ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。近日中に修正が完了する予定です。

『真田丸』 第48回「引鉄」/佐助がきりに告白。幸村は新たな策を立てるが、牢人たちの暴走を止めることができず、再び戦へ。

天守閣に砲弾が打ち込まれたことにより、徹底抗戦から和睦へと傾いた茶々。

和睦するなら有利にことを進めようと、策を巡らせた幸村だったが、和睦交渉は徳川の狙うがままに進み、真田丸は破却。大坂城の堀は埋め立てられることになってしまった。

もうこの戦に勝ち目はない。そう思った幸村だったが…。

前回の記事>>『真田丸』第47話「反撃」/片桐且元がナレ死。真田丸は壊され、堀は埋め立てられ…。しかしそれでも勝つことを諦めない。

とにかく、大蔵卿局が憎らしくて堪らなかった47回でした。

大坂城が裸城同然になってしまっても、なお、諦めずに戦おうとする牢人たちの運命はいかに?

<スポンサーリンク>

『真田丸』第48話感想

家康暗殺は成功するか?

茶臼山の徳川の陣に夜討ちをかける後藤又兵衛ら。

しかし急襲を掛けて、徳川方にショックを与えたところで、すかさずいったん退く。

この冒頭の夜討ちのシーンがかっこよかったのです。

毛利が鉄砲を構えている姿がりりしいし、普段はお花を愛する心優しき長宗我部も戦では容赦はせず、勇猛果敢な後藤又兵衛も大活躍。そして、木村重成のイケメンぶり(*´∇`*)

あれ、前回で戦はとりあえず終わったのに、いつのまに始まったの?って少々びっくりしましたら、この夜討ちは幸村の策でした。

「家康は昨夜の夜討ちで、急ぎ陣を払い京都へ戻るはず。道中を狙います。」

夜討ちに肝を冷やした家康は明日には京都まで退くだろう。

その道中を襲い、家康の首を取ろうというのだ。

「いずれ敵は攻めてまいります。家康の首をはねるしか勝ち目はありません。」

「いかがでしょう?」

幸村は内通が疑われる有楽斎にそのことをあえて伝える。

有楽斎は良い案だとそれに賛成し、「仕損じるな!」とそばにいた佐助に。

どうせこの後すぐに知らせちゃうくせに、白々しいな~と思いました(*・ε・*)ムー

それもまた幸村の策だった。

有楽斎は徳川に通じている。ならば有楽斎に伝わった情報はそのまま徳川に伝わるはず。

だから、家康はこちらの裏をかいて今日にも京都へ向かうだろう。

幸村はさらに裏をかいてそこを狙おうというのだ。

そして幸村の読みは当たる。

夜討ちの件をしたためた密書が家康の元に届き、家康は今日のうちに発つことを本多正純に告げる。

この密書の差出人の署名は「お」

織田有楽斎の「お」?

「必ずや、家康を仕留めてまいります。」

幸村に家康暗殺を命じられた佐助。

しかし、出発の前にしなければならないことがあった。

佐助の告白、そして任務の結果は…。

佐助は家康暗殺に向かう前に、どうしても大切な人に伝えたいことがあった。

佐助はきりを前にして言う。

「ひとつだけ、お願いがあります。もし無事に帰ってきたら夫婦になってもらえませんか。」

佐助が言い終わるか言い終わらないかの早い段階できりは即答。

秀次に側室になってほしいと頼まれたときは、あれほど悩んでいたのに笑えるほどあっさりと(笑)

「ごめんなさい。」

そしてその言葉が終わるか終らないかの段階で、あっという間に消えてしまった佐助でした。素破でよかった^^;

