ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。近日中に修正が完了する予定です。

『真田丸』第41話「入城」/アクの強い浪人たちが続々登場。幸村は得体の知れないじじいに化けて大阪城に入城。

徳川と豊臣の激突が避けられない状況の中、九度山を抜け出し、大阪城に入ることを決意した信繁は名を「幸村」と改めた。関ヶ原の戦いから14年が過ぎようとしていた頃である。

前回の記事>>『真田丸』第40話「幸村」/信繁から幸村へ。且元の辛い日々が語られ、様々な人の言葉が信繁を動かす。

「私はこれよりここを抜け出して大阪城に入り、秀頼公をお守りし、徳川に一矢報いるつもりだ。」

幸村は皆を前にして、自分の決意を表明する。きりは嬉しそうな表情を見せ、高梨内記は昌幸が聞けばどれほど喜ぶかを思って、涙を流す。

「皆にも苦労をかけることになる。」

「もとより覚悟の上です。」と春。

「苦労大好きですから。」ときり。きりは不穏も大好き、苦労も大好き。幸村は自分の想いを実行に移したことが嬉しくてたまらない笑顔でした^^

そして、みなで九度山を抜け出すための策を講じることに。

<スポンサーリンク>

『真田丸』第41話感想

個性豊かな浪人たちが大阪城に集結

大阪城には、後藤又兵衛、毛利勝永ら、浪人たちが続々と集まってきていました。

関ヶ原の戦いで西軍について浪人になってしまった者や、この戦で名を挙げてやろうという野心に燃える者たちです。

ちなみに後藤又兵衛は黒田長政の家臣で、2014年の大河ドラマ『軍師官兵衛』で塚本高史さんが演じていました。黒田官兵衛に仕えていたのですが、その息子黒田長政とは不仲だったそうで色々あって出奔してしまいます。その後も勇猛果敢な武将であった又兵衛を召し抱えたいという諸大名からの士官の話はあったのですが、元主君の黒田長政は諸大名が又兵衛を召し抱えることを禁じる御触れを出して、妨害したそう。これを「奉公構(ほうこうかまい」といい、現在でも使う「お構いなく!」っていう言葉はここから来てるんだそうです。(←完全に受け売りです。)

毛利勝永は豊臣秀吉の家臣で、関ヶ原の戦いでも西軍についた武将。中国地方の毛利家とはあんまり関係ないらしい。

駿府の家康は…。

家康はできれば、戦は避けたかった、というのが本音らしい。

秀頼さえ、大人しくしていれば一大名として生き残ることができたのに、と本多正純に語ります。その割には前回、ぐいぐいと片桐且元を追い込んで、策略を巡らして、豊臣を挑発していましたが( ´_ゝ`)

ああやって挑発しても、向こうが折れて諸大名と同列の徳川の一家臣となるのであれば、命までは取らない。できれば戦にならずに、そうやって丸く収めたいという感じだったのかな。

それにしても家康もすっかりおじいちゃんだなぁ…。

その家康は九度山の真田の出方を気にかけ、九度山の見張りを強化するように命じます。宿敵であった安房守は死んでも、苦い思いをさせられたことが頭から離れないようです。

みんなで雁金踊り。

九度山を脱出するための策を考えた幸村たちは、いよいよ脱出の日を迎えます。

真田紐の商いでは村人たちに協力をしてもらい、助かったので、その労いの一席を設けたいと長兵衛に申し出る幸村。

村人たちに酒を振る舞い、見張り役の者たちも巻き込んでの酒の席で、真田の面々は雁金踊りを披露。皆で踊りを舞いながら、一人一人がそっと退場して、そのまま脱出すると言うもの。

ごくごく自然に一人ずつ退場してゆくので、見張りの人もすっかり騙されてしまったのです。

この脱出シーン、映画『サウンド・オブ・ミュージック』の中で同じ方法で亡命をはかるシーンがあるそうです。廊下に出てからも手をパタパタさせる春ちゃんがかわいかった!

