ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。近日中に修正が完了する予定です。

女性同士の人間関係の難しさ。 水島広子さんの『女子の人間関係』を読んで。

f:id:sakuraho:20161130122214j:plain

なんとなく。気になっていた1冊。

ちょっと気になった1冊『女子の人間関係』と私の女子の人間関係にまつわる苦い思い出。

『女子の人間関係』読んでみました。

by カエレバ

著者の水島広子さんは元衆議院議員で精神科医です。

女性同士の人間関係の難しさについては、自身の経験からも痛感しているし、周囲の人からもさんざん聞かされてきた。

悩んで傷ついた経験のない人なんていないだろう。

多くの人が女性特有の付き合いはややこしいと思っているのに、なぜなくならないのだろうと不思議にも思う。

物心ついた時から、大人になった今でも、私はいわゆる女性特有の人間関係がとても苦手です。というか、人付き合い全般が苦手です…。

本を読んでも悩みが簡単に解決することはないかもしれませんが、心の持ちようは変わることがある。少しでも楽になりたくて手に取りました。

以下、内容のご紹介をしますね。

<スポンサーリンク>

「女」とは。

この本では、カッコつき「女」という言葉が使われています。

この場合の「女」は生物学的な意味合いでの女ではなく、いわゆる女性の嫌な習性、さが、というべきもののことを差しています。

たとえば、以下のような特徴のこと。

・自分より恵まれたものに嫉妬する。

・他人と自分を比較してひがむ。

・群れたがる、異質なものを排除する。

・男性の前で態度が変わる。

・裏表がある。

・相手の領域を侵害する過干渉

などなど。

こうやっていくつか書いているだけで、もう気持ちが重くなる。

あぁ、まさに「女」私が苦手とする女性の特徴である(゚д゚)(。_。)ウン!

まずこの「女」という言葉の使い方に慣れないと、ちょっと読みづらいかもしれない。

どうして女性は「女」になってしまうのか。

f:id:sakuraho:20170509174603j:plain

著者によると、それは女性が「選ばれる性」であることに由来するという。

誰かが選ばれるということは、選ばれない誰かがいるということ。

だから 「選ばれなかった人」は傷つき、嫉妬し、僻み、「選ばれた人」に対して、嫌味を言う。

「選ばれたい」という思いから、自分とは違う意見やライフスタイルの人間に対しては、自分を否定された=「選ばれなかった」と感じ、攻撃をしかける。

さらには「選ばれる」ために「相手に好かれよう」として、世話を焼きすぎたり相手の心を読みすぎたりして、自分と他人の領域が曖昧になり押し付けやお節介が発生する。

もともと、女性に対して、相手の心を読み、細やかな心配りを求められるという風潮もあり、「領域」の区別がつけられない女性が増えてしまうのだとか。

んー、なるほど(゚д゚)(。_。)ウン!

「選ばれる」「選ばれない」が「女」の原因すべてだとは思わないけれども、

「選ばれていない」女性は肩身が狭くて、軽んじられがち。

そんな側面があるのは確かだと思う。

そのような状況から抜け出すためにも、「選ばれたい」と強く願うようになってゆく。

そして「選ばれる」ということに価値を置きすぎると、絶対評価ではなく、周囲との相対評価でしか判断できなくなる…。

私たちの周りにいるさまざまな「女」とのかかわり方

f:id:sakuraho:20170509174924j:plain

この本では、私たちの周りにいる様々なタイプの「女」とのかかわり方について、以下の3ステップでアドバイスしてくれています。

ステップ1 巻き込まれない

ステップ2 自分を守る

ステップ3 女を癒す。

様々な、「女」がいますよね。

・比べたがる「女」

・「敵」「味方」を作りたがる「女」

・ママ友、社宅、「社会的な仕事」としての「女」

・「形ばかりのつながり」と求める「女」

・「自分は自分、他人は他人」ができない「女」

etc

具体的に特定の人物の顔が浮かんだ方も多いはず。

私は「比べたがる女」と「自分は自分、他人は他人ができない女」にお悩み中です(w_-; ウゥ・・

うん、私はまずステップ1『巻き込まれない』ができてない!

完全に巻き込まれてる(TmT)ウゥゥ・・・

「女」からぶつけられる嫌味や悪意を、もろに受け止めてしまっています。

そうやって真正面から受け止めた時点で、それはもう相手の問題ではなく「自分」の問題になってしまう。

嫉妬や僻みは、あくまでも相手の「女」の問題。私の問題ではない。

 

でも、巻き込まれてしまうことで自分の問題にしてしまっている。

「選ばれる性」である女性は「自分がどうしたいか。」よりも「どうやったら好かれるか」を優先しがち。

けれども、それをしてしまうと本来の自分を見失い相対評価の中でしか生きられなくなってしまう。それは辛い。自分自身の軸を見失ってしまうことだから。

相手がどう思おうと、自分は自分。

なかなかすぐにはできないけど、嫌味を言われたら、感情的に受け止めずに冷静にそう自分に言い聞かせてみよう。

そうすることで自分を守ることもできます。

f:id:sakuraho:20170509175243j:plain

この本を読んで気づいたのは、私自身も確かに「女」であるということ。

他人に「女」をぶつけられて、心がざわめいて傷つくのは、それは私の「女」の部分が反応しているからなのだ。自分のなかの「女」を認めてあげて、そして癒してあげる。

相手の「女」に巻き込まれず、自分は「女」にならない。

それこそが、女性同士の人間関係に疲弊しない方法。

難しいと言えば難しい。

嫌味を言われて、反応するなってなかなかできないもんね^^;

私は思いっきり顔に出てしまうし、言葉にも出して反応してしまう。もしくはびっくりしすぎて何も言えずに、その後、妙に相手に気を使ってしまい挙動不審になる。

スルーするということがとても苦手です。

しかし「女」に「女」で返しても、関係をこじらせるだけ。

確かにそうであったと。

過去にこじらせた女同士の関係を思い出す。

相手の領域と自分の領域をしっかりとわける。

相手の「女」に