家康を見事に暗殺したかに見えた佐助でしたが、それは家康の影武者でした。

「面目次第もございません。」

悔しさのあまり泣きながら、幸村に報告する佐助でした

失敗に終わったとはいえ、佐助の活躍。りりしくて素敵でした。

失恋のショックもものともせず、さすがですね^^

失敗して泣いて悔しがる佐助に対し、責めることもせず、「次は頼むぞ。」と労いの言葉を掛ける幸村も素敵でした。

秀忠と家康は…。

「和睦は破られました。一気に攻め滅ぼしてしまいましょう。」

影武者が殺されたことで、和睦は破られたのだからすぐに総攻めを仕掛けるべきだと訴える秀忠。

しかし、家康は「ならぬ。」という。

家康が陣を払い、駿府へ戻れば牢人たちは城を出て行かざるを得なくなる。なので、それを待ってから総攻めをかけるつもりなのだ。

「この戦、決して負けるわけにはいかんのじゃ。」

家康の考えを聞き、はっとしたような顔をした秀忠。

そこまで考えが及んでいなかったことをここで気づいたんですね。

何かあるとすぐに総攻めを!と言い始める秀忠に対し、家康はその数段上の次元でものを考えてるんだなぁとしみじみと感じます。

やはり「格が違う」ってことなんだなぁ。

家康の考えを言われずとも読み取っている本多正信に対し、言われなければわからない本多正純…。ここも「格」が違いますね。

そしていよいよ有楽斎と対決。

戦は終わったのだから牢人たちは早く追い出すべきだという大蔵卿局。

牢人たちがいることが戦の火種になりかねないという有楽斎。

戦はまだ終わっておらず、必ずまた攻めてくるので、牢人たちを手放してはならないと訴える幸村。

相変わらず対立が続くが、秀頼は牢人たちに恩義を感じており、できる限り報いてやりたいと考えていた。

またしても密書をしたため、徳川家康に届けようとする有楽斎と幸村がいよいよ対決。

密書を届ける使いのフリをして、そこにいたのは幸村。

「有楽斎殿が徳川に通じていることは以前よりわかっておりました。」

しかし有楽斎は徳川には不利な情報を流してはおらず、あくまでも秀頼を守り、茶々の安寧のためにやったことだと言う。

徳川と豊臣の間をつなぐものは自分しかいないと。

幸村は有楽斎の言い訳にはいっさいの聞く耳を持たず、短刀を抜き、有楽斎につきつける。

「わしは織田信長の実の弟。命乞いなどせんわ!」と有楽斎。

意外に肝が据わってるじゃないかとちょっと思ってしまった私が大間違いでした。

その後の有楽斎。

実際に切られそうになると、

「ちと、待て。」

「斬ると言うなら斬れ。」とも重ねて言いながら、また切られそうになると。

「ちと、まて。」

二度重ねてきたところで、笑ってしまいましたヾ(=^▽^=)ノ

この最後まで胡散臭い感じが井上順さんにぴったり!

「信長公は泣いておられます。今すぐ出て行かれよ。そして二度を戻って来てはなりませぬ。」

そうして、有楽斎は去ってゆきました。

その後は茶の道に専念し、穏やかな余生を過ごしたそうです。(ナレ死)

