すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

メリル・ストリープのアカデミー賞ノミネート及び受賞作品、全19作品を調べてみました。

【スポンサーリンク】

『マダム・フローレンス!夢見るふたり』を観て、記事を書くために主演のメリル・ストリープについて調べたのです。

 

「オスカーに19回ノミネートされて、うち3回受賞した」とあちこちで書かれていたのけど、具体的にどの作品なのか?ちょっと気になったので調べてみました。

 

受賞作はタイトル横に◎を付けました。

 

1.『ディア・ハンター』(1978)

 


ディア・ハンター【Blu-ray】 [ ロバート・デ・ニーロ ]

 

アカデミー助演女優ノミネート。

 

ベトナム戦争がテーマで、かなり重い作品らしい。

観たいなぁと思いつつ、観そびれている作品。長いんですよ。3時間あるんです…。

 

メリルはこの作品で共演したジョン・カザールと恋に落ちて婚約するんですが、ジョンは病のため 42歳の若さで亡くなってしまいます。若くして亡くなったので出演作は少ないのですが、ジョン・カザールの出演作はことごとく名作なんですよね。

『ゴッド・ファーザー』『狼たちの午後』『カンバセーション 盗聴』…。

 どの作品も印象深いです。もしも彼が長生きしていたら、きっと今頃ハリウッドを代表する俳優になっていたのかも。

 

2.『クレイマー・クレイマー』(1979)◎

 


クレイマー、クレイマー コレクターズ・エディション [ ダスティン・ホフマン ]

 

アカデミー助演女優賞受賞

 

 鑑賞済み。

これは大好きな作品で、繰り返し観ています。

結婚生活が破たんし、離婚した夫婦が一人息子の親権を争うお話。

 

ダスティン・ホフマンが元夫役(こちらもアカデミー主演男優賞を受賞)で、それまで仕事ばかりで家庭を顧みず、育児にも一切ノータッチだった男性が、突然子供と二人きりの生活になってしまい、奮闘しているうちに徐々に息子との絆が深まってゆく様子が描かれています。

子役の演技がすごくて、当時の最年少8歳でアカデミー助演男優賞にノミネートされました。(受賞はならず。)

 

3.『フランス軍中尉の女』(1981)

 


フランス軍中尉の女 [DVD]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

 未鑑賞。初めて知りました。ジェレミー・アイアンズと共演。

実在の化石収集家メアリー・アニングをモデルにした作品です。

 

4.『ソフィーの選択』(1982)◎

 


ソフィーの選択 [ メリル・ストリープ ]

 

アカデミー主演女優賞受賞。

 

未鑑賞。ホロコーストがテーマ。

ウツになるような暗い作品らしく、ずっと観たいなぁとは思っていたのですが、機会に恵まれず、まだ観ていません。

 

5.『シルクウッド』(1983)

 


シルクウッド [DVD]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 鑑賞済み。

 核燃料を扱う工場で働く女性が、労働組合活動に目覚めてゆき、やがて謎の死を遂げる、というお話。

 

6.『愛と悲しみの果て』(1985)

 


愛と哀しみの果て [DVD]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

ロバート・レッドフォードと共演。

気になりつつも、なんとなく観そびれている。160分とちょっと長いため…。長い映画は観るのにパワーが必要です。

 

7.『黄昏に燃えて』(1987)

 


黄昏に燃えて [DVD]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

 ジャック・ニコルソンと共演。

 

8.『クライ・イン・ザ・ダーク』(1989)

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

乳児殺人の容疑をかけられた母親を熱演。1980年に発生した実際の事件を元にしているらしく、この母親が罪を犯していないと断定されたのはなんと32年後の2012年。つい最近!(この事件です。「ディンゴ・ベイビー事件」

気になる!と思ったら、DVDにはなっていないらしい。残念。 

 

9.『ハリウッドにくちづけ』(1990)

 


ハリウッドにくちづけ [DVD]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

 スター・ウォーズのレイア姫で知られるキャリー・フィッシャーの自伝的小説をもとにした作品。キャリーもいろいろあったらしい…。最近もハリソン・フォードとのゲスな関係も暴露したことで話題になりました。

