すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『サラエボの花』母娘、真実を生きて行く。

【スポンサーリンク】

 

本日の映画は『サラエボの花』

 

ボスニア紛争によって人生を大きく変えられてしまった女性が、心に傷を負いながらも娘に母としての愛を注ぐ姿が描かれます。

 

辛い内容だね。

 

母の強さ、深い愛情が胸に染みいる映画ですが、現実に起こったことの残酷さに胸を切り裂かれるような作品です・・・。

  

『サラエボの花』

 基本情報

監督:ヤスミラ・シュバニッチ

出演:ミリャナ・カラノヴィッチ/ルナ・ミヨヴィッチ

製作:2006年/ボスニア・ヘルツェゴビナ/オーストリア/ドイツ/クロアチア

 

2006年ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品。

この作品を作り上げたのは32歳の女性監督。彼女もまた、紛争を生きた一人なのだそうです。

 

以下は結末に言及しています。

 

感想(ネタバレあり) 

 

ボスニア紛争の悲劇


ボスニア紛争の際、医学生だったエスマは収容所に入れられ、繰り返し性的暴行を受け続ける日々のなかで、妊娠をしてしまう。


やがて紛争は終わり、エスマは貧しい生活の中で生まれた娘サラを必死に育てていた。

 

ボスニア紛争とは…。

ユーゴスラビアから独立したボスニア・ヘルツェコビナで起こり、1992年から1995年まで続いた紛争です。

 


紛争があったのは知っている。しかしエスマのように収容所で組織的に性的暴行をされた女性たちがいたことを今回初めて知りました。民族浄化の手段のひとつで、女性たちを妊娠させて、産むしかない状態になってから解放するんだとか。


想像を絶する地獄。あまりのおぞましさに言葉もなかった。

紛争の生々しいシーンは出てこないのですが、しかし戦争の悲惨さは十分に伝わってきます。元医学生で、おそらく優秀だったであろうエスマがナイトクラブのウェイトレスや裁縫仕事の掛け持ちで働きづめで、日々と何とか暮している姿は胸が痛みます。

 

もしも戦争さえなければ…、今頃は医師として活躍していたかもしれません。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

 

母娘、真実を生きていく。

 画像1http://eiga.com/movie/53096/

 

エスマ以外にも同じような境遇にある女性たちは多い。

被害者の集団セラピーのような場で、苦しみを語るたくさんの女性たちが出てくるシーンがあります。紛争が終わっても、彼女たちは苦しみ続けているのです

エスマは混雑した路線バスで男性の体が押し付けられるとバスには乗っていられない。
ナイトクラブで女性の胸に触る兵士の姿におびえ、ロッカーに駆け込み安定剤を飲まなけばならない。彼女の傷は紛争が終わっても、全然癒えてないのです。

娘のサラには父親はシャヒード(殉教者)だと伝えてある。

12歳のサラには真実はとても言えるものではない。

 

会ったこともない父親の話を聞きたがり、父と髪の毛の色が自分と同じだと聞いて、嬉しそうな表情を浮かべるサラを、エスマはむりやり貼り付けたこわばった笑顔で見つめるしかない。



やがて、サラが本当のことを知るときがくる。

いつか伝えなければならないとしても、それはもっと別の機会に別の伝え方をするはずだったに違いない。

 

しかし、反抗期の難しい年頃のサラにとっては、はっきりしない母親は苛立ちをぶつける対象となり、思いもかけない手段でエスマを問い質してきた。動揺したエスマは、感情的に真実を告げてしまうのだ。

 

まだ小学生の少女には、どれほど過酷な真実だっただろう?

それでもサラはその真実を受け止めるのだ。たった12歳の少女が。

 

サラに打ち明けたことで、エスマの中でも何かが変わったようだった。

セラピーに通いながらも、自分の話をすることを頑なに拒んでしたエスマが、ようやく重い口を開き、自分の話をし始める。

 

生まれてきてほしくないと思った娘、見るのも辛かった娘を、愛しいと感じた瞬間。

尊い母の愛情が溢れだした瞬間のことを…。

 

もしも自分がエスマの立場だったら、生まれてきた娘を愛することができるのだろうか。考えても、私には愛せる自信がありません。育ててゆく強さを持てるかどうかもわかりません。エスマとサラの絆には深い深い感動を覚えます。

 

母娘に少しでも平穏な日々が訪れますように、願わずにはいられない。

 

by カエレバ

 

以上、『サラエボの花』の感想でした♪

 

 ボスニア紛争を描いた作品はほかにも多数あります。