すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『記憶の棘』/いつかまた、別の人生で君と出会いたい。

【スポンサーリンク】

10年前に死んだ夫が、還ってきました。10歳の少年として。

 

 

   

主演はニコール・キッドマン

珍しくショートカットなのですが、それがとっても素敵な 美しい未亡人の役どころ。

たまたまなんですけれども、これ、先日観た『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』の監督と同じ人の作品でした。

『アンダー…』と比べると、わかりやすい(観やすい)感じでしたが、それでも観客に丁寧に説明してくれるような優しさはなかったな。

 

冒頭、雪の積もった道を一人の男性が走っているシーンから始まります。

そしてその男性が突然倒れてしまい、赤ん坊が生まれるシーンに場面が変わります。

次はいきなり10年後に時間が飛んで…。 という、感じ。

  

私、この作品好きだなぁって思った。

 

10年前に最愛の夫を心臓発作で亡くした美しい未亡人のアナ。 何度も断られながらも、ずっと愛し続け、プロポーズしてくれたジョゼフと婚約をした。

しかし、ある日、10歳の少年がアナの前に現れて言う。

 

ショーンだよ。ジョゼフと結婚しないで。」

 

最初はただのいたずらだと思ったアナですが、ショーン少年は、彼が夫でないならば、知りえないことを知っており、アナは動揺し、徐々にショーン少年=死んだ夫ショーンであると信じてゆく。 アナは、夫を心から愛していたんだね。 その喪失は、ジョゼフの存在では埋められていなかった。

 

アナはまだ若い。 それで10年前に夫を亡くしているということは、かなり若くして結婚して、おそらく結婚生活も短かったんじゃないかな。 もしも、最愛の夫を亡くして。 目の前に「僕だよ。」って現れたら、私だったらそれがウソでもいいから信じたい。 夫しか知りえないことを知っていて、本人としか思えないのなら、相手が10歳の少年でも離れられなくなると思う。

 

アナは気づいてしまう。 自分が愛しているのは、ジョゼフではなくショーンだということに。

 

ようやく想いが叶い、アナを手に入れたかに見えたジョゼフだが、たった10歳の子供のせいで、もろくも崩れ去ってしまう。

ジョゼフもまだ気づいてしまうのだ。

アナが愛しているのは、自分ではなく、ショーンだと。

 

ジョゼフのショーンに対するキレ方がハンパない。

愛する女性を奪われそうになって、ジョゼフは生まれ変わりなんて信じてないから、ショーンはただのうそつきな子供でしかないし、しかも目的も不明。 気持ちはわかるけれども、あのキレ方は…ねぇ。

大勢の親族の前で、理性をなくし、ショーン少年を抱え上げて、おしりをペンペン。 その場にいた一同ドン引きしてたけれども、私もテレビの前でドン引きでした。 もちろんアナも。 ジョゼフもやっちまったぁって顔してたけれども、もう時間は戻せないからね。 いたたまれずに、家を出て行ってしまいます。

 

アナとショーン少年。 中身は大人のショーンかもしれないけれども、外見は10歳の子供。 二人は禁断の関係にしか見えない。

一緒にお風呂に入るシーンもあったり。

 

「何をしてるの。」

「僕の妻を見てる」

 

アナがショーン少年を詰めるシーンもあったり。

 

「私を養えるの。」

「夜はどうなの。経験があるの。」

 

なんていう感じの、けっこうきわどいセリフもあります。

 

そして、アナが思いっきり腰を曲げて、ショーン少年が思いっきり背伸びしてのキス。

警察に捕まってしまうような関係なので、周囲は別れさせようとするけれども、アナはもうショーンから離れられない。

 

「どこか遠くに逃げよう。10年経てば結婚ができる。」と。

 

もう十分に分別がつくはずの年頃の女性がそこまで言うのです。 ショーンを演じているのは、キャメロン・ブライトという子役。 『バタフライ・エフェクト』で7歳のトミーを演じていました。現在は23歳になっていますが、『トライライト』シリーズなどに出演していて、現在も役者として活躍しています。

 

外見はドラゴンボールのリュック持っていたり、グンゼっぽいブリーフ履いてて、手がぷっくりな正真正銘の子供なんだけど、彼の中身は子供じゃない。見事な演技でした。

 

果たして、ショーン少年は本当にショーンの生まれ変わりなのか?

