真田丸

『真田丸』第43話「軍議」/牢人たちが大阪城に来た理由が語られ、大野治長の意外な大活躍も見られた大荒れの軍議の結果を、茶々が一言でひっくり返す。

更新日:

記事上アドセンス

大阪城に続々と集結する牢人たち。

荒れ放題の軍議を経て、なんとか五人衆が誕生したものの、まだまだ一つにまとまらない。そして牢人たちに主導権を握らせまいとする豊臣方との主導権争いに巻き込まれてゆく。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

『真田丸』第43話感想

兄の想い。

冒頭から兄・信之の弟への想いにじーんとしてやられました…。

信之は姉・松に使いを頼む。理由はただ一つ。

「源次郎の好きにさせてやりたい。」

最初は姉に幸村を止めに行かせるのかと思った。前回で知っていれば自分が行ったのに、というのも、自ら止めに行きたいからかと思った。でも違っていた。

敵陣で真田の旗を見れば、幸村の目が曇り、決意が鈍る。九度山で14年も耐えて、この機会を待ち続けた弟に、思う存分好きにさせてやりたい。

そんな思いから、くれぐれも真田は戦に出ないように。忠義を示すために一番前に陣取ったりしないように、と、三十郎たちにそう伝えるように松に頼んだのです。

そうだよね、昌幸が九度山でどれほど無念な思いをして死んでいったか。

悔しいのは信之も同じ。立場上、自分は徳川方につくしかないけれど、気持ちは信之も弟と同じなんだなぁ。

弟を思う、兄の深い想いに胸が熱くなりました(T_T)

そして、そこには父への想いも含まれている。

 

片桐且元は…。

徳川方との内通を疑われ、大阪城を追われた且元が久しぶりに登場。

二条城の家康の元を訪ねてきたのです。

「私の力不足で、このようなありさまとなってしまい、己のふがいなさを責めるばかり。」

自分がいたらなかったせいで、このような事態になってしまった、と家康に詫びる。

観ていて辛くなるほど、顔に生命力がなくて痛々しい且元。

笑うととっても可愛らしいおじさんだったのに…。

老いて衰えを見せることも増えた家康だが、やはりさすが、というか。見事なまでの老獪さを発揮。

且元を持ち上げて、家臣に召し抱えたと思ったら、次の瞬間には聞きにくい質問をずばりと…。

「牢人はどのくらいいるのか。兵糧はどのくらいあるのか。大阪城はどのくらいもつのか。」

次々に、質問を投げかける。にこにこしていても、質問を始めた瞬間に笑いが消え、怖いほどの表情だった。

しかし、答えられない且元を見て、あえて無理強いはない。

且元の忠義の厚さやよく知っているから、素直にすぐ答えるとは思っていなかったのだろう。

且元は苦しそうに、絞り出すように質問への答えを口にする。

まさか、という表情を見せる本多正純。「しめた。」という顔をする家康。

且元は長年大阪城の中枢にいた。有用な情報はたくさん持っているはず。味方に引き込めることができれば、役に立つ人間だ。

やはり天下を取る人は人を操るのがうまいんだなぁ、と思いました。あれこれ策略を巡らして、且元を大阪城から追われなければならないように仕向けたのは自分なのに、その自分側に引き込んでしまうんだもんなぁ。

すっかりおじいちゃんになってしまった家康の、目の輝きに少々ぞっとしたのでありました。そして苦しそうな且元の顔を見るのは本当に忍びなかった…。

武器庫にて

懐かしい場所が出てきました。

幸村が大阪城に来たばかりのころ、茶々と幸村が二人っきりになった武器庫。ここで二人っきりになったことを秀吉に知られて、清正に亡き者にされそうになったんだったかな。

その場所で再び、二人きりになった幸村と茶々。

「勝てますか?」と問う茶々に対し、幸村は「私はそのために来ました。」と力強く断言し、籠城ではなく、外に討って出るという策を考えていることを茶々に告げる。

「秀頼殿が危ない目に合うことはありませんか?」と不安そうな表情を見せる茶々でした。

「ずっと待っていました。私が愛した人たちはみんな、この世に未練を残して死んでしにました。」

「父上も、母上も、兄上も、柴田の父も、捨も。」

「太閤殿下は?」という幸村に対し、「私が愛した人たち、と言いました。」と茶々。

えぇ?太閤殿下、愛した人に入らないんだ(((( ;゚д゚)))

