映画 鑑賞映画のまとめ

2016年8月に観た映画 まとめ

更新日:

記事上アドセンス

ものすごく今さらなのですが、8月のまとめがアップされてませんでした。

下書きに残ったまんま…。せっかく書いたのでいまさらですが、UPします。

計20本。うち劇場鑑賞4本でした。

以下、いつものようにちょっとネタバレあります。

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(劇場鑑賞)

赤狩りでハリウッドを追われた脚本家ダルトン・トランボの不屈の人生を描いた作品。

『ブレイキングバッド』のブライアン・クランストン主演で、クランストンは本作で2016年度アカデミー主演男優賞にノミネートされました。

ハリウッドを追われたトランボが偽名で書いた作品がなんと、あの『ローマの休日』だったのです。この映画でオードリー・ヘップバーンが大スターとなり、アカデミー賞まで受賞しました。「ローマの休日」は大好きなのですが、その裏側にこんなことがあったなんて…。知った時は本当に驚きました。

もうちょっとクセの強い映画を想像していましたが、意外にそうでもなく、ストレートな家族愛が描かれた作品でした。

トランボの娘を演じたエル・ファニングがかわいすぎる(´∀`*)

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』/名作「ローマの休日」誕生の陰ではこんな出来事が起きていました。

『ブルックリン』(劇場鑑賞)

アイルランドからたった一人でアメリカにやってきた移民の少女エイリシュの成長物語。主演はシアーシャ・ローナン。本作で2016年度アカデミー主演女優賞にノミネートされました。

すがすがしい少女の成長物語。おどおどしていた田舎っぽい女の子が、どんどんあか抜けて綺麗になってゆく。そしてもちろん、恋もあります^^

途中、え~、どうなっちゃうの??っていう展開がありましたが、迷いを吹っ切って顔をあげてまっすぐに前を見たエイリシュの表情、とても素敵でした。

シアーシャ・ローナンもすっかり大人の女性です。

こちらもアイルランドからの移民のお話ですが、とっても過酷な生活が待っていました。

『エヴァの告白』/ただ、生きようとした。それが罪だとしても。

『コードネームU.N.C.L.E.』

ガイ・リッチー監督によるスパイアクション。

私の目当てはヒュー・グラント。ラブコメ以外に出演しているって珍しい気がする。目当てのヒューが中々出てこなくて、待ちくたびれたけど、映画自体はとってもスピード感があって、スタイリッシュで面白かったです。

主演のヘンリー・カヴィルは『マン・オブ・スティール』でスーパーマンを演じていた俳優さん。スーツ姿が素敵すぎてクラクラ来ました。

彼はダニエル・クレイグとともに「007」シリーズのジェームズ・ボンド役の最終候補だったらしいのですが、若すぎるということで落選したらしい。『マン・オブ・スティール』の時は、「えー、この人がボンド??」って思っていたのですが、この作品を観たら似合いそうな気がしてきました。


コードネームU.N.C.L.E.【Blu-ray】 [ ヘンリー・カビル ]

『暴力脱獄』

ポール・ニューマン主演。アメリカン・ニュー・シネマの名作。

『カッコーの巣の上で』に感じた苦手意識と近いものを抱いてしまいました。名作なのはよくわかるのですが、主人公にイマイチ共感できる部分が少ないのです。


暴力脱獄【Blu-ray】 [ ポール・ニューマン ]

『秘密と嘘』

マイク・リー監督のヒューマンドラマ。

養子に出された女性が養母の死をきっかけに、産みの母親に会いにゆく。

とっても素敵な映画で、胸に染みわたるものがありました。おススメです。


秘密と嘘 [ ブレンダ・ブレッシン ]

『栄光への脱出』

ダルトン・トランボ脚本作品。

『トランボ』でオット・プレミンジャーが撮りたがっていた作品です。気になって観てみましたが、時間が3時間越え…。確認してから借りればよかった…。長い映画は苦手です。

しかも内容が、ユダヤ人のイスラエル建国という馴染みのないテーマ。あらすじも確認せずに借りちゃったもんで、後悔しました…。ポール・ニューマンは素敵でした(´∀`*)


栄光への脱出 [ ポール・ニューマン ]

『わらの犬』

サム・ペキンパー監督のバイオレンス映画。

妻の故郷であるイギリスの片田舎に引っ越してきた数学者が、妻の元彼を含む住民たちに執拗な嫌がらせを受け、ブチ切れるというお話。ブチ切れる数学者を演じたのはダスティン・ホフマン。争いごとが嫌いな、インテリ男性のブチ切れ方がすさまじく…。終盤のバイオレンス描写は目を覆いたくなるほどでした。