物語は意外な方向へ。 アナとジョゼフの婚約披露パーティーに時はさかのぼります。 ショーンの友人クリフォードとその妻クララの姿がありました。 なぜかクララはすぐに会場へ入らず、夫に嘘をついてその場を離れます。そして人気のない公園へ行き、何かを埋める。 その後をそっとついてゆくショーン少年の姿がありました。

 

クララは言う。

「アナは妻。恋人は私。あなたがショーンなら、戻ってくるのは自分のところ。アナのところじゃない。」

 

あの時、クララが埋めたのは、アナからショーンへ送った手紙。 ショーンはクララへの愛を証明するために、あえて封を開けずに、そのままクララにあげていたのです。

ショーンは中々アナと離婚できず、それゆえにクララはアナを強く憎んでいて、あの日のパーティーでその手紙をアナに返すつもりだったのだ。

それができずに、公園に手紙を埋めたのでした。

 

なんという、執念深さ。

不倫相手が死んで10年が過ぎ、夫の死から立ち直り再婚が決まった女性を傷つけてやろうとする黒い想い。

これ、相当怖いよね。

 

そして、自分はショーンの親友の妻でありながら、本当に生まれ変わりならショーンに会いたかった、と言う。 演じているのはアン・ヘッシュ。中性的でクールな感じの美人さんです。

ショーンへの想いを語るシーンは女性の情念にあふれていました。

 

二人の女性を死んでなお、ここまで虜にし続けるショーンという男。 映画には全然出てこないのですが、どれほど魅力的な男だったんでしょうね。

毎日毎日いろんな教会で、30回結婚式を挙げた、というのだからかなりの情熱家だとは思うけど。

 

クララが埋めた手紙は、ショーンのリュックサックの中にありました。

ショーン少年の父は、アナの自宅と同じ建物のとある家で家庭教師をしており、父の仕事が終わるのを、ショーン少年はいつもロビーで待っていた。

彼はアナのことを知っていたはず。

その手紙を読んで、ショーンになりすまそうとしたのか。

それとも、その手紙を読んで、自分はショーンだと思い込んでしまったのか。

それとも、本当に生まれ変わりだったのか。

 

結論ははっきりと描かれなくて、どの説を取っても説明のつきにくい部分があり、だからこそ、観る者の判断にゆだねられているのだと思います。 ショーン少年は「自分はアナの夫のショーン」だと本気で思っていたのだと思います。 嘘をついて、だましている感覚ではなかった。 だから、実はショーンが愛していたのはクララだと知って、あんなにもショックを受けたのだと思う。

 

「僕はアナだけを愛している。だから僕はショーンじゃない。」

 

なんて、切ない愛の告白。

そうして二人は別れ、ショーンは学校に戻り、アナはジョゼフと復縁します。

 

最後に見せたショーンの笑顔。

写真撮影用に作った笑顔でしたが、あれが唯一、この映画の中でショーン少年が見せた笑顔でした。

彼はきっと、もう普通の子供には戻ることはないのでしょう。

彼は大人の男として、アナを愛したから。

彼は言う。

 

「いつかまた、別の人生で君と出会いたい。」

 

子供と大人ではなくて、もっと釣り合う年齢で、なんの障害もない関係でまた出会って恋をしたい。ショーンは今もアナを愛し続けているのでした。

 

ジョゼフと復縁したアナですが、彼女もまた、もう戻ることはできない。 結婚式の日、彼女は泣きながらドレスのままで、海に入ろうとする。 彼女の心には棘のようにショーンへの想いが刺さったまま抜けておらず、もう二度とショーン少年に会う前のようには生きられないのだろう。

あぁ、ジョゼフが気の毒。残酷だなぁって思いました。

 

もしも、ショーンが不倫をしてることを知ってたら、ここまでショーンに思いを残すことはなかったんじゃないかな。 自分と離婚してほかの女と再婚しようとしていたのに。 それを知らずに自分は愛されていると思ったまま。 綺麗な思い出だけが残って、過去から抜け出せなくなってしまったんだなぁ。

 

トーン暗めで、重々しい感じと、ちょっとざらついた感じもする映像が、とっても綺麗でした。 監督のジョナサン・グレイザーはミュージックビデオなんかを撮ってきた人らしいので、画にこだわりがあるんでしょうね^^

出演シーン少ないけれども、あの大女優のローレン・バコールも出演。 やはり存在感があって、すごかったぁ。