って、女の怖い部分を見てしまった気がして、ぞっとしました…。

「私はどうなってもかまいません。秀頼を死なせないで。」

幸村の背中をそっと抱きしめる茶々でした。

軍議にて。

5人衆と豊臣家の首脳陣との軍議。

「あの者たちの好きにさせてはなりません。持ち上げるのはかまいませんが、舵を取るのはわれら。」

大野治長らは大蔵卿局や有楽斎に、くれぐれも牢人たちに主導権を握らせないように事前に強く釘を刺されている。

大野らは籠城策を取ることを主張し、5人衆のうち4人はこれに同意する。そんな中、幸村だけは「不承知」

積極的に打って出る策を提案しようとします。

「籠城は敵が来るまで、時を稼ぐためのもの。此度の戦、援軍は来ません。」

しかし、ほとんど聞いてもらえません…。

「大阪城は難攻不落の城」であり、この城さえあれば勝てると、思っている。

こもっているうちに家康が死にかもしれぬとも。

あくまでも「籠城」が既定路線…。

「はったりは真田の家風。」というわけで、「だったら九度山に帰る!」と一度ははったりをかまして、軍議を退出してきた幸村だが、読み通り木村重成が迎えに来る。

兵の数が倍以上の徳川勢を相手に討って出ても勝てるはずがない。であれば、定石通り籠城を取るべきだと考える木村重成に対し、幸村は言う。

「定石は敵も知っている。だからこそ裏をかく意味がある。」

その言葉にはっとした表情を見せる重成でした。

そして再び軍議。

幸村は見事な策を披露。

それは父・昌幸が考え抜いた策を、今の情勢に合わせて修正を加えたもの。

「まず京に攻め入り、伏見城を押さえ、そこを出城に二条城を襲い、秀忠が到着する前に家康の首を取る。」

「別の軍勢に大津を押さえさせ、瀬田と宇治川の橋を落として、徳川本軍の行く手をふさぐ。」

「ここまで来れば徳川方から寝返る者も出てくる。」

「伊達や上杉と示し合わせて、秀忠を背後から襲う。」

「負ける気がいたしません。」

一同、感心するような表情を見せますが…。

又兵衛は「話が大きすぎてついてゆけない。」と反対(汗)

毛利勝永だけが「話が大きすぎるが、俺はそこが気に入った。」と賛成してくれる。

長宗我部と明石は、なぜか不承知…。しかも「言わされている。」感が大いにあり。

結局、裁定は持ち越しで、しばし休憩に入る。

そこで幸村は5人衆たちと一人ずつ話をしてゆく。

彼らは一体なぜ、大阪城にやって来たのか?

毛利勝永は、

「己を試すために来た。」という。

この戦で、自分の力がどのくらいのものなのかを試して、存分に戦いたいのだという。

だから、「京に攻め込む役目、おれにやらせろ。家康の首は俺が取る。」と。

そして、明石、長宗我部の二人は、事前に真田の策に賛成せずに、籠城策に賛成するように大野治長に言い含められていました。

そこにはそれぞれの想いがありました。

明石は、大阪に来たのは「キリシタンの布教のため。」だという。

徳川家康は禁教令を出し、キリシタンの布教を禁じたが、大野はキリシタンの布教ができるように便宜をはかってくれるという。

長宗我部が、大阪に来たのは「長宗我部家の再興。」

家臣たちのためにも何としてもお家を再興したいという長宗我部の願いを、大野が叶えてくれると言う。

しかし、幸村は言う。

「大事なのは豊臣が負けてしまえば、その望みは潰える。まずこの戦に勝つこと。籠城ではそれはかないません。この世に決して落ちぬ城はありません。」

そして再開した軍議にて。

あくまでも大阪城にこもって戦うべきだと主張する木村重成に対し、幸村はなぜ討って出るべきかを再び語る。ちなみに重成は事前に、またも大蔵卿局に強く釘を刺されています…。

