ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。

『真田丸』第49話「前夜」/又兵衛討死。木村重成も塙団右衛門も…。次々に仲間が失われてゆくなか、ようやくきりが報われました。いよいよ残りはあと1回。

堀を埋め立てられ、真田丸も破却され、和平派と主戦派が対立する大坂城。絶望的な状況でも勝つための策を模索する幸村。

そして裸城同然となった大阪城にいよいよ徳川家康が攻めかかろうとしていた。

前回の記事>>『真田丸』 第48回「引鉄」/佐助がきりに告白。幸村は新たな策を立てるが、牢人たちの暴走を止めることができず、再び戦へ。

<スポンサーリンク>

『真田丸』第49話感想

弟の命を救うために、兄は大坂へ向かう。

幸村から届いた手紙を読み、弟が死ぬ気で敵の本陣に突っ込み、家康の首を取るつもりだと悟った信之は、幸村を説き伏せるために大阪城に向おうとしていた。

敵方の大将に会うと言うことは、内通を疑われても仕方がない。

もしもそれがバレれば信之は打ち首、真田の存続も危うくなることも考えられうる。

いつもならば稲も、止めるところだろうが、今回ばかりは信之の意志があまりに固い。そして信之の実の弟の命に係わること。

「必ず生きて帰ってきてくださいませ。」

そう言って信之を送り出す。

おこうも、真田の家紋である六文銭をお守りにして、信之に持たせる。

ここでちょっと咳き込むおこうさんが、昔の病弱だったころを思い出させました。

稲とおこうに送り出されて、信之は大坂へ旅立って行きました。

そうそう、ちょっとばば様に似てきてしまった(笑)松の、弟への思いやりも心に染みました。

いずれまた姉弟3人でお茶でも飲みながら昔話に花を咲かせることができるはず。そう信じて、幸村に食べさせてやりたいと食べ物をたくさん信之に託す。

松は行方不明で生死不明になってしまうなどの騒動も巻き起こしつつも、弟二人を大切に思う明るく優しいお姉さんとして描かれていました。

「ありえぬ!」

軍議にて。

またしても大蔵卿局が「ありえぬ!」連発。

とにかく茶々と秀頼を危険な目には合わせたくないという、彼女は彼女なりの想いがあるわけだけれど、やっぱり感じ悪い(*・ε・*)ムー

っていうか、懲りないよね?

自分のせいで堀がなくなってしまって窮地に追い込まれたわけだから、私だったら居たたまれなさすぎてもう何も言えなくなると思う(´・ω・`)

城を出て京都へ押さえ、伏見を本陣として徳川勢を迎え撃つち、秀頼には伏見で采配を振るってもらいたいと訴える幸村に対し、とにかく大蔵卿は反対。

「ありえぬ!」

「危のうございます!」

「総大将はみだりに動かぬものです!」

「あくまでも敵を迎え撃つのは大坂城!」

とにかく秀頼を危ない目に合わせたくないらしい…。

要害の完成も間に合わなかった今の大坂城に拘るのは愚策だと言う幸村に対し、

「それを何とか勝ちに持って行くのがそなたのつとめではないのか?!」

とまで(゚皿゚メ)

いや、だから何とかしようと思ってたのに、あんたが堀を埋め立てることに同意しちゃったからじゃないの(#`皿´) ムキーーーー!

と、思いました。

まあ、さすがに言いすぎたと思ったのか。

軍議の後で幸村にフォロー入れるあたりが、実はいい人なんだなぁというのを感じました。でも牢人は大嫌いらしいですけどね^^;

そしてここで、又兵衛と毛利勝永が立てた策を披露し、その策を取ることになる。それは天王寺付近で徳川勢を迎え撃とうというもの。この策に依れば秀頼はそのまま大坂城で高みの見物となり危険はない。