 

10.『マディソン郡の橋』(1995)

 


マディソン郡の橋【Blu-ray】 [ メリル・ストリープ ]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

名作と名高い作品ですが、観てないんだよなぁ。たんなる食わず嫌いです。

 

11.『母の眠り』(1998)

 


母の眠り [ メリル・ストリープ ]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

鑑賞済み。確かに観たはずなのですが、内容をまったく覚えていません…。

 

12.『ミュージック・オブ・ハート』(1999)

 


ミュージック・オブ・ハート [ パメラ・グレイ ]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

音楽を通じて子供たちを交流を深めてゆく教師を演じています。

これも食わず嫌いで、なんとなく好きじゃなさそうな気がして観ていません…。

 

13.『アダプテーション』(2002)

 


アダプテーション [ ニコラス・ケイジ ]

 

アカデミー助演女優賞ノミネート。

途中まで観て、好きじゃないかもと思って観るのを止めてしまいました…。

 

14.『プラダを着た悪魔』(2006)

 


プラダを着た悪魔<特別編> [ メリル・ストリープ ]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

鑑賞済み。

アン・ハサウェイと共演。ファッション雑誌の鬼編集長を演じました。

大好きな作品で、劇場で見て、その後も何度も観返しています。

劇場で買ったパンフレットも大事に持ってます。

メリル・ストリープは助演じゃなくて、主演でノミネートなんですね!

 

っていうか、10年も前の作品なのか!っていうところに一番びっくりしました。 

 

15.『ダウト あるカトリック学校で』(2008)

 


ダウト/あるカトリック学校で [Blu-ray]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

鑑賞済み。

エイミー・アダムス、フィリップ・シーモア・ホフマンと共演。

とある厳格なカトリックの学校で性的な虐待が行われたのでは?という疑惑が持ち上がるのですが、果たして疑惑は本当なのか?というお話。

メリルはその学校に勤める思い込みが激しく、人の話を全然聞かないシスターを演じています。

ほんとに話が通じないので、イライラを通り越して気持ち悪くなったことを覚えています。。 

 

16.『ジュリー&ジュリア』(2009)

 


ジュリー&ジュリア [ メリル・ストリープ ]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

鑑賞済み。

実在の料理研究家を演じています。話し方がかなり独特。ご本人がそうだったらしい。

料理がとっても美味しそうです。エイミー・アダムスと共演。 

 

17.『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(2011)◎

 


マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙【Blu-ray】 [ メリル・ストリープ ]

 

アカデミー主演女優賞受賞。

 

このパッケージ観るだけでも、本人に似せてきてるのがわかります。演じる作品で全く別人になってるのが本当にすごい。

しかし、なんとなく興味を惹かれず観てないんですね…。ただの食わず嫌いです。

 

18.『8月の家族たち』(2013)

 


8月の家族たち [ メリル・ストリープ ]

 

アカデミー主演女優賞ノミネート。

 

ジュリア・ロバーツと共演。

またしても食わず嫌いで観てません。

 

19.『イントゥ・ザ・ウッズ』(2014)

 


イントゥ・ザ・ウッズ MovieNEX【Blu-ray】 [ ジョニー・デップ ]

 

アカデミー助演女優賞ノミネート。

 

未鑑賞。

いろんなおとぎ話の主人公たちが夢の共演。メリル・ストリープは魔女役。

 

 

私が鑑賞したことあるのは、この中で6作品のみでした。

観たいなぁと思いつつ観そびれている作品もいくつかあるけど、全然知らない作品もちらほらありました。

こんな風にテーマを決めて映画をリストアップしてゆくのは、知らない作品と出会うきっかけにもなるので、今後もやってゆきたいです。

もっと幅広く作品を観て行きたいなぁ(´∀`)

 

メリル・ストリープの最新出演作はこちら。現在、劇場公開中です!!

sakuraho.hatenablog.com