すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『ジェイソン・ボーン』を鑑賞する前にシリーズをおさらいしました。

【スポンサーリンク】

 

9年ぶりの新作『ジェイソン・ボーン』を見る前に、シリーズ3作を再鑑賞しました!

ざっとおさらいします!

 

ボーンシリーズ3作及び『ボーン・レガシー』についてもネタバレしています。

 

あ、4作ともHuluで配信されています。1ヶ月933円(税抜)で映画・ドラマが見放題で、とっても便利なのでぜひオススメ。無料お試し期間もありますよ^^

 

▼Hulu(公式ページ)

 

『ボーン・アイデンティティ』

 


ボーン・アイデンティティー [ マット・デイモン ]

 基本情報

監督:ダグ・リーマン

出演:マット・デイモン/フランカ・ポテンテ/ジュリア・スタイルズ

製作:2002年/アメリカ

 

銃撃を受けマルセイユ沖を漂流していた男ジェイソン・ボーン。過去の記憶は全く残っていないものの、特技がいろいろ。

 

・勝手に体が動いて警官を投げ飛ばす。

・複数の異国の言語を自在に操る。

・壁歩きができる

 

お尻には何か埋め込まれてる。いったい、自分は何者なのか?

道中でたまたま知り合った放浪好きマリーと一緒に過去を調べてゆくうちに、どうやら自分は『トレッドストーン計画』によって育成された暗殺者らしいと言うことを知る。暗殺の任務に失敗し、漂流していたのだ。CIAが全力でボーンを消しにかかるも、見事に撃退。マリーと二人で静かに暮らす。

 

気になったこと。

・巻き込まれたマリーの元カレが気の毒。家を元に戻してください。

 

・ボーンを狙う暗殺者プロフェッサーがクライブ・オーウェン。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

『ボーン・スプレマシー』

 


ボーン・スプレマシー [ マット・デイモン ]

 基本情報

監督:ポール・グリーングラス

出演:マット・デイモン/フランカ・ポテンテ/ジュリア・スタイルズ/ジョアン・アレン

製作:2004年/アメリカ

 

CIAから逃れ、インドでマリーと二人で静かに暮らしていたジェイソン・ボーン。記憶は失ったまま、悪夢と頭痛に苦しめられる。映画が始まってすぐにいきなりマリーが何者かに消され、呆然とする観客をよそに、最愛の人を奪われたボーンは犯人捜しを開始。しかし、何やら悪巧みに巻き込まれ、濡れ衣を着せられそうになり、またしてもCIAが全力でボーンを消しにかかるも、見事に撃退。姿を消す。

 

気になったこと。

・「トレッドストーン」の女性メンバーニッキーが前作に引き続き、登場。もしかしてボーンと何かあった??

 

・CIA腐敗しすぎじゃない?

 

・ずるくて汚い手ばかり使う割には詰めが甘すぎるCIAの中で、唯一キレ者のパメラ・ランディが登場。シリーズに欠かせない存在に。

 

・そのパメラの部下の一人がミシェル・モナハン。ひっそりと。(見つけられたかな?)

 

『ボーン・アルティメイタム』

 


ボーン・アルティメイタム [ マット・デイモン ]

 基本情報

監督:ポール・グリーングラス

出演:マット・デイモン/ジュリア・スタイルズ/ジョアン・アレン

製作:2007年/アメリカ

 

「トレッドストーン計画」はボーンの離脱で中断されたものの、その発展系の「ブラックブライアー計画」が進行中。ボーンは自分の過去を探るために、情報をにぎっていると思われる新聞記者に接触をはかろうとするが、記者はボーンの目の前でCIAに抹殺。またしてもCIAがボーンを全力で消しにかかるも、見事に交わしながら真相に近づいてゆく。パメラもピンチに。

 

気になったこと。

・元カノ?過去に何かあったらしいニッキーがまたしても登場。一緒に逃亡するも、恋には発展せず。ボーンが愛するのはマリーのみ。別れの時に何か言いたげなニッキーが印象的でした。

 

・電話で「ブラックブライアー」と一言言っただけで、盗聴網に引っかかり、あっという間に個人情報が特定され、CIAに狙われる羽目になる件。エシュロン怖い。実際にありえるのか?

 

・証拠隠滅と称して、CIAが次々に人を消してゆく件。これもどこまであり得るのさ?

 

・高飛び込みがすごい。

 

・ラストのニッキーの笑みが好き。チョイ役で登場したニッキーの存在感がシリーズごとに増してゆきました。

 

『ボーン・レガシー』(おまけ)

 


ボーン・レガシー [ ジェレミー・レナー ]

 基本情報

監督:トニー・ギルロイ

出演:ジャレミー・レナー/レイチェル・ワイズ/ジョアン・アレン

製作:2012年/アメリカ

 

そっか、これもあった!

 

「トレッドストーン計画」「ブラックブライアー計画」とは別の「アウトカム計画」と「ラークス計画」っていうのが進行中。その計画によって作り出された殺人マシーンアーロン・クロス登場!という本作。

 

ボーン・シリーズが3作で終了してしまい、寂しい想いをしていたところに投入された新シリーズ。今度の暗殺者もボーンに負けてない!っていうウワサだったけれども。

 

あ、あれ??

 

予告はおもしろそうだったのに、それだけだった。役者も揃ってたのに、どうも残念な作品でした。

印象に残っているのは…

 

・素手で狼と戦う

・薬を欲しがってる。

 

新たなシリーズ開始とのことでしたが、本当に続編があるのか不明。タイトルにボーン入ってるけど、ボーンはあんまり関係なし。

暗殺者育成のプロジェクトが次から次に出てくるCIA。けっこう計画が杜撰なのも印象的でした(笑)

 

おさらいもしたところで、新作を楽しみたいと思います!

 

▼『ジェイソン・ボーン』のネタバレありの感想はこちらにあります!

 

by カエレバ

 

▼映画好きにオススメな動画サービス「Hulu(フールー)」

 

定額で映画や海外ドラマが見放題。気が向いたらすぐに観られて返却も不要。

5年くらい愛用しています。無料のお試し期間もあります。

 

 ☆こちらもあわせてどうぞ☆

 

▼表の顔は会計士、裏の顔は殺し屋…。ベンアフ主演の痛快アクション。

『ザ・コンサルタント』/職業は会計士、しかしその正体は…。ベン・アフレック主演のアクション映画【ネタバレあり】

 

▼大きなゴリラが人間の前に立ちはだかる!コングは敵か?味方か?

『キングコング 髑髏島の巨神』/次から次に巨大な怪物が襲ってくるハイテンションな怪獣映画。【ネタバレあり】