「この大阪城は最強の砦であると同時に、最後の砦です。この城が落ちる時は豊臣が滅亡するとき。籠城は最後の策にとっておき、まずは討って出るべき。定石通りに考えていれば、戦には勝てませぬ。」

「今の言葉、腑に落ちました。」

幸村の言葉に、木村は「籠城」を撤回し、真田の策に賛成に回る。

残る反対は後藤又兵衛だけ…。

「なぜ大阪城に来たのか。」という問いに答えない又兵衛に、幸村は「わかるような気がする。」という。

後藤又兵衛は死に場所を求めて大阪城に来たではないか。

黒田長政の元を出奔した後、長政が手を回したため、仕官が叶わなかった又兵衛は、武士らしく生きられぬのなら、武士らしく死ぬしかないと思ったのではないか、と。

それはまさに又兵衛の想いそのものでした。

又兵衛は、この戦が勝てるとは考えていなかったのです。

「天下の後藤又兵衛だ。天下一の城を枕に討死するしかねえ。俺の死に場所はここしかねえ。」

又兵衛はそう言い切る。日本中を敵に回して勝てるはずもない、と。

しかし、幸村は改めてこの戦に勝つつもりであることを強い言葉で述べる。

「我らは別々の想いを持ってここにやってきた。しかし一つだけ通じるものがある。みな、それぞれ望みを持っております。生きる望みを。」

「だからこそ、我らは強い。負ける気がしないのです。我らは決して負けない。」

そして又兵衛に向って、きっぱりと告げる。

「ここに死に場所はない。死にたいなら徳川へつくべきだ。」

幸村の言葉に、又兵衛もようやく翻意して、籠城策を撤回するのでありました。

軍議がまとまりそうになった時、それを潰そうとしたのは、それまでにこやかに話を聞き、ちょいちょい牢人たちを持ち上げる発言を繰り返していた織田有楽斎でした。

「所詮、金で雇われた牢人たちは、身の程をわきまえよ。」

「われらの指図に従っておればよい。」

にこやかな笑みは顔から一切消え、冷え冷えとした声で言い放つ。

なんなの!腹立つ!(#`皿´) ムキーーーー!

と、思ったら、その有楽斎をたしなめて、止めたのは大野治長でした。

「ここにいるのは豊臣を守るために集った者たちでございます。われらにとってはあくまでも客人。非礼は許されません。決めるのは右大臣秀頼公でございます!あなたではござらん!」

そして、有無を言わせず、秀頼に向き直り、

「殿、ご裁断を。」

勝手に小物とか、思っててごめん。

あれこれ、裏で画策してイヤなヤツ!と思っててごめん。

人相もイマイチだし、絶対に悪役キャラだと思ってて本当にごめん!

って、心の底から大野治長に謝りたくなりました(*´∇`*)

なんだ、こんなにいい人だったのか。ここぞ、という時に決めてくれました。

石田三成や大谷刑部らと比べると、能力不足は否めませんが、それでも命がけで豊臣のために戦おうとしてくれている牢人たちに敬意を持ってくれていました。

母親の大蔵卿局と、同じ、というわけではなかったらしい。

秀頼の意志そっちのけで、籠城策で押し切ろうとした有楽斎を止めたのは、そういう敬意が足りないことが許せなかったことはもちろんのこと、何より、秀頼の意志で決めるべき、秀頼こそが大事だっていう意識が強かったからなんだろうなぁ、と。

優柔不断で、やたらと一時預かろうとするところもありますが、そんなに悪い人じゃないみたい。今日で一気に好きになりましたよ。大野治長のことが(笑)