<スポンサーリンク>

新たな策

裸城同然になってしまった、大阪城でいかに戦うか。

幸村は策を立てた。

それは大阪城のはるか南、先の戦で家康が本陣を置いた茶臼山のあたりに要害を築くというものでした。

「城のはるか南に新たな防壁を築く。茶臼山と岡山、この間を空堀でつなぎ、この一体そのものを強大な要害とし、ここで徳川を迎え撃つ。」

幸村が提案した策に、驚き、そして心から感心した様子の大野修理と木村重成。

「お主の不屈な気構えは感服つかまつる。」と修理。

「私は勝つためにここに参ったのです。」

真田丸を壊され、堀を埋め立てられ、どれほど形勢が劣勢であっても、決して勝利を諦めていないことを改めて宣言する幸村。

「この先、面倒はすべて私が引き受ける。存分に尽くしてくれ。」

修理はそう言い、これ以降は母親・大蔵卿局にも厳しい言葉で反論し、その意見を封じじるようになる。

幸村は秀頼も新たな策を披露する。

見事な策だと感心する秀頼であったが、要害を築くには時間がかかる。

戦が始まるまで、時を稼ぐ必要があった。

幸村は秀頼に提案する。

牢人たちが見内を大坂城に入れることができるように。

そうすることで、戦をして手柄を立てたがっている牢人たちを宥めようと言うのだ。

そして、幸村にはもう一つ提案があった。

しばしの間、牢人たちも家族と穏やかな時間を過ごす。

いつも険しい顔の毛利勝永が、妻子に優しい顔を見せているのが印象的でした。

塙団右衛門が意外に美人さんだったのも^^

もう一つの提案。それは秀頼の国替え。

秀頼はいずれ大阪を出て、四国に国替えをすることを決意し、茶々もこれに同意する。このまま、ことがスムーズに進んでくれれば、そう願わずにはいられなかったのですが、その願いは届くはずもなく、物事は転がり落ちるように悪い方向に展開してゆきます。

再会。

真田の陣を訪ねる幸村と大助。

久しぶりの再会。

幸村の到着を待つ間は落ち着かない様子で、しかし幸村を見た瞬間に満面の笑顔を浮かべる三十郎が印象的でした。

三十郎は本当に幸村が大好きなんだね。

初めてのいとことの対面にはにかむような挨拶をする大助。

しかし、信吉はともかく信政の態度は感じが悪いのです。

その後も、幸村を「大罪人」とまで呼び、挙句の果てには反論した大助に掴みかかる…。ずっと年下のあどけない少年に、大人のすることか…と少々イライラっとしてしまいました。

この後、「相撲を取っていた」と胡麻化した信政を、「じゃあ、俺が相手になる!」と三十郎が投げ飛ばしてくれるのも好きでした^^

信政はなんかあんまり好きになれません…。

そして幸村は武田に仕えていた頃から野戦の経験が豊富な茂誠に、敵陣に切り込んで敵将の首を取るにはどうしたらいいかを相談。

「鉄砲だ。」と答える茂誠でしたが、その時に、何かに気付いたらしい茂誠がとても悲しげな表情をするので、私も涙ぐんでしまいました。

「戻れるものなら上田に戻りたい。」

呟くような幸村の言葉は本心から出たものなのでしょうね。

でも、それが叶わないことももうわかってる。

はぁ、とっても辛くなりました…。

馬上筒

大坂城から戻り、畑を耕す作兵衛、きり、はるたち。

ここでも束の間の穏やかな時が流れていました。きりと春はちょっと火花が散ってましたが(苦笑)

作兵衛の耕している場所はかつて千利休の茶室があった場所。

作兵衛が鍬を入れると、そこには木箱が埋まっていました。

箱には見覚えのある刻印。それは利休の印。

箱の中を開けると、そこには珍しい形の銃。

「馬上筒。」

火縄がいらないので、馬の上からでも使いやすい。だから「馬上筒」と呼ばれるのだ。

幸村の頭の中で、ピースがはまったようだ。

この馬上筒ならば、家康の首を取れる。きっとそう考えたに違いない。

暴走

家康から牢人たちをすぐに城から出すように書状が届き、ぎりぎりの中で牢人たちを押さえ、時を稼ぎ、要害建設を急ぐ幸村たちだったが、物事はスムーズに進まなかった。

大蔵卿局は大野修理が押さえていたものの、暴走するものがいた。

それは修理の弟、大野治房。

牢人たちに渡した支度金が尽きてきている状態だったが、今はその時ではないと、牢人たちに金を渡すのを控えていたのだが、それに納得行かなかった治房が独断で一部の牢人に金を配ってしまったのだ。

一部の牢人たちに金銀を与えたのでは不公平になるということから、秀頼はすべての牢人たちに褒美として金銀を配ることにした。

しかし、この秀頼の行動が、裏目に出る。

金を手に入れた牢人たちは武器を買いに走ったのだ。(団衛門の「買うてきたぞ~!!」が印象的でした^^;)