そして、雁金踊りと言えば、おこうさん。第11話。あの頃、病弱でお茶碗を持つのも大変そうにしていたおこうさんが体を張って頑張ったことを思いだします。

長兵衛は元から知らされていたのか、それとも意図に気づいていたのか、どちらかはわかりませんが、長年同じ村で暮らした幸村たちにすっかり情を感じていたようで、すっとぼけたフリをして協力してくれます。黙って別れを告げるように頭を下げる姿が印象的でした。

あれほど警戒し、見張りを強化したにもかかわらず、幸村が抜け出したことを知り、家康はしばし呆然とします。

安房守ならともかく、息子の方はほとんど戦の経験もなく、気にすることはないのではないか、という本多正純。しかし家康はそういう問題ではないのだという。

真田をあなどってはならない。真田安房守の息子であると言うことが大事なのだ、と。

安房守の勇猛ぶりは今も語り草になっている。その息子が大阪城に入ったとなれば、豊臣方の士気が大いに上がるであろう、と。

徳川の大軍勢を2度も打ち破った真田の存在を、家康は天下を取ってもなお、まだ恐れていた。そして、その家康の予感は見事に的中することになる。

まさかのコスプレ

夜間に大阪城に入るのではなく、白昼堂々と大阪城に入りたいという幸村。

しかし、颯爽とした姿で大阪に入るのではなく、なんとおじいちゃんのコスプレ姿で大阪に行くのだという。きりにメイクを手伝ってもらって、りっぱなおじいちゃんに変身した幸村。

きり曰く「どこからどうみても得体の知れないじじいよ。」

真田安房守の息子が颯爽と入城したのでは敵に警戒をされてしまうので、敵の目を欺き、よぼよぼのおじいちゃんの姿に変身したのです。幸村も「真田」の名の持つ意味の大きさを感じていたのでしょうね。

それにしてもすばらしいおじいちゃんぶり(笑)

しかし、九度山の幽閉生活で、幸村は歯が抜けてすっかり老け込んでいた、という話は実際に伝わっているそうです。まあ、人生50年という時代の40代後半、なので、それもありえたことなのかも…。

そうやってよぼよぼの姿で大阪城に入り、浪人たちをざわつかせた幸村ですが、

「すまぬが厠に寄りたい。勝手知ったる城にござる。」と厠で着替えを済ませ「お待たせを。」と言って登場した姿は、凛々しい武将そのものでした。

九度山の平穏だけれども刺激のない生活を送っていた幸村とは、まるで目の輝きが違いまいした。関ヶ原の戦いの前の、まだ若さが残る幸村とも違い、貫録も備えた立派な武将になっていました(´∀`*)

再会

片桐且元が大阪を去った跡、大阪の要となっている大野治長も、幸村を歓迎する。

兵の数は雑兵も含めておよそ10万。

「このすべての兵が真田殿の兵と考えてけっこう。存分にお使いください。」と。

そしていよいよ、秀頼との再会の時を迎えます。

かつて「拾」と呼ばれていた頃から知っている秀頼は、立派な若者に成長していました。秀頼も幸村を覚えていました。

ここで幸村は大きなハッタリをかまします。

徳川を二度も打ち破った戦は父の策ではなく、自分の策であったと。

父はただ、見守っていただけだと。

そうすることで、より味方の士気を挙げようと考えたのでしょうね。

秀頼の、幸村を見る目がさらにキラキラするものに変わりましたし。

戦の経験はほとんどなくても、兵糧のことでさらりと策を提案したり。

すぐそばで昌幸や石田三成、大谷吉継らの働きを観て来たことが、今これからきっと生きてくる。そんな気がしました。

すっかり秀頼様の信頼を得て、期待を受けている幸村を見ている大野治長のいや~な感じの表情。且元に対してもあれだけ、きつく当たったので、今後いろいろありそうです。

幸村にとっては14年ぶりの大阪城(´∀`*)

石田三成の植えた、桃の木が大きく育った姿も見られて、幸村も感慨深そうでした。

そして、茶々との再会。

「また会えましたね。源次郎。」

そう言って笑う茶々様の、美しいこと!

