アカデミー賞受賞 ヒューマン・ドラマ 映画

『フィラデルフィア』/トム・ハンクス、デンゼル・ワシントン共演のシリアスな法廷ドラマ。

更新日:

記事上アドセンス

『フィラデルフィア』

基本情報

監督:ジョナサン・デミ

出演:トム・ハンクス/デンゼル・ワシントン

製作:1993年/アメリカ

監督は『羊たちの沈黙』ジョナサン・デミ。(2017年4月26日 73歳で死去)

『レイチェルの結婚』では重すぎる傷を負った家族の物語をPOV方式で撮っていました。

▼『レイチェルの結婚』 の感想です。

『レイチェルの結婚』/取り返しのつかない過ち。 

あらすじ

フィラデルフィアの一流法律事務所に勤める優秀な弁護士のベケット(トム・ハンクス)はある日エイズであることを理由に事務所を解雇されてしまう。

不当解雇として事務所を訴える決意をしたベケットは何人もの弁護士に依頼を断られた末にかつて裁判でやりあったことのあるミラー(デンゼル・ワシントン)に弁護を依頼する・・・。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

感想(ネタバレあり)

二大スターの共演。

繰り返し何度も観てしまう大好きな作品で、そしてそのたびに深い感動を覚えます。

そしてこの映画の見どころは、何と言っても2大スターの共演です。

トム・ハンクスもデンゼル・ワシントンも大好きなので、この二人が共演しているなんて、夢のようです。

同性愛者であるということと、エイズであるということ、二重の差別と偏見にさらされながら、断固それらと戦い、なお病とも戦うベケットを演じるトム・ハンクスの演技は鬼気迫るものがあります。

彼はこの作品でオスカーと受賞していますが、納得のオスカーです。

▼トム・ハンクス出演作の感想記事です。

『ハドソン川の奇跡』/クリント・イーストウッド監督作品

『王様のためのホログラム』/砂漠に転勤、さあ大変!

ベケットを弁護する弁護士を演じているのはデンゼル・ワシントン演じるミラー。

彼自身エイズには無知であり、無知ゆえの恐怖から当初はベケットを遠ざけます。

しかし彼を動かしたのは、弁護士ゆえの正義感と使命感。そしてベケットの不当な差別に屈しない強い態度を目の当たりにしたからでした。

ベケット自身、好奇の眼差しで見られ、心無い中傷を受けながら不利な裁判を戦うことになります。

そして、こう言います。

「同性愛者は好きではない。でも法が破られたのだ。」

物語の終盤、ミラーのベケットに向ける眼差しの中に少なからず含まれていた同性愛者やエイズへの恐怖や嫌悪が消え、二人は深い友情で結ばれます。

オスカーを受賞したトム・ハンクスに決して負けない名演です。

▼デンゼル・ワシントン出演作品の感想記事です。

『フライト』/デンゼル・ワシントンが珍しくクズな人物を演じています。

以上、『フィラデルフィア』の感想でした^^

by カエレバ

作品の舞台はフィラデルフィア。

フィラデルフィアとはギリシャ語で「兄弟愛」という意味で、この町はアメリカ合衆国の最初の首都、独立宣言が行われた地でもあります。そのような偉大な歴史を持つ法と正義の街だからこそ、この作品の舞台となったということです。

そしてロッキーの故郷でもあります。(ロッキー大好き♪)

関連記事

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-アカデミー賞受賞, ヒューマン・ドラマ, 映画

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.