さらに悪いことは続き、大野修理は弟・治房に襲撃を受けて重傷を負ってしまう。

そしてとうとう埋め立てられた堀を掘り返さねば、戦にはならないと、毛利勝永や後藤又兵衛が止めるのも聞かずに堀を掘り返し始めてしまった。

牢人たちを止めようとするも、どこか本気ではない又兵衛。

やはり彼は、戦って死ぬことを望んでるんだなぁ…(ノд・。) グスン

その知らせはすぐに駿府に戻っていた家康に届けられた。

それは家康が再び戦を仕掛ける格好の口実だった。

「牢人たちはわしが成敗してくれる。わしの手でやつらを滅ぼす!」

要害が完成するまで、なんとか時を稼ごうとしていた幸村だったが、それは叶いそうにない。

その頃、江戸の信之のもとに幸村から書状が届く。

信之はその書状を読み、幸村が死ぬ気であることを悟ったのでした。

「俺にはわかる。弟は死ぬ気だ。おそらく大御所さまと差し違えるつもりであろう。止められるのはわししかおらん。大阪へ参る。」

<スポンサーリンク>

 その他気になったこと。

束の間の穏やかな時間が描かれましたが、事態が幸村のコントロールできないところでどんどん悪い方向に転がってゆくのが辛かったですね…。

信之と茂誠が幸村の決意に気付いた時の表情…。二人の心情を思うと、心が痛みました…。

その一方で、一瞬でプロポーズを断られた佐助。

有楽斎の「ちと待て。」等。コミカルなシーンも印象的でした。

大野修理が大活躍。

今まで観たドラマと違って、かなり幸村側に立った描かれ方をしていますが、今回は特にはっきりと母親・大蔵卿局に反論する姿が印象的でした。

「母上、その話はもう決着はついております。」

「母上の意見など求めておりません。」

反論されて、ショックを受けた大蔵卿…。

ちょっと気の毒な気がしますね。

今回はとうとう、茶々にまで「あの者たちに任せてみてはどうか。」と言われてしまう。ここでもすごーく悲しそうな顔を見せました。

そう、大蔵卿にもいろいろ複雑な思いがあったんでしょうね。

 大蔵卿局の「たこ!」

修理に初めて反論された不機嫌そうな顔を見せていましたが、その後の食事では「たこ!」と言って修理にたこを食べさせてもらうなど、 なんだかんだと仲のよさそうな親子ぶりでした。

大野治房

今回、かなり暴走してしまいました…。

戦になるきっかけを作ってしまいしたね。

出来のいい兄に対する屈折した思いがあったようです。

その思いに気付いた幸村が、自分と兄との関係について話し、その話がちょっと通じたかにも見えたのですが、全然通じてなかったようです。

自分を襲撃し、重傷を負わせた犯人が弟・治房であること、そこに母親が絡んでいることも知りながら

「ただの身内の喧嘩。」だと言い切る修理、かっこよかったですね。

もう一人内通者がいる?

家康の元に届いた書状の署名は「お」。有楽斎が書いた書状の署名は「う」。

「う」と「お」二種類がありました。

「う」は有楽斎…。じゃあ「お」は?

織田かと思いましたが、もう一人いそうな気がします。

私の予想は厨房のおじさん…。

次回の予告では伊達正宗らしき人も登場。

そして、きりを抱き寄せる幸村!

残すところ、二回。これからは仲間が次々亡くなってゆくので、本当に辛いところです。

次の記事>>『真田丸』第49話「前夜」/又兵衛討死。木村重成も塙団右衛門も…。次々に仲間が失われてゆくなか、ようやくきりが報われました。いよいよ残りはあと1回。

真田丸関連グッズいろいろ

君も真田幸村になれる!?


大人用 着れちゃう!ダンボール甲冑 真田幸村 コスチューム ~180cm


真田丸(完結編) [ 三谷幸喜 ]


NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック III 音楽:服部隆之

関連記事

コメントを残す