「すばらしい!」と絶賛する大蔵卿局。大蔵卿にとっては、基準が秀頼が安全かどうか、本当にそれだけなんだね。

しかし、戦いはうまくはいきません…。

樫井で大野治房と徳川勢が激突し、とうとう大坂夏の陣が始まったが。

この戦いで、悲しい別れが…。

「わしは大名になってみせる。」

そう強い意気込みを見せた塙団右衛門は敵の銃弾を受け、討死してしまいました。

幸村たちは軍議を開き、道明寺付近で大和路を進んでくるであろう徳川勢を迎え撃つことに決めた。

道明寺に向かうのは又兵衛と明石。

幸村と毛利はその後詰。

木村と長宗我部は八尾と若江付近で、別ルートで進軍してくる秀忠軍を迎え撃つ。

が、これもまたうまくいかないのです…。

再会、そして別れ。

大坂に入った信之は、再度幸村の調略に向かう信尹に同行して大坂城へ。

信之は家康を道連れに死ぬ気だと見抜き、なんとしてもそれを止めたいと考えていた。

家康は「信濃一国」で幸村を召し抱えたいという。

昌幸がその生涯をかけて取り戻そうとした信濃の国を手に入れることができる。

「今のうちに下るのも悪くないのではないか。」

信尹は幸村に家康の条件を伝えるも、幸村は当然ながらまったく乗ってこない。だまって首を振るのみ。

「源二郎は死ぬつもりなのです。しかも大御所様を道連れにして。」

信之は幸村を止めようと語りかける。

「死んではならぬ。」

「今度もまた必ずお前を助けてみせる。決してお前を死なせはしない。それが儂の使命だからだ。」

犬伏で誓ったように、今回もまたなんとしても命を助ける、

またいつか晴れて酒を酌み交わそうと誓った約束を必ず果たす、と。

必死に訴えるが、幸村はこれには応じない。

「では今、ここで酒を。」

酒ならば今、ここで酌み交わそうという幸村に、信之はだまって去ろうとする。

「兄上と酒を組み合しとうございます!」

去ってゆく兄の背中にそう訴える幸村だったが、しかし、信之はそのまま去って行った。

「これは今生の別れではない。」

弟に背を向けたまま、こみ上げる感情を必死に抑えている信之の表情が印象的でした。

そして信尹は「生きたいように生きればいい。」とそっと頬に触れながら言うのでした。

信之も信尹も、もう何を言ってもダメだということはわかっている。幸村が翻意することはない。そしてもうこれが今生の別れになるだろうってわかっている。仲がよく深い信頼関係で結ばれた間柄なだけに、切なくて涙が溢れました。

<スポンサーリンク>

本多正信、いつもは寝てるけど起きたらすごい。

本多正信もすっかりおじいちゃんになり、登場するとほとんど寝てばっかりだったのですが、起きたらやはりすごかった。

大坂城の軍議で決めた策は家康に筒抜けになっており、家康は幸村たちの裏をかいた行動を取ることに。本来家康が進むはずだった大和路は伊達正宗にまかせ、自分は秀忠と一緒に軍勢を勧めるという。

