すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『ヒルズ・ハブ・アイズ』/砂漠の丘にはやつらが住んでいる!

【スポンサーリンク】

 

 

 

砂漠の真ん中で旅行中の家族が立ち往生。

その砂漠には恐ろしくも悲しい人食いの一族が住んでいました。

 

『ハイテンション』のアレハンドロ・アジャが贈るスラッシャー・ムービー。

 

『ヒルズ・ハブ・アイズ』

 

基本情報

監督:アレハンドロ・アジャ

出演:アーロン・スタンフォード/キャスリーン・クインラン

製作:2006年/アメリカ

 

ウェス・クレイヴンの『サランドラ』(1977年)のリメイク作品。クレイヴンはこの作品では製作に名を連ねています。

 

監督は 『ハイテンション』のアレハンドロ・アジャ。

この映画も『ハイテンション』に劣らずかなりグロテスクで痛々しい描写が満載です。スラッシャー好きな人にはオススメ。

 

あらすじとメンバー紹介

 

長年勤めた警官を退職したボブは、銀婚式を妻と家族とともにキャンピングカーでカリフォニアへ向かう旅に出ていました。

 

メンバーは、

  • 元刑事のパパ:ボブ。高圧的な性格。
  • その妻であり、みんなのママ:エセル。家族思い。
  • 娘その1:リン。一児のママ、ダグのなだめ役。
  •  娘その1の旦那さん:ダグ。ボブと犬猿の仲、奥さんにボブの愚痴や嫌味を連発。
  • ダグとリンの赤ちゃん:キャサリン。愛らしい。
  • 息子その1:ボビー。好奇心旺盛、妹に意地悪してみたい年頃でもある。
  • 娘その2:ブレンダ。ちょっと反抗期で難しいお年頃。かわいい。
  • ワンコ:ビューティ&ビースト っていうメンバーです。

 

旅の途中、立ち寄ったガソリンスタンドで、その店主から「近道」を教わる一家。 しかし、この店主がそもそも怪しい。何か「秘密」を持ってる。(「耳」も持ってる。)

 

2時間は短縮できるという話のうのみにして、一家が近道を走っていると、

 

車はパンクして、岩に衝突して大破。

修理は不可能、携帯電話は圏外。

砂漠のど真ん中。

 

f:id:sakuraho:20170217180003j:plain

 出典:http://www.imdb.com/title/tt0454841/mediaviewer/rm1823586304

 

 さあ、どうする?

 

一家は無事に砂漠を抜け出せるのか?

 

【スポンサーリンク】
 

感想(ネタバレあり)

 

砂漠で立ち往生…。

 

ボブはさきほどのガソリンスタンドに戻り電話を借りてレッカー車を呼びに、ダグはそのまま進行方向に進んで助けを求めに行くことに。

 

残された家族たちは、何が起ころうとしているのか、まだ知らない。 ダグとボブを心配しているものの、まだ余裕があり、談笑しながらみんなでご飯を食べたり。

しかし、そんな彼らの様子をうかがう何者かの影。

 

その砂漠には、度重なる核実験の結果、

異形となった恐ろしい食人一家の暮らす丘があったのです。

 

犬が走ってどこかに行っちゃったら、フラグですよねぇ…。

走っていく犬を追いかけて走ってゆくボビー。

 

あぁ、やばい、やばいよう。ボビーがやばいよう。 と、思いながら見ておりましたら、

ワンコの悲しい悲鳴が聞こえてきて、腹を裂かれて絶命しているワンコのビューティが横たわっていました。 慌てたボビーは走って転んで頭を打って気絶。

 

そこに現れる人影。

食われるのか?ここでボビーが食われるのか? と、思ったらとりあえず大丈夫でした。

赤いパーカーを着た少女ルビーが、守ってくれていたのです(´▽`)

 

ダグは歩いて行った先で、巨大なクレーターに捨て置かれた車の群れを発見。

のんきに、ぬいぐるみとか釣竿なんか持ってきて「トワイライ・トゾーンみたいだったよ~。」なんて言ってますけれど。

 

それって、被害者の車ですから。あなたたちと同じ(><)

 

一方、ガソリンスタンドに向かったボブ。

 

すでに奴らに捕まっています。

 

徐々に、何者かの手の中にはまってゆく一家。

やつらは長年の実績と経験と積んだチームワークを武器としており、一方の一家はごくごく一般人なので、なすすべもない。

 

f:id:sakuraho:20170217180358j:plain

出典:http://www.imdb.com/title/tt0454841/mediaviewer/rm1840363520

 

キャンピングカーに入り込んだ異形の男が、美少女ブレンダに涎を垂らしながら近づき、襲い掛かる。

一家の注意をそらすために、離れた場所で炎が上がると同時に響き渡る悲鳴。

燃やされていたのは、なんと、ボブ・パパでした。

 