<スポンサーリンク>

その他気になったこと。

信之の病。

手にしびれを覚えることが多くなった信之が心配…。あ、でも史実ではまだまだ長生きするらしいです。

その信之の元にも豊臣との戦が始まる旨の書状が届きます。浪人たちが続々集まっていても、豊臣には全軍を率いて戦えるような際立った武将がいないから…、という信之。しかし、この後、弟の幸村がそんな存在になるのです(´∀`*)

二人の息子と二人の母。

信之の正室稲と、元正室のおこうさん。稲には信政。おこうさんには信吉。二人にはそれぞれ同い年の信之の息子がいて、そのどちらが嫡男になるか、まだ決まっていない状態。

一歩間違えばとってもギスギスしてしまいそうだけれども、決してそうはならないこの二人の女性がとってもかっこよかった!

きびきびと家のことを取り仕切る稲と、それを支えるおこう。

そして互いが、自分の息子にあえて厳しく接する。稲は信政に兄を敬いなさいと諌め、おこうは怪我をさせた方が傷ついているのだから信政に謝るように、と言って聞かせる。なかなか、できるものではないですよね。

稲と信之は相談し、嫡男をおこうの息子、信吉に決める。言いだしたのは稲。自分の息子を嫡男にしたいと思ってしまうのが母心かと思いますが、二人の性格や資質、真田家の今後を見据えたうえでの決断でした。

「これは今まで仕えてくれたせめてもの礼です。」

稲に、そういわれて涙を流すおこうさん、こちらも胸が熱くなりました。

登場した当初はお笑い要員というか、病弱でこの先どうなるのか、もしかして死んでしまうのかと心配していましたが、今や真田家になくてはならない存在です^^

すえも嫁に行くことに。

幸村と梅の間に生まれ、梅の兄・作兵衛に育てられ、その乳を吸って(笑)育った梅も嫁に行く年に。すえの夫になる石合十蔵と、すえを案じる幸村とやりとりをした書状が現在も残っているそうです。石合十蔵を演じた俳優さんのとっても個性的な風貌が印象的。加藤諒さんと言うらしい。観たことあるなと思ったらとと姉ちゃんの玉置三兄弟の一人だわ。

全力押し通りの術

服部半蔵の必殺技(; ̄Д ̄)

観てる私も何が起こったかと、あっけにとられました。

私も戦います。 

いよいよ戦が始まり、危なくなってきたら皆は安全な場所に逃がすという幸村に対して、春は「私も戦います。」と、迷いもなく言うのが印象的。かわいらしいのに、勇ましくてヾ(=^▽^=)ノ

その春の言葉に強く「それはダメだ。」という幸村の言葉も印象的でした。あんな強い言い方、あんまりしたことないから。

幸村はこの戦いが厳しいものになることは最初からわかってて、色々覚悟してたのかなって思いました…。

今後はアクの強そうな浪人たちとのやりとりや、大野治長のいや~な感じがどう幸村に影響してくるのか楽しみです。

つい最近、真田丸跡地や大阪城を見学してきたばかりなので、なんだか余計に思い入れが深くなりました。

大阪の陣とそこに至るまでの様子が詳しく書かれた司馬遼太郎の『城塞』。『真田丸』が大河ドラマに決まって、予習として読みました。

片桐且元が城を追われるあたりのこともドラマとは違いますけれども、描かれています。大野治長の小物ぶりも(苦笑)

▽個性豊かな牢人たちのことをもっと詳しく知るのにも役立ちます。

城塞 (上巻) (新潮文庫)

観たことないけれど、雁金踊り脱出シーンに似てるらしいから、ちょっと気になる。

サウンド・オブ・ミュージック 製作50周年記念版 DVD(2枚組)

次の記事>>『真田丸』第42話「味方」/大阪城五人衆誕生!

関連記事

コメントを残す