すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『ゾンビ・リミット』/愛する人のためならば・・・。

【スポンサーリンク】


ゾンビ・リミット [ エミリー・ハンプシャー ]

 

ゾンビが好きです。

中学生の頃に見た巨匠ロメロの『ゾンビ』が衝撃的だった。最近はゾンビものにも様々なバリエーションが出てきて、いろんなゾンビを楽しんでいます。

 

この作品もちょっと変わり種のゾンビもので、激しいバトルが繰り広げられる作品ではなく、ヒューマン・ドラマに近いです。グロいシーンも少なめ。

 

ゆえに、パッケージは詐欺のような気もいたします。このパッケージだと、どうみてもお姉さんがゾンビの群れと戦うお話のように見えるんですけど…。

 

『ゾンビ・リミット』 

 

基本情報

 

監督:マヌエル・カルバージョ

出演:エミリー・ハンプシャー/クリス・ホールデン

製作:2013年/スペイン・カナダ

 

 

ざっとあらすじなど。

 

ウィルス感染すると狂暴化して人々に襲い掛かるという病が発生し、多くの感染者を出したが、人類はその英知で以て治療薬を開発することに成功した。感染からごく初期段階でワクチンを接種でき、かつ運のよかった者のみが病から生きのびることができた。

 

しかし完治はせず、体内からウィルスが消えることはない。病から復活した人々は「リターンド」と呼ばれ、彼らはウィルスの増殖を抑えるために、ワクチンを打ち続ける必要があった。

 

ワクチンの材料はリターンドの死体。

 

感染者が出なければ、ワクチンは作れない。感染を封じ込めに成功している段階においては、ワクチンを製造することができないというジレンマに陥り、ワクチンの在庫が尽きる日も近づいていた。

 

ワクチンがなければ、一日でリターンドたちはゾンビ化してしまう…。

 

画像4http://eiga.com/movie/80347/

 

ヒロイン・ケイトはリターンドの治療と研究に尽力する医師。そしてその恋人アレックスはリターンド。ケイトはアレックスのために、こっそり病院関係者から金でワクチンを横流ししてもらい、在庫が尽きる日にそなえてストックしていた…。

 

しかし、そのワクチンを巡って、思わぬ争いが起こる…。

 

以下はネタバレをしています。

 

【スポンサーリンク】
 

対立する感染者=リターンドと非感染者

 

リターンドはワクチンを注射し続ける限りゾンビ化はしない。しかし、その血にはウィルスが含まれ、何かのきっかけで感染源となりえます。

 

それゆえリターンドたちを隔離せよと主張する者がおり、さらに過激な一派は始末せよと主張して、その対立は深刻。ワクチン研究や治療には多額なお金がかかる。果たしてそこまで金を費やす必要があるのか?と、主張する者も。

 

ワクチンの在庫が尽きるかもしれない。

そういう噂が流れ始めると、対立はますます激化。病院前では連日デモが繰り広げられ、リターンドたちが襲撃を受ける、といった事態に…。

 

ついには病院が襲撃され、子供を含めた患者全員が始末されるという悲劇まで起こります。

 

難しい事態だと思うのです。

 

確かに怖い。

リターンドがけがをして、血を流したら。それに触れてしまったら。何かしらの理由で注射をしそびれたら。もうアウトです。

 

厚生省はリターンドであることの証明書を持たせ、彼らを管理してるけれども、やはり「事故」はたびたび起き、犠牲者は出ている。ホームレスの感染者は野放しだし、自ら治療を放棄する者もいる…。

 画像2http://eiga.com/movie/80347/gallery/3/

 

愛する人だったら、リターンドになっても生きていてほしい。

しかし、そうでない他人がリターンドだったら…できればあまり関わり合いになりたくない…。そう思ってしまうのが人情かと…。

 

私もそう。よほど近しい身内や友人でない限り、近寄りたくないって思ってしまう。

だからこそ、リターンドたちは自分がそうであることを隠し、ひっそりと生きています。

 

この物語は、ゾンビとのバトルではなく、愛する人を救うために、他人を犠牲にしようとする人間の業の深さ、残酷さみたいなものを描いていく。

 

裏切はすぐそこにあった。

 

アレックスは、親友夫妻のジェイコブとアンバーに自分がリターンドであることを打ち明ける。拒否されることも覚悟してのことだったけれども夫妻は、変わらずアレックスを受け入れてくれる。

 

過激派にリターンドたちの名簿が奪われ、次々にリターンドたちが襲われる緊迫した状況の中、ジェイコブとアンバーは自分たちの別荘にケイト&アレックスを匿ってさえ、くれる。

 

しかし、実はこの親友夫婦こそが、身近にいた裏切り者だった。

 

病院関係者から薬が大量に入手できたという連絡が入り、薬を受け取るためにケイトが訪ねると…。そこには死体となった病院関係者…。

そして、死体の手には見覚えのあるネイルの施された爪が残されていた。それはアンバーの爪。

 