あまりにも寝てばっかりの本多正信を気遣ったのか、とうとう家康に「佐渡!そなたはもう帰れ!」と言われてしまうのだけど、ここで目を覚まして本領発揮。

「後藤又兵衛が気になりますな。今のうちにつぶしてしまいましょう。」

戦が始まる前に、頭脳戦を仕掛けてゆく。

ターゲットは後藤又兵衛。

まずは又兵衛に調略を仕掛ける。

「播磨35万石で召し抱えたい。」と。

当然ながら、又兵衛はこれを速攻で拒否。

しかし、又兵衛が断ることもすでに正信はお見通しだった。

正信は又兵衛が調略に乗ったという噂を豊臣軍の間に流す。

そうなれば、又兵衛は噂を帳消しにするために手柄を立てようと焦る。

大将の気持ちが焦れば、軍隊は総崩れになる。

「又兵衛は噂を消すのに必死になります。あとは戦で手柄を立てるしかない。大将が焦れば軍は乱れる。これで又兵衛の命運はつきました。」

本多正信の策に、家康や正純らも驚きと同時に深く感心するのでありました。

そしてこの策は見事に的中することになります。

後藤又兵衛と木村重成の壮絶な最後。

いよいよ道明寺にて徳川軍と激突の時が近づいてきた、というその時。

幸村は又兵衛に悪いうわさが立っていることを伝え、又兵衛に忠告をする。

「悪い噂を立てられたからといって、捨て鉢にならぬこと。手柄を焦らぬこと。戦は心が乱れた方が負けだ。」

しかし、又兵衛はやはり功を焦ってしまった。

又兵衛は夜明けとともに、幸村を待たずに敵に戦を仕掛け、壮絶な討死を遂げた。

銃弾を何発も食らっても、槍で突き刺されても、最後まで必死に戦おうとした見事な死に様でした。

そして木村重成も…。

家康に裏をかかれ、大軍勢である徳川本軍と激突することになってしまった。

後藤又兵衛の死を知らず、ここで退いて敵を通してしまえば後藤又兵衛が逃げ場を失う。だから、なんとしても食い止めねばならない、そう思った木村は大軍勢に戦いを挑んでゆく。

もしも首を取られても見苦しくないように、香をたいてよい香りを兜にまとわせた木村重成もまた、見事な死に様を見せました。

「あれほど功を焦るなというたのに。あのバカ!」

又兵衛の討死の知らせを受け、悔しがる毛利と幸村ら。

どうやら、豊臣方の策がことごとく漏れているようだった。家康は豊臣の裏をかいてくる。

有楽斎はもういない。

もう一人、間者が大坂城にいるようだった。

戦略の話をいつもそばで聞く機会のあった人間。

それは、厨房の親父だった。

又兵衛らを打ち破った伊達正宗の軍が、今度は幸村の軍勢と激突。

激戦を繰り広げながら、大坂城へ撤退してゆく幸村たち。

その際に幸村は伊達政宗と遠目に向き合いながら、「これでおしまいか!徳川勢に真の武士はおらんのか!」と叫ぶ。

敵でありながら、幸村の戦い様に感銘を受けたような表情を見せる政宗でした。

幸村が家族を託したのは…。

いよいよ、最後の決戦の時が迫っている。

幸村ははると子供たちを大坂城から脱出させることにする。

幸村が家族を託したのは、それは伊達正宗。佐助に手紙を届けさせる。

激闘を繰り広げる中で、幸村は政宗を信頼するに足る男だと見抜いたのだろうね。

その幸村の想いをしっかりと受け止めた政宗の男気も素晴らしかった。

「よう儂を頼ってきた。後妻女の世話、喜んでみようではないか。これは儂と真田の密約だ。」

そう、もちろん大御所様にも内緒で。

そして幸村と家族との別れの時がやってくる。

はると幸村の別れのシーン、切なかった。

「私は大谷刑部吉継の娘ですから。」

涙を見せることなく気丈に微笑さえ浮かべてみせる強さ。

考えてみれば、関ヶ原の戦いで父を失い、その後は九度山で幽閉生活。彼女の人生も過酷なものだったんだよなぁ。少々嫉妬深くて、きりとバトルを繰り広げたりはしてたけれど、九度山で生活が困窮してもそれについては愚痴も言わず。

「あの娘は苦労するぞ。」と石田三成は言ってましたが、とっても素敵な奥さんだったじゃないのって、思いました。

武士の妻って、夫が戦で亡くなることは常に覚悟をしているのかもしれないけれど。

それでも、もしかしたらこれが今生の別れかになるかもしれない。そんな状況で気丈に振る舞うことができるって、あの時代の女の人って強いなぁって改めて思いました。

到着したはるたちを自ら出迎え、ずんだもちを振る舞う伊達正宗。

男気があって、懐が深くて。さすが、大河ドラマの主役にもなった人。

ずんだ餅が食べたくなりました(´∀`*)

以前のずんだパーティーの回でも、食べたくなってつい買ってしまったのですが、またぽちっとしてしまいそうです(笑)


仙台 ずんだ餅 20個入(5個入×4パック)【茶枝豆+だだちゃ豆使用】【無着色】【冷凍便】【ずんだもち】【みやこがね】【ギフトへの変更可】【多数メディアで紹介】【あす楽】02P03Dec16

きりの想いがようやく通じた!

