すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『ワンダーランド駅で』/運命の人に出会うまでの物語。

【スポンサーリンク】

 

本日の映画は『ワンダーランド駅で』

 

運命の人に出会うまでを描いた物語なんだね。

 

珍しい設定だね。出会いそうで出会わないのでヤキモキさせられるよ^^

 

『ワンダーランド駅で』

 

基本情報

監督:ブラッド・アンダーソン

出演:ポープ・デイビス/フィリップ・シーモア・ホフマン

製作:1998年/アメリカ

 

監督のブラッド・アンダーソンは『セッション9』『マシニスト』を監督した人。 こういうのも撮るんだなぁと、ちょっと意外でした。最近だとハル・ベリー主演の『ザ・コール 緊急通報指令室』を監督しています。

 

▼本作の監督、ブラッド・アンダーソンの他の作品はこんな感じ。 

 

実在の廃墟の病院を使っていて、雰囲気がめちゃ怖い。


セッション9 [DVD]

 

クリスチャン・ベールが痩せすぎ。


マシニスト [DVD]

 

ハル・ベリーの髪型が爆発しています。


ザ・コール 緊急通報指令室 [Blu-ray]

 

あらすじ

ボストンに住む、アランとエリン。

同じルートを走る電車で通勤しており、お互いに気が付かないまま、何度もすれ違っている。

 

やがて恋に落ちる二人が出会いそうで出会わないまま、すれ違いを繰り返しながら、ようやく出会うまでを描いた物語です。

 

ボサノヴァが映画を彩ります。

 

ボサノヴァの音楽が印象的で、さわやかな映画でした。

淡々としてて、やや眠くなりましたけれど…。

 

「運命は信じない」と言っていたエリンですが、 しかしこの映画を観ると、運命という言葉を信じたくなります。

 

自分にしっくりくる、運命の人は必ずいる、いつか必ず出会える。

そんな希望を感じさせてくれる。

 

それにしても見つめ合った瞬間に恋が始まる、っていうのが外国っぽいですよね。

 

【スポンサーリンク】
 

ポープ・デイヴィスが綺麗です。

 

エリンを演じたのはポープ・デイビスいう女優さん。

ちょっと気難しく神経質なところがあり、すぐに考え込んで眉間にしわを寄せてしまい、近寄りがたい表情になってしまうのですが、とっても美人さんです。

 

ホープのちょっとクールで知的な容姿はエリンにぴったりだと思いました。

 

見たことあるな~と思って調べたら、『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』でグウィネス・パルトロウのお姉さんを演じていた女優さんでした。 

 


プルーフ・オブ・マイ・ライフ [ グウィネス・パルトロウ ]

 

最近だと、M・ナイト・シャマランが製作総指揮を執った『ウエィワード・パインズ』のちょっと怖い学校の先生を演じていました。


ウェイワード・パインズ 出口のない街 DVDコレクターズBOX [ マット・ディロン ]

 

フィリップ・シーモア・ホフマンの存在感

 

エリンのダメダメな元彼をフィリップ・シーモア・ホフマンが演じています。

 

声が似てるなぁと思ってよく見たら本人でした。 ちょっとしか出てないけど、けっこうな存在感ですよ!まだブレイクする前らしい。

 

by カエレバ

 

以上、『ワンダーランド駅で』の感想でした。