すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『真田丸』第46話「砲弾」/出浦殿再登場!徳川方が様々な策を講じて大阪方に揺さぶりをかける。

【スポンサーリンク】

30万もの大軍勢で取り囲まれた大阪城だったが、幸村は真田丸で徳川軍を迎え討ち、知略の限りを尽くして見事な勝利を収めた。

戦いは有利に進むかと思われたが、家康は次々に大阪方に揺さぶりをかけてくる。

 

sakuraho.hatenablog.com

 

 

策を講じる徳川家康。

 

「いたずらに攻めかかるのはもうやめじゃ。真田丸がここにある限り埒が明かん。親子二代でてこずらせてくれるわ。」

 

真田丸での戦いで、大敗したことにいら立つ家康。

親子二代で真田にしてやられたことが悔しくてならない様子。

真田丸がある限り、城をすんなり落とすことは難しい。そこで様々な策を講じて、大阪方に揺さぶりをかけることにする。

 

イギリスから取り寄せている最新の大砲も、あと数日で届く。

 

まずは手始めに30万の軍勢を3つに分け、交代で一晩中鬨の声を上げさせることに。これによっていつ攻めかかってくるのかと大阪方を警戒させ、夜も寝かさないようにしようというのだ。

それだけではない。家康はこれを手始めに、次から次に策をしかけてくる。

  

その頃、大阪方では…。

 「見事であったぞ。」

「ことごとく策が当たりました。」

 

真田丸での大勝利を秀頼から、感謝される幸村。

秀頼はすっかり幸村を信頼し、心から頼りにしている様子。

 

この勢いに乗って、いっそ家康の本陣に攻めかかるというのはどうか?と提案する秀頼。しかし、幸村は今はその時ではないと言う。

 

「策とはただ戦に勝てばよいというものではない。いかに味方の命をそこなぬか。ここは守りに徹するのです。」

 

今はなすべきことはただ城を守りきること。

やがて徳川がまた攻めてくる時がやってくる。その時は再び真田丸で打ち破る。

そうやって時間が経過すれ、敵の中に心変わりするものが出てくる。徳川を見限り、豊臣方につくものが必ず出てくる。攻めに転じるのはそれから。

 

秀頼は幸村の意見に心から納得した様子を見せ、自身の想いを語る。

 

「私は父上が残された城を守り、父上が築かれた安寧の世を守り、いずれ父上を超えたい。 

 

そんな秀頼に幸村は助言をする。

 

「自分の言葉の重みをお知りいただきたい。最後に断を下すのはこの城の主たる殿さまであって御上様ではありません。」

 

その幸村からの助言を、心に強く刻んだ秀頼でした。

 

その時、突如として城の外から徳川の陣から鬨の声が上がります。冒頭で家康が提案した策が実行に移されたのです。

 

一体何が起こったのか、徳川が攻めてくるのか、と城内に緊張が走りましたが、一向に攻めてくる様子はない。ただこちらを驚かしたいだけの様子。

 

「野良犬が吠えているだけだ。」

 

幸村はこんなことでは動じない。

 

塙団右衛門に命じて、皆を落ち着かせ、きりはきりで数々の修羅場を潜り抜けてきたせいか、肝が据わっており、怖がる侍女たちの動揺を抑える。

 

 塙団右衛門の犬の泣きまねからの「徳川め、尻尾を丸めおったわ!」

思わず笑ってしまいました。

明るいムードメーカー。実際の 塙団右衛門もそんな雰囲気の人だったらしく、型破りな 団右衛門は江戸時代の巷談では大変な人気だったらしいです。

 

信之の想い、出浦殿の想い

 

信之の元には平野長泰が訪ねてきていた。

大阪城に兵糧を運び入れるため、これから一緒に大阪へ向かおうというのだ。

 

平野は大阪時代はスルメばかり食べていて、面倒くさいことは他人に押し付ける、ちょっといい加減な男のイメージが強かったのですが、実はこの男の中にも義に熱い部分があったのです。

 

「賤ヶ岳の七本槍なんだよ、俺は。せめて俺くらいは秀頼公のお役に立ちたい。そうでなければ、あまりにも太閤殿下がおかわいそうで。」

 

