すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『キングスマン』/マナーが人間を作ります。

【スポンサーリンク】

 

オモテの顔は高級テーラー、しかし、その正体は…。 

 

コリン・ファース主演のアクション映画です。

これまでアクションのイメージがなかったコリンですが、これがまた素敵なんです。

 

『キングスマン』

 

基本情報

監督:マシュー・ヴォーン 

出演:コリン・ファース/マイケル・ケイン/ダロン・エガートン

製作:2014年/イギリス

 

あらすじ

 

ロンドンの高級紳士服店『キングスマン』には裏の顔がある。

その実態はどこの国家にも属さない独立したエリートスパイの秘密組織。彼らは世界の平和と正義を守るために、日々困難な任務に就いていた。

 

ある日、有能なエージェントだったランスロットが殺される。その後任者を選ぶための訓練と選考試験を実施することになるが、ハリーは不良少年のエグジーをスカウト。

 

エグジーはかつてキングスマンのエージェントで、皆の命を救うために犠牲になった勇敢な男の息子だった。エグジーは過酷な試験に臨んでいく。

 

そしてハリーはランスロットを殺した犯人を追ううちに、世界的な大富豪リッチモンド・ヴァレンタインの恐るべき計画に気付く。

 

 

というお話。 

「スパイ映画である」ということ以外、ほぼ前情報なしで観たので意外性にびっくりしてしまった。

 

【スポンサーリンク】
 

感想(ネタバレあり)

 画像1http://eiga.com/movie/81623/gallery/2/

 

主演はコリン・ファース。

 

『ラブ・アクチュアリー』や『ブリジット・ジョーンズに日記』『英国王のスピーチ』などに出演している大スキな役者さん。

 

▼『英国王のスピーチ』ではアカデミー主演男優賞も受賞しました。 

by カエレバ

 

 

▼コリン・ファースの出演作について他にも記事を書いています。

 

まさかコリン・ファースがハードなキレキレなアクションをやってるなんて思わなかったんです。なので驚愕させられるばかり。

 

冒頭。

ランスロットが殺されるシーンで、すでに度肝を抜かれたのです。

監禁されているアーノルド教授をスマートに無事に救出!と思った瞬間にアレですよ。

 

まっぷたつ(笑)

 

しかも、殺ったのが、義足が武器になってる女ガゼル。

気持ちいいぐらいにキレのよい刃になっていて、手やら足やら、面白いくらいにスコンスコンと切り落としてゆくのです。

 

▼ガゼルを演じたソフィア・ブテラは『スター・トレックBEYOND』でも華麗なアクションを披露してくれました。 

スター・トレック BEYOND/限界を超えろ! - すきなものたち。

 

え?なにコレ??ちょっとヘン。しかもグロい。けど笑える。面白い!

 

ちょっと気になって調べましたら、監督がマシュー・ヴォーン。

『キック・アス』の監督さんでした。うん、納得。

 

by カエレバ

 

 

スパイ映画の荒唐無稽な面白さが徹底的にバカバカしくもかっこよく描かれた作品でした。

 

小道具がイチイチ、ツボにはまるのよね。

盾にも銃にもなる傘、猛毒を仕込んだナイフが飛び出る靴、腕時計も、万年筆も全部武器!

 

レトロとハイテクが融合してて、怪しさと楽しさが満開で。

そしてそれを使いこなす英国紳士のハリーがかっこよくて。

 

コリン・ファースは『裏切のサーカス』でもスパイを演じていましたが、あれはシリアスでリアルなスパイもので、アクションなんてなかった。

 

▼派手さはないけれど激シブの秀作。影の世界に生きるスパイの生き様と裏切。

by カエレバ

 

コリンはこれが初のアクションだったらしいです。

そうよね、いつもラブコメとかハートウォーミングないいお話に出ているイメージだもの。

 

素敵な英国紳士の役ならぴったりだけれども、今回は英国紳士に加えてスパイっていう役どころ。いつもの英国紳士らしいスマートな佇まいはそのままで、荒唐無稽なアクションがプラスされてる。

 

いや、本当にすごいし、面白かった!!