「籠城はせぬ。打って出よう。」

その秀頼の一言で、すべては決まった。

軍議のあと、夕焼けの空を5人で眺めるシーン。

まるで青春ドラマのようでした。バラバラだった5人衆がようやくまとまりつつある感じ。

それぞれ大阪城に来た目的は違うけれども、目指すところは「徳川を倒す。」という、ただそれだけ。

全員が大阪城に来た目的を答えたのに、幸村はまだ答えていない。

そこで毛利勝永が幸村に問います。

「お前はなぜ、大阪城に来たんだ?」

「自分でもわかりませぬ。」

そう答えた幸村ですが、それでもなんだか口元がほころんで楽しそうに私には見えました。

軍議の後で。

「籠城はせぬ。打って出よう。」

その秀頼の一言で、すべては決まった、かのように思ったのですが…。

残念!

茶々の言葉ですべてがひっくり返ってしまいました…。

あぁ。現場の部下たちが必死に考えて、ひねり出して、まとめあげたプランを容赦なくひねりつぶすトップ…。

現代にも通じるものがあるなぁ…。うへえ、辛い。・゚・(ノД`)

茶々は誰も信じられないんだね。

明日、京に攻め込み、二条城の家康の首を取ろうという時に、その任を負った毛利を信用できない、と。

「牢人たちは皆、真田以外は信用できません。城の中において、目を光らせなければ何をしでかすかわかったものではありません。」

「籠城です。」

茶々にそう言われてしまえば、秀頼にはどうすることもできませんでした。

秀頼もやっぱりお母さんには弱いんだなぁ…。

茶々は秀頼が心配で、心配たまらなくて、それゆえの行動で一切の悪気はないんだけど、その茶々自身の行動が豊臣を滅亡に追い込んでいるのが、怖い…。

練り上げた策を簡単にひっくり返しておいて、なお幸村に無邪気な笑顔が向けられることが怖い…。

その後ろを歩く、大蔵卿局の偉そうな顔には腹立ちました(゚皿゚メ)

もしも、実際に今回真田が講じたような策を取れていれば、豊臣が勝てたのではないか、と言われているそうです。

しかし、考え抜いた策が却下されることになっても幸村は諦めない。また新たに策を講じようとするのでした。

来週はいよいよ、真田丸が登場するみたいヾ(=^▽^=)ノ

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

まとめ&その他、気になったことなど

・大阪城は伏魔殿

大阪城はかなりな伏魔殿でブラックボックスのようでしたね。

且元のような真の忠義者を追放して、相手側に寝返らせてしまったり、良策をないがしろにして愚策を選んでしまう、というグダグダなのが、滅亡のフラグが立ちまくりって感じ…。

・大助のきらきらした瞳。

戦の策をあれこれ講じている父・幸村を見るきらきらした眼差しが印象的でした。

・やっぱりお花が好き。

長宗我部さんはやはり花を愛でる優しい心の持ち主らしい。今週もお花を触ってましたね^^

・私が愛した人たちはみな、未練を残して死んでしまった。

ここに太閤殿下は入ってないのが、けっこうな衝撃だった。茶々の闇を改めて見せつけられた気がしました。かなり闇が深くて、本当に悲しい人だなって思いました…。

 ・木村重成

今回、大野と並んで印象的だった木村重成。疑問に感じたことを的確な言葉で、幸村に問いかけ、その答えに納得がいけば、潔くその旨を述べる誠実な姿が好感度大でした。

随分かっこいい人だなぁと思って、しみじみと見ていたのですが、実際の木村重成もかなりなイケメンだったらしいです。

演じているのは白石隼也さん。ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの準グランプリを取ったこともあるそうな。なるほど、確かにジュノンっぽい甘いイケメン。仮面ライダーウィザードでは主役を演じたそうです。


真田丸(完結編) [ 三谷幸喜 ]


るるぶ真田丸

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-真田丸

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.