すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『妖婆の家』/大女優ベティ・デイビスが怖い。

【スポンサーリンク】

 

乳母が何か企んでいそうです。

 

ベディ・デイビスの主演作の中ではマイナーな方だと思いますが、とにかく不気味!怖い!邦題はイマイチだけれども、ベティ・デイビスの演技は必見の価値あります。

 

妖婆の家

基本情報

監督:セス・ホルト

出演:ベティ・デイビス/パメラ・フランクリン

製作:1966年/アメリカ

 

あらすじ

舞台はイギリスのとある上流階級の家。

精神障害児として2年間施設で過ごしたジョーイが家に戻ってくる日。

 

母親はジョーイが戻ってくるという事実を受け入れることができずに泣いてばかりだ。母親はジョーイを迎えに行くことができず、代わりにばあや(=乳母)がジョーイを迎えに行くことになるのだが、ジョーイはそのばあやに異常なまでに反抗的な態度をとるのだった。

 

ベディ・デイビス目当てに鑑賞しました。

 

何か企んでいそうな怪しげな乳母を演じるのが『イヴの総て』『ジェーンに何が起こったか』で知られる、ベティ・デイビス。

 

AFI(アメリカン・フィルム・インスティチュート)が選出した「最も偉大な女優50選」でキャサリン・ヘップバーンに次いで2位。尊敬の想いをこめて「フィルムのファースト・レディ」と呼ばれました。

 

その生涯でアカデミー賞に10回ノミネートされましたが、うち1938年から1942年までは5年連続という考えられないような記録が残っています。

 

ばあやが怖い。

 

どうしてジョーイがひどく”ばあや”を嫌うのか…。

当初は観る者にはわからないので、生意気で可愛げのないジョーイにいらだちすら覚えるほどでした。

 

しかし、その反面不快極まりないジョーイの態度に眉をひそめることもせず、どこまでも優しく丁寧に接するばあやの態度にはなんとなくぞっとするような不気味さを覚えることも確かです。

 

そして物語が進むにつれて、徐々にいくつかの事実がわかってきます。

 

ジョーイにはどうやら妹がいたらしいこと。

妹は死んでしまい、その死にジョーイが関係しているらしいこと。

それが理由で彼は施設に入っていたらしいこと。

 

そして大人たちが信じているそれらの事実の奥には、別の真相が隠されており、その真相こそがジョーイのばあやへの反抗の理由なのでした。

 

ストーリーはシンプルなものなのですが、何よりもベティ・デイビスの存在感が強烈に際立っています。

 

まさに「怪演」という言葉がぴったり。

不気味な雰囲気を漂わせる”ばあや”の、じっとりとした目つきが脳裏から離れなくなり、心が大いにざわめきます。

 

ジョーイどんなに反抗的な態度を取っても、親切で寛大な顔をして、ジョーイにまとわりつく。気持ちの悪いばあや。

深夜にドアの外でジョーイの様子を伺っているシーンは背筋がうすら寒くなりました。

 

ジョーイの母親は幼い頃からそばにいたばあやに絶対の信頼を寄せており、大人たちは誰もジョーイを信じない。観ている側も、ジョーイが嘘を言っているのではないか?と思いそうになるくらいジョーイには可愛げがない。

 

反抗的で憎たらしい子供の悪ふざけが過ぎているようにしか、見えなかったりするのですが、まだ10歳の幼い子供にはあんな風に反抗的な態度を取ることが戦いだったのしょう。

 

大好きなママにも信じてもらえず、一人で戦うしかなかったジョーイ。彼のの気持ちを思うと胸が痛くなります。

 

ばあやとおばさん(ジョーイの母の姉。心臓が弱い)の対決シーンもみどころ。

とにかくばあやが怖すぎ(((( ;゚д゚)))

 

ほとんどのシーンが部屋の中ということもあり、全体的に暗い映像で、加えてモノクロの引き締まった雰囲気が緊迫感を増していたように思います。暗闇に浮かび上がる、無表情なばあやの顔から目が離せません。

 

ジョーイと階上に住む14歳の少女とのやりとりがちょっとした癒しになっていました。

 

邦題。

 

それにしても邦題の「妖婆」という言葉も、どうなの?って思う。

悪いのはばあやです、って、言ってるも同じじゃないか。

原題は『THE NANNY』、そのまんま「乳母」という意味。

 

以上、『妖婆の家』の感想でした。

 

妖婆の家 [DVD]
by カエレバ

 

その他、ベティ・デイビスの出演作。

 

『何がジェーンに起こったか』歌って踊る姿が恐ろしすぎる。 
何がジェーンに起こったか? [DVD]
by カエレバ

 

『八月の鯨』おばあちゃんになっても素敵♪ 
八月の鯨 [DVD]
by カエレバ

 

映画好きにオススメなVODサービス「Hulu(フールー)」

 

5年以上愛用しています。

定額で映画や海外ドラマが見放題で気が向いたらすぐに観られて返却も不要。

無料のお試し期間もありますので、その間だけ映画三昧するのもアリです(*'-')b OK!

 

▼2週間無料でトライアル!