賤ヶ岳の七本槍の中で、清正はすでに死に、その他の者も誰一人として秀頼の味方に付く者はいなかった。せめて自分だけでも秀頼のために何かをしたい。

 そんな思いが平野を突き動かしていました。

 

しかし、いざ平野とともに大阪に立とうとした信之の前に稲が立ちはだかります。

 

「左衛門佐様を思う気持ちは痛いほどわかりますが、行ってはなりませぬ。あまりにも無茶でございます。」

 

しかし、稲の言葉を聞き入れようとしない信之の前に、さらにあの男が立ちはだかった。

 

出浦昌相。

 真田昌幸に天下を取らせるために、影のように付き従い、汚い仕事も引き受けてきた素破。

 

あぁ、出浦殿(T_T)

 年を取ったし、家康暗殺に失敗した時に負った傷もあり、足元もふらつき、衰えは明白だ。しかし、目の輝きは昔のまんまだ…。もう一度、出浦殿に会えてよかった。もう、出浦殿が出てきた瞬間に泣きそうになりました。 

 

出浦は信之に言う。

 

「大坂に行ってはなりませぬ。」

 

何度も繰り返し、信之に言う。

 

「大坂に行ってはならん。」

「これが徳川に知れたら、真田は終わる。お前の父親が必死に守ってきた真田を滅ぼすつもりか大坂に行ってはならぬ。このわしが行かせぬ。」

 

あぁ、出浦殿はどこまでも昌幸の想いが大事なんだ。昌幸のために、自分の存在する意味があると思っている。だから止める。なんとしても信之を止めるつもりなんだ。

 

「父上も源二郎もさんざん無茶してきたではないか。私も一度くらい…。」と信之。

 

「そなたの父はどんなに無茶をしているようにみえても先を見据えていた。お前がやろうとしていることはそれとは違う。」と出浦殿。

 

ここで、え??ってちょっと思った視聴者も多いはず(笑)

だって、昌幸さんは「大博打の始まりじゃ!」とか「全くわからん」とか言ってましたけど(; ̄Д ̄)

 

まあ、でも出浦殿の言いたいことはわかる。

昌幸の無茶は彼なりの理屈に裏付けられていて、でもその理屈がほとんど無意識下にある場合もあるから、傍目にはカンだけで行き当たりばったり動いているようにも見えるんだけど、それでもやっぱり昌幸の中では、きちんと一貫性を持った行動なんだろう、と。でも今回の信之は完全に、情に流された無茶。

確かに同列には扱えるものではないのかも…。

 

それでも出浦殿の制止を振り切ろうとした信之でしたが、出浦は素破。

素破ならでは飛び道具で力技で動きを封じられてしまいました…。

 

蜘蛛の巣?を一生懸命ほどいているおこうさんと稲の様子がちょっと笑えました。シリアスな展開の中に、こういうコミカルなオチを付けるのが今年の大河らしかったです。

徳川家康の策はまだまだ色々あります。

秀忠はこの状況にじれて、さっさと総攻めして攻め落としてしまえばいいという。

大軍勢で一気に攻めかかれば、真田丸であろうと落とせないはずはないと。

 

しかし、戦はそんなもんじゃない。

 

本多正信は言う。

 

「戦は勝てばいいというものではないのです。いかに兵の命を損なわずに城を落とすか、それが肝要です。」と。幸村と同じようなことを言ってたのが印象的でした。

 

「では父上はどんな手をお使いになろうというのですか?」

「あの手この手じゃ。」

 

やはり秀忠や正純といった2代目よりも、家康や正信の切れ味鋭さは数段上、というか。レベルの違いを感じますね。

で、あの手この手を使って、家康は大阪城を落とそうとさらにさらに策を講じるのですが…。  

 

なんと!ここで叔父上こと真田信尹が登場です^^

 

叔父上は一時期徳川に仕えていました。その後、徳川を離れ、諸国を回っていたのですが、再び徳川の元に戻っていたのです。

「真田には真田を。」

家康は信尹を使って、幸村を調略しようというのでした。

 

