろいろ難しい様子。

しかし、囲碁の勝負をすることで、親子の間にあった壁を取っ払えたみたいです。父に褒められて顔をほころばせる大助の表情が印象的でした。

 

この大助は幼い頃は少々内気な面もありましたが、なかなか負けず嫌いのようです。高梨内記に囲碁の勝負で連敗続き、落ち込んでふてくされているのかと思いきや…。たった一人で囲碁の練習を黙々とやっていました。頑張り屋のいい子だね(ノд・。) グスン

 

この大助は父信繁に従って大阪城に入城することになります。

 

信繁とはるときり

 

 ずっと信繁を思い続け、そばで支え続けたきりの存在は信繁にとっても大きなもの。なんだかんだと邪魔扱いしながらも、信繁はきりを頼りにしているのです。

もう恋愛感情はないときっぱり言うきりに、はっきり言われてショックを受ける様子の信繁見てて、「男って勝手!」って思いました(`・д・´)

 

最初はイライラさせられることが多かったのですが、ここまで見返りを求めずに人を支えられるってすごいなぁ。自分でも「菩薩の境地よ。」って言ってましたが、まさにその通り。どうやらこのまま、信繁の側室にはなることはないのかもしれないですね。

 

「私だって源次郎さんのお子が欲しいと思ったこともありましたよ。」

 

って、きりがはるに言うところはちょっと切なかったのですが、もう恋愛感情を超越したところで、信繁ときりは結ばれているのかも。

こういう、恋愛ではない男女の絆っていうのもまた悪くないのかなって思いました。

 

はるのきりへの一方的なわだかまりも、どうやら解消した様子です。女の戦いもこれで見納めかな? 

高梨内記

 

 昌幸の死後、追い腹を切ろうとして止められた内記はすっかり落ち込んで生気を失っていましたが、大助の守役を務めることになり、段々と元気を取り戻してゆきます。昌幸とは信之や信繁が生まれる前からの長い長い付き合いでした。

 

その内記もまた、信繁の大阪城入城に従うことになります。そして信繁と同じ日に討死したと伝わっています。

 

そばがき

 

 そば粉をお湯で溶いて練ったもの。食べたこともないし、見たこともないのですが、興味津々。現在のおそばの原型らしい。

レシピを見ると作れそうだ。そば粉を買って来よう!

cookpad.com