ヒューマン・ドラマ 映画

『大統領の料理人』/フランスの家庭料理がとってもおいしそう。

更新日:

記事上アドセンス

実在したフランス・ミッテラン大統領の女性料理人をモデルにした作品。

男社会で一人孤軍奮闘する女性シェフ、古めかしい習慣、嫉妬から向けられる嫌がらせ。困難に負けずに踏ん張って頑張る女性の姿に勇気を貰えるような映画です。

劇中で登場する料理もとってもおいしそう^^

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

『大統領の料理人』

 基本情報

監督:クリスチャン・ヴァンサン

出演:カトリーヌ・フロ

製作:2012年/フランス

ミッテラン大統領の元で、史上初めて女性で大統領の料理人となったシェフ、ダニエル・デルプシュをモデルにした物語。

主演のカトリーヌ・フロは『偉大なるマルグリット』で実在した音痴の歌姫フローレンス・ジェンキンスをモデルにした女性マルグリットを熱演。

なぜ彼女は超絶オンチなのに歌い続けたのか?そこには理由がありました。

▼詳細な感想はこちら。

『偉大なるマルグリット』/彼女はなぜ歌うのか?

あらすじ

ある日突然、大統領の料理人に抜擢されたオルタンスが、男社会のエリゼ宮(大統領官邸)で嫉妬や嫌がらせを受けながらも、自分を貫き、大統領の信頼を得てゆく。

感想(ネタバレあり)

物語は南極基地で料理人をしている現在と、大統領の料理人であった過去が交互に描かれていきます。

なので、「え?南極?大統領はどこにいるの?」って最初は思いましたが、観てるとちゃんと大統領も出てきました(笑)

映画はすでに大統領の料理人を辞めちゃってるところから始まるんです。

あー、なんだもう辞めてるのか~なんて、ちょっと寂しい気持ちに最初からなりましたが、なぜ彼女は大統領の料理人を辞めたのか?その理由も明らかにされていきます。

出てくる料理が本当に美味しそうで、観てるだけで幸せな気分になれる映画でもあります。

オルタンスが作るのはフランスの素朴な家庭料理ではありますが、とっても手が込んでいるので家庭で作るのは大変かもしれませんね…。私には無理っぽい。

オルタンスの料理への情熱と妥協しない姿勢がすごい。

いつもまっすぐに背筋を伸ばしている姿がかっこいい。男性シェフからの嫉妬ややっかみにも負けず、自分の料理に対する信念を貫こうとする姿は痛快であり、元気を与えてくれます。

やがて大統領からも信頼を得て、厨房で力強い味方もでき、思う存分に妥協なしの料理をにふるまう日々は料理人としては最高に充実した日々だったことでしょう。

しかし、大統領の健康上の理由からの食事制限や経費削減の影響で、オルタンスは思う存分に料理を作ることができなくなってしまう。

そしていつのまにか身体も限界に来ていた。

なんとオルタンスは疲労骨折してしまうのですよ。来る日も来る日も全力で厨房に立ちづづけていたために。

私も毎日、キッチンには立ってますが、骨折なんてとんでもございません!

全身全霊で料理を作り続けていたんだなぁ…。そりゃ、おいしいはずだわ。

大統領の料理人は辞することになりましたが、オルタンスは新しい夢を追います。

気難しいように見えるオルタンスは南極でも料理を通じて、多くの人々に信頼され、愛される人になっていました。

晴れやかな表情で南極での最期の日を迎えたオルタンスは、まだまだ夢を追い続けるのでした。

後味もよく、時間も短め。

可愛らしくて軽快で、観ていて気分のよくなる作品でした。

▼作ってみたくなるかも?(笑)


いちばんやさしいフランス料理 [ 音羽和紀 ]

by カエレバ

以上、『大統領の料理人』の感想でした♪

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-ヒューマン・ドラマ, 映画

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.