 

最初のランスロットのパートからアクションシーン満載の作品ですが、どれもすごいのです。

 

 

画像6http://eiga.com/movie/81623/gallery/7/

 

パブのシーンとか。

流れるように、まるで踊るように無駄のない動きで、次々と敵を倒していく。

 

そして、圧巻は教会での大殺戮のシーンですね。

信仰一筋に生きてきたような、頭は固いけれども決して人は殺さなそうな人々が、リッチモンドのたくらみによって、狂暴化し、殺し合うのです。

 

ハリーはその混乱の中で、ひたすら襲い掛かってくる人々を殺し続ける。

けっこうグロなんだけど、ポップでスタイリッシュでなにかアートでも見ているような感覚になりましたわ。

 

たくさんの人が入り乱れているのに、ワンカットで撮ったかような演出になっていて。

計算しつくされた、素晴らしいシーンでした。

 

画像2http://eiga.com/movie/81623/gallery/3/

 

ハリーのパートと並行して進んでいく、エグジーの訓練と選考試験も見ごたえあり。

「師匠」とも言えるハリーとの出会いにより、また訓練を通じて鍛えられて変わってゆく少年の成長譚としても素晴らしいストーリーが展開されます。

 

飼っていた犬を殺す、というのが最後のテスト。

果たしてエグジーはクリアすることができるのか?

 

ハリーがあんなことになって。

でも、本当はきっと無事に違いないと思って。

いつ出てくるかなぁと待ちかねてたら、出てこなかったけど!

 

鍛えられて、すっかり成長したエグジーは、ハリーの代わりにリッチモンドの陰謀を止めるために、立ち向かう。

 

この映画でもっとも衝撃的だったのが、「花火」のシーンでしょうか。

 

あれはまったく予想もつかない描き方。

リアルに描けば、グロテスクで見てはいられないと思うけれども、あのおかげで笑えました。

 

悪趣味もセンスよく突き詰めると、こんなに楽しいのかって教えてくれる作品でした。

 

ラストの王女との絡みも悪趣味でいいね!

 

アーサー役のマイケル・ケイン。マーリン役のマーク・ストロングもよかったなぁ。

 

あ、アーノルド教授を演じてたのがマーク・ハミルだってことは、あとから知りました。全然わかりませんでした。

 

マーク・ハミルはスターウォーズ新シリーズでの今後の活躍が期待されています^^

(▼スター・ウォーズシリーズのスピンオフ『ローグ・ワン』の感想はこちら。)

 

▼リッチモンドを演じたサミュエル・L・ジャクソンのいつもの濃い~演技も見どころ

画像4

http://eiga.com/movie/81623/gallery/5/

 

▼サミュエル・L・ジャクソンのオススメの作品 

 

続編もあります。

▼すっかり一人前?スーツ姿も決まっています。マナーが紳士を作ります。

画像2

出典:http://eiga.com/movie/86303/gallery/3/

 

邦題は『キングスマン・ゴールデン・サークル』に決定!公開時期はまだ未定です。(

2017年5月現在の情報です。)

 

▼参考記事

人気スパイアクション続編「キングスマン ゴールデン・サークル」劇中カット公開! : 映画ニュース - 映画.com

 

以上、『キングスマン』の感想でした。

 

by カエレバ

 

映画好きにオススメなVODサービス「Hulu(フールー)」

 

私が5年以上愛用しているVODサービスです。

定額で映画や海外ドラマが見放題。気が向いたらすぐに観られて返却も不要。

 

無料のお試し期間もありますので、その期間だけ映画三昧するのもアリです(*'-')b OK!

 

⇒月額933円(税抜)で映画・ドラマが見放題・無料トライアル期間あります