久しぶりに登場した信尹は髭や髪には白くなっていましたが、出浦殿と同様にこちらも眼光の鋭さは変わらず。

家康は信尹を使って、幸村を調略しようと言うのですが…。

 

「源二郎は父親に似て、度胸があり、知恵が働き、そして我ら兄弟に似ず、義を重んじる男。寝返ることはまずありません。」と、信尹。

 

しかし、家康はもしも寝返れば10万石もの所領を与えると言う。その言葉に信尹も驚きの表情を見せつつ、家康の書状をもって大阪城に向うわけですが。

 

この叔父上の源二郎の調略シーン。めちゃめちゃカッコよかったのです。

もう調略なんて全然しないのです。

ただ、ほんのちょっと雑談しただけで、帰ると言い、帰り際に寝返った時の褒美について書かれた家康からの書状を手渡す。たった一言、こう言いながら。

 

「読まんでいい。」

 

そして、幸村はその言葉の通り、文を破り捨てる。

書状を読もうが読むまいが、どんな好条件を出そうが、源二郎が寝返ることはない。

それはわかりきったことだったのですね。

 

文を破り捨てた幸村を見て、幸村の肩に手を置いた時の信尹の表情。

 

かつて「叔父上のようになりたい」と言う源二郎に「自分のようにはなるな。」と言ったことがありました。

その言葉の通り、自分のようにはならず、義を貫き、義のために命をかける甥っ子の成長を喜ばしく、誇らしく感じたに違いない。そんな表情でした。

幸村も叔父の想いを感じたようで、ふっと笑う。 

 

信尹は大阪城に入る前に、真田の陣に立ち寄るのですが、そこでの信尹と三十郎&信誠たちとの言葉に出さなくても通じ合っている感もとってもよかったです。

かつて幸村にずっと仕えてきた三十郎も、幸村が決して寝返るような男ではないことを知っている。幸村の義兄である信誠も…。この見えない信頼関係、真田の絆の深さが感じられるよいシーンでした。

 

ただ、信政だけがちょっと空気読めない感じで、ちょっと苦手(;´Д`)

信吉の方は確かに弱弱しい感じもあるけど、理性的で状況はちゃんと見えてる感じがするんだよなぁ。信尹もその辺は感じ取ったようで、ちょっと危ないなって感じたらしい。

 

「調略は不首尾に終わりました。」

 

家康に報告する信尹のしれ~っとした表情。昔と変わらず食えない男です。さすが昌幸の弟ですね^^

 

「さあて、次の一手は。」

 

家康はさらに次の策を講じます。 

和議。

 

で、やはりと言いますか。

疑わしかった有楽斎はやっぱり徳川と通じておりまして、本多正純から大阪方を和睦する方向で取りまとめるように指示されます。

 

「大御所様は和睦を望んでおられる。一日も早く和睦でまとめよ、とのこと。」 

 

で、有楽斎は強引とも言えるほど、強く徳川方と和議を結ぶことを強く主張し始めます。

 

「向こうから請うならまだしも、戦に勝った側から和議を申し出れば家康に足元を見られる。いずれ和議を結ぶ時は来るけれども、今はその時ではない。」

 

という幸村の言葉に、有楽斎は一切耳を貸さない。

 

勝った側だからこそ、有利に和睦の交渉ができるという。

 

それに同調して和議を強く勧める大蔵卿局。

「いずれ我らの味方をするものが出てくるはず。だからもうしばらく様子を見たい。」

と、いったんはそう決めた秀頼だったが、その後も強く強く有楽斎と大蔵卿局から和議を勧められる。

 

「真田を信じてはなりませぬ。」

「口車に乗ってはいけませぬ。」

「われらはすでに勝ったのです。兵の命を無駄にしてはなりませぬ。太閤殿下もそうなされたはず。」

 

秀頼はついに和睦を結ぶことを決断してしまう。

 

それをなんとして止めたい幸村は茶々の元へ向かう。

秀頼を説き伏せて欲しい、と。

 

そこで明らかになるのは意外な茶々の本心でした。

 