錯乱状態で燃やされているパパに駆け寄って、助けようとする一家をよそに、キャンピングカーでは引き続き、ブレンダがやつらに襲われてます。

ペットのインコも頭からパクリ(><)

 

キャンピングカーでの異変に気付いたリンが車に駆け戻る。

娘のキャサリンを助けようと立ち向かうも、襲われて殺される。

娘たちと孫を助けようとしたエセル・ママも殺される。

赤ん坊はさらわれる。

 

立ち上がるダグ。

 

f:id:sakuraho:20170217180440j:plain

出典:http://www.imdb.com/title/tt0454841/mediaviewer/rm144283904

 

ものすごい惨状に、ここまでは一方的にやられるだけだった一家は一気に反撃。

高圧的な舅に逆らえずに、奥さんにグチグチ言ってるだけだった軟弱なダグが別人のように変わる。 娘を取り戻すために、やつら相手に戦うのです。

 

やつらに捕まえられ、

やつらの食糧保管庫らしき箱の中に放り込まれ、

切り取られた被害者たちの腕や足に囲まれても。

斧で指を切り落とされても。

頭に星条旗を刺された舅の焼死体を目の当たりにしても。(なに、このデコレーション!)

 

彼はあきらめずに立ち向かってゆく。

もうだめだと、観てる側が何度も思う展開だったけれども、彼は死なない。

やつらを一人、また一人と倒していく。

 

血の海に落ちた眼鏡を拾って颯爽とかけるシーンでは、当初は全然気づかなかったのですが、ダグが実はハンサムだったこと気づいてしまいました。

 

一方、パートナーのビューティーを無残に殺されたビースト君も大活躍。

容赦なくやつらの喉元にくらいついてゆきます。 頑張れ、ワンコ!

 

ブレンダ&ボビーのコンビも忘れてはならない。 ボビーもすっかり成長し、へたれた顔を見せずに妹を背後に守りつつも協力し合って、奴らを倒す。

 

そして、息子くんを守ってくれた赤いパーカーの少女ルビーちゃん。

彼女は普通の女の子としての暮らしにあこがれていたんだろうね。精一杯のおしゃれをしていて、赤ん坊を愛らしく思う人間らしい心を持っています。

 

奴らに赤ん坊を殺させないために、彼女にも戦いがありました。 自分の命を捨てて、奴らを道連れにして崖から身を投げるシーンは、なんとも切ない気持ちになりました。

 

なんとか生き延びたダグ、キャサリン、ボビー、ブレンダ、ビースト。

 

しかし、そんな彼らを遠くから双眼鏡で見つめる誰かの目がありました。

 

さて、彼らは本当に助かるのか? という、不穏な余韻を残して作品は終わります。 続編があるらしいですね。

 

まとめ

 

『ハイテンション』はけっこう前に観ていたのですが、この作品はなかなか手に取れずにいました。 借りようかな、どうしようかな、やっぱり今日は止めよう、とその繰り返しで。

と、言いますのも、私、ホラー映画は大好きなのですが、身体的に痛い描写はあまり得意ではなく、『ハイテンション』がとっても痛すぎる映画だったので、観る勇気が出なかったのです。

 

ま、今日、ようやく見ることができた次第です。

異形の被爆者が人肉をするという内容が内容だけに、ツタヤでは自主規制して取り扱いがないそうです。私は楽天レンタルを利用しました。

 

冒頭の奇形の赤ん坊の写真がリアルだなぁと思ったのですが、あれ、本物で、ベトナム戦争枯葉剤の影響を受けた結果なんだとか…。

 

以上、『ヒルズ・ハブ・アイズ』の感想でした。

 

by カエレバ

 

▼パート2もあります。 

by カエレバ

 

▼本作が好きな方にはハイテンションも絶賛オススメです。血しぶきが芸術的。 

by カエレバ

 

▼映画好きにオススメな動画サービス「Hulu(フールー)」

 

定額で映画や海外ドラマが見放題。気が向いたらすぐに観られて返却も不要。

5年くらい愛用しています。無料のお試し期間もあり。

 

 ☆こちらもあわせてどうぞ☆

 

▼強盗に入ったら家主のおじいちゃんが最強だった。

『ドント・ブリーズ』/息もできない恐怖。おじいちゃんが怖すぎる||||||||/(≧□≦;)\|||||||オーノー!! 

 

 ▼悪魔に憑りつかれた少女。

『死霊館2 エンフィールド事件』/ウォーレン夫妻ふたたび。SAWシリーズの監督が贈る実話を元にした傑作ホラー。