スーザン・ジョージの色気たっぷりな若妻ぶりも印象的。リメイクもあるらしい。


わらの犬 HDリマスター版【Blu-ray】 [ ダスティン・ホフマン ]

『ワールドウォーZ』

ブラッド・ピット主演のゾンビ映画。

ゾンビ好きなので、何度か繰り返して観ています。とにかくゾンビが走るのが早くてねぇ。私は足が遅いので、絶対に逃げ切れないわ。活躍が期待できそうな登場の仕方をした博士があっさりと死んじゃったのが一番のびっくりポイントでした。


ワールド・ウォーZ 2Dブルーレイ(エクステンデッド・エディション)【Blu-ray】 [ ミレイユ・イーノス ]

『サムライ』

アラン・ドロン主演のハードボイルドサスペンス。

凄腕の割には詰めの甘さが気になってしまう殺し屋をアラン・ドロンが演じています。とにかくアラン・ドロンがイケメンすぎて(´∀`*)


サムライ [Blu-ray]

サムライという名前の香水もあります。


激安72時間タイムセール★アランドロン ALAIN DELON サムライ 100ml EDT SP fs 【nas】【香水】【RCP】

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

『ウォーリアー』

格闘技を通じて、家族の和解と再生を描いた作品。

男って、世界共通でトーナメント戦が好きなんだんぁ…と、妙なところで感心してしまった。天下一武闘会とかさ、なんだか気が付いたらトーナメント始まる少年漫画って多いですよね。それで読むのを止めちゃった漫画もありました。

殴ったり殴られたりを観るのはちょっとしんどいですが、お話はとっても面白い!親子の確執、そして兄弟の確執。複雑にもつれたそれぞれの感情は果たして解きほぐされる日が来るのだろうか?


ウォーリアー【Blu-ray】 [ トム・ハーディ ]

『ボーン・アイデンティティ』

10月の新作公開に備えて復習しました。何回観ても面白い!

『ジェイソン・ボーン』を鑑賞する前にシリーズをおさらいしました。

『ランダム 存在の確率』

彗星が地球に接近するとき、何かが起こります。

「シュレーディンガーの猫」がテーマになったワンアイデア、ワンシチュエーションで展開してゆく不思議なSF作品。ちょっと哲学的で私好みのお話です。きちんと記事にまとめておきたかったのですが、話が複雑すぎて断念しました。


ランダム 存在の確率 [ エミリー・バルドーニ ]

『幸せへのキセキ』

マット・デイモン主演。

妻を失ったシングルファーザーが動物園を買って運営をするっていうお話。素直に観られて素直に感動的ないいお話でした。

スカーレット・ヨハンソンが動物園の飼育員。セクシーすぎて(*´Д`*)


幸せへのキセキ【Blu-ray】 [ マット・デイモン ]

『陰謀のスプレマシー』

ベルギーの美しい風景が印象的なアクション映画。元CIAが娘のために戦います。

 

『ランダム 存在の確率』

もう一回観た。2度見ると、さらに詳しく伏線が追えてよかったです。

『ボーン・スプレマシー』

10月の新作公開に備えて。

『ジェイソン・ボーン』を鑑賞する前にシリーズをおさらいしました。

『猿の惑星』

ラストシーンの衝撃は映画史上に残る名作。今見ると、猿がかなり人間っぽい(笑)

『猿の惑星』(1968年)/猿に支配される世界。

『X-MEN アポカリプス』(劇場鑑賞)

大好きなシリーズを劇場にて鑑賞。

あぁ、こんな風につるつるになったのか!っていうのがわかってよかったです。

『シン・ゴジラ』(劇場鑑賞)

日本のゴジラを見るのは実は初めて。ハリウッド版は2014年製作の作品を観た。

「今さらゴジラ?またやるの?」ってちょっと小ばかにしてたことを謝りたくなったほど面白かったのです。ゴジラは子供向けの映画だという先入観がありましたが、あまりに面白くてびっくりした。

『ピアノ・レッスン』

ピアノでしか自分を表現する術をもたない女性がオーストラリアに嫁いでゆく。

20年ぶりくらいに観たのですが、年齢とともに感覚が変わってゆくことを痛感しました。

昔に観た時は、良さが全然わからなかったのですよ。でも、この年になって改めて観ると、胸に染み入るものがありました。


ピアノ・レッスン DVD HDリマスター版

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-映画, 鑑賞映画のまとめ

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.