事態に気付いたケイトがアレックスに電話すると、ジェイコブたちは別荘から消え、ワクチンも1本だけ残して、すべて消えていた。

 

アンバーはリターンドだった。

 

「自分のためにならしなかった。妻のためだ。」

 

ジェイコブはアレックスにそう言って泣きながら謝罪する。

 

そう、大切な誰かのためなら…。

 

自分のことなら諦められてもする人のためならば…っていう人は多いんじゃないかな。自分なら覚悟を決められても大切な人を失うのはいや…。残されるのはいや…。

 

ゾンビ化した愛する人にトドメを刺すなんて、辛すぎる…。

 

大切な人の死を覚悟したうえで、なお倫理的に正しくあれる人は、きっと少数派なんだと思う。私だって、その状況で正しい行動を取れる自信はない。愛する家族のためなら、誰かのワクチンを奪ってしまうかもしれない。

 

ケイトたちだってそう。横流ししてもらっていた薬は、誰かの明日につながるもの。誰かの未来を奪っているのと同じことだ。

 

希望を打ち砕かれて。

 

この映画のさらに残酷なところは、この後に一度希望を与えておいて、それを叩き潰すところ…。

 

勤めていた病院の院長に頼み込んで、ワクチンを入手したケイトだけれども、そのワクチンはリターンドの子を持つ親に奪われそうになり、争っているうちにすべて割れてしまう、という…。もうケイトに残された手段はない。

 

ホームセンターで鎖や首輪を買うアレックス。

それはたとえ自分がゾンビ化しても、誰かを傷つけないために、己を捕縛するために使うもの。自らを壁に縛り付けるアレックス。

 

f:id:sakuraho:20170328175251j:plain

The Returned (2013) - Photo Gallery - IMDb

 

刻一刻とアレックスがゾンビ化するときが近づいてくる。

ケイトはそんな彼に寄り添い、そして「リミット」が訪れた時に銃でアレックスを撃ってすべてを終わらせる。

 

アレックスを失い、呆然と外に出るとそこでは花火が上がっており、連絡が取れないケイトを心配して訪ねてきた院長から衝撃的な知らせがもたらされる。

 

数時間前にワクチンが完成し、すでに配布が始まっているのだと言う。

 

知っていればアレックスを救えたのに。

そうとは知らずにアレックスを殺してしまった。

 

後悔してもしきれない。

変えようのない残酷な現実を突き付けられ、ケイトは泣き崩れるしかなかった。

 

この結末。

有名な「あの映画」と同じなんですけど、それでもケイトの慟哭が胸に迫った。この救いようのなさ、とても好き。

 

一方「あの二人も間に合ったわ。」なんて、すっかり他人事のジェイコブとアンバー。

 

間に合ってない!全然間に合ってませんからゴ━━━(#゚Д゚)=○)`Д)、;'.・━━━ルァ!!

 

ワクチンがあと1本あれば…。

もしもケイトと院長が連絡取れてれば。

 

悲劇か、そうでないかの違いはいつもほんの些細なことだったりする。

そんな絶望と無常観がとても好きでした。

 

数か月の時間が流れ、おなかにアレックスの子を宿したケイトが、ジェイコブ&アンバーの写真を前に何やら企んでいるらしい、笑みを見せて終わり。

 

まとめ

 

感染者と非感染者の対立は、極端とはいえ現代社会にも似た構図はありうることで。

人間は人権を保障され、自由であるべきだけれども、そうすることで「リスク」が発生することもある。

 

リスクを恐れる人々は「管理せよ!」「排除せよ!」と主張するけれど、そうしてしまうと、やがてがんじがらめに管理&監視されてしまう世の中になってしまうリスクになる。そのほどよいバランスを見つけ、保つことはとても難しいものだと思う。

 

ラストのケイトのたくらみ顔。

新しい命のために、そんなことは考えないで(T_T)

と、言いたいところなのですが…。

 

両親が感染し目の前で死んでしまった過去を持ち、それゆえにリターンド研究と治療に尽力してきたケイト。襲撃者に臆することなく「ゾンビではない。リターンド。」だと訂正する強い信念の持ち主。

 

そんな彼女を大きく変えてしまうほど、アレックスの死とジェイコブたちの裏切は悲劇だったということ。草の根分けてでも探し出して復讐してやりたくなるケイトの気持ちもわかるので、なんともやりきれない。

 

ゾンビがわらわら出てきて、がんがんやっつけまくるバトルものも好きですが、たまにはこういう切ない系のゾンビものもいいかも(・∀・)

 

以上『ゾンビ・リミット』の感想でした。

 

以下、少々変わり種のゾンビ映画のご紹介です。

 

 本作。切ないヒューマンドラマ系ゾンビ映画


ゾンビ・リミット(字幕版)

 

人間とゾンビの障害のある恋。ラブストーリー系ゾンビ映画


ウォーム・ボディーズ [DVD]

 

女の子の変身物語系ゾンビ映画。

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間(字幕版)

 

巨匠ロメロの傑作ゾンビ。


ゾンビ ディレクターズ・カット版 (字幕版)