よかったねぇ、長かったねぇ。

そのうち側室になるもんだと思っていたら、全然なる気配がないから、もうないのかなって思ってた。

まあ、二人は深い信頼関係で結ばれているし、側室にならなくても親友のようなすばらしい人生のパートナー、ということでそういう関係も素敵かなって思うようにしていたのですが。

49話にして、ようやくきりの想いが通じたようです。

「お前には大事な仕事がある残ってくれるか。」

幸村にそう言われ、はるたちと同行はせず、城に残ったきり。

幸村がきりに頼みたかったこと。

それはいざとなったら、千を連れて秀忠の陣へ行くこと。

とても大事な大事な任務です。

その任務が終わったら、どうしたらよいかと尋ねるきり。

幸村は沼田にでも帰るがいいと言う。

しかし、きりは大阪城に戻ってくる、こうなったら最後の最後まで茶々のそばにいると、言う。

「源二郎様がいない世にいてもつまらないから。」

その言葉を聞いて、幸村はきりを抱き寄せる。

ずっと思い続けた人は明日には死んでしまうかもしれない、そんな時にようやく想いが通じたきり。

戸惑いながらも、嬉しそうなきりの表情は第一回目から彼女を観てきた視聴者にとってはとても感慨深かったでしょうね。

「おそい。せめて10年前に、あの頃が私、一番きれいだったんですから。」

キスを交わしながらも、しゃべり続けてしまうのがなんともきりらしかった。

ようやく、だまって幸村の胸に身を預けましたが、その表情が喜びと同時にすごく切なそうで…。

そう、愛する人は死を覚悟している。

それを止めることはできないし、してはならない。だまって送り出すことしかできない。

いよいよ、最後の決戦は明日に迫っていました。

<スポンサーリンク>

その他気になったこと。

黙れ小童!返し。

なんと、室賀殿の息子が登場!

「これでもか!」という感じで、「黙れ小童!!」を繰り出す信之でした。

思わず「すみません。」って言ってしまう室賀息子のびっくりした顔も笑えます。なんだか本当の親子みたいな、似た雰囲気の人でしたね。

平野長泰

賤ヶ岳の七本槍として、秀頼のために兵糧を大坂城に運び込みたいと画策していた平野ですが、どうやら失敗したらしい。結局最後までするめを食べておりました(笑)

上杉景勝と徳川家康。

二人の酒を酌み交わすシーンもとても印象的でした。

北条氏政も死に、真田安房守も死に、残ったのはもう二人だけ。

今回の豊臣との戦には家康にも後ろめたさのようなものがあり、景勝もそれに気づいていました。

家康は最後まで、秀忠に文を送って、なんとか戦を回避したがっているようなそぶりも見せましたし、豊臣家と大坂城の最後を思い、寂しそうな表情も見せました。

家康の心中もきっと複雑だったんでしょうね。

「あの男はわしがそうありたいと思った人生を生きておる。」

景勝は源二郎についてそのように言う。

家を背負い、国を背負っている景勝は、どこまでも義のために生きたいという自分が願った生き方はできなかった。関ヶ原では負けてしまったし。

背負うものが大きくなると、思うように生きるのは難しくなるよね…。

与八と九兵衛も…。

与八が厨房の親父に殺されました…。

まさか、与八まで死んじゃうと思わなくて、驚いて声を上げてしまいました…。

九兵衛は九度山から幸村たちに同行してきた青年です。彼もまた討死しました…。

残すはあと最終回のみ・・・。

楽しみですが、終わってほしくない。

幸村の死は観たくない…。そんな複雑な気持ちでいっぱいです。

次の記事>>『真田丸』最終回/日本一の兵・真田幸村の見事な生き様。最後まで諦めない姿に涙が溢れました。

ずんだ餅、いろいろあるらしい。

普通のしか食べたことないけど、イチゴのずんだ餅もあるって。へー。


仙台彩餅 6個入【お好みセレクト】【ずんだ餅】【むらさき芋】【メープル】【黄味ミルク】【みたらし】【黒ずんだ】【黒豆きな粉】【苺】【チョコ】【冷凍便】【お歳暮】

ずんだモンブラン。へー。


ずんだ餅(ぬたもち)2箱&ずんだモンブランセット

東北ずん子…。Who?

ずんだ温麺 肉味噌たれ付 東北ずん子パッケージ

関連記事

コメントを残す