「私は秀頼と一緒にいられればそれでいいのです。大阪城を手放してもよい。どこか遠くの小さな国に移って皆で暮らせればそれ以上は望みません。私と秀頼と左衛門佐がおれば。」

 

そう言って、茶々は幸村の手をにぎり、美しく微笑むのでした。

思わずぞっとしてしまうほど、茶々は壊れてました…。 

茶々は、生まれてくる家と時代が違っていれば、平凡な女性としての人生を歩めればきっとそれで十分満たされていたんだろうなぁ…。 

 

そして茶々は幸村の言葉の通り、秀頼を説き伏せる。

 

「和睦はなりませぬ。左衛門佐は戦を続けたいと言っている。左衛門佐に従っておればいい。」

「私こそがこの城の真の主。断は私が下します。」

そう強く茶々に言われれば、秀頼は従うほかなかった。

 

自分の言葉に重きを持て、決めるのは秀頼自身だと、そう助言してくれた幸村の言葉はなんだったのか?

 

「一体何がまことなのじゃ?」

 

動揺する秀頼に幸村は言う。

 

「判断が誤っているときは私はいかなる手を使っても食い止めます。私は戦に勝つためにここに参ったのです」

 

すっかり涙目の秀頼を気の毒に感じてしまいました。

もっとじっくり成長して行ければよかったのに。まだまだ成長途中の段階にありながら、主としての判断を求められ、でもまだ未熟だから判断を覆されてしまう。振り回されるばかりで気の毒。

 

で、こうして徳川方との和議は白紙に戻されたかに思った。

 

しかし、一発の砲弾が多くの人々の運命を狂わせることになります。

家康がイギリスから取り寄せたカルバリン砲が大阪城に打ち込まれたのです。

目の前で城が崩れ、侍女が下敷きになるのを見た茶々は呆然とした表情を見せた。

 

【スポンサーリンク】
 

その他気になったこと。

 

はつ。

 

浅井三姉妹の次女で茶々の妹。『江 姫たちの戦国』では水川あさみさんが演じていました。

そのはつと幸村との会話がとても印象的でした。

 

「あの人(茶々)は死にたがっているように思えてならない。どうか姉をお救いください。」

 

2度の落城を経験し、父も母も焼け落ちる城とともに命を絶った。茶々は自分もそうなる運命だと、無意識で信じているようなのだという。

 

「戦にも政にも興味はない。秀頼さえ無事でいてくれれば。」

 

そのはつの言葉を聞くと、茶々が言った言葉も妙に納得がいきました。

戦を前にしても、現実感がなく、どこか浮世離れした雰囲気を纏い続けている茶々。

女性だから、お姫様だからかなぁと思っていたけれど、そうじゃないのね。

改めて、茶々の不幸な人生を思い知らされました。

  

塙団右衛門でございます。

 

塙団右衛門が敵軍に夜討ちを掛けるシーンも、印象深かった。

和睦するのか、しないのか。はっきりしない状況に戦って武功を立てたい牢人たちは苛立つばかり。

長宗我部と明石は不参加だったけれど。幸村には内緒のはずが、なんだかんだと夜討ちに参加しちゃってるし。

 

二刀流の毛利勝永、折れた槍で奮闘する又兵衛、幸村の踊るような殺陣。

「塙団右衛門でございます。」と言いながら、名札をばらまく塙団右衛門。

それぞれ個性的で、楽しい戦いシーンでした。

 

家康の老獪ぶり

 

砲弾を撃ち込む際、片桐且元に「攻撃を避けるためだ。」と言って茶々の居所を聞き出し、その直後にまさにその場所を狙って砲弾を撃ち込む…。

汚いけど、さすが…!って思いました。

 

残すところ、あと4回となってしまいました。

これから先は、辛い展開が待っていて、次々に仲間の命が失われてゆくのだと思うと、今から辛いです。

 

幸村が死んだときの信之の想いとか、きりはどうなるの?とか、春は?とか想像するだけで辛いです…。

 

2016年11月21日:セリフ等の不正確な部分を一部修正しました。 

 


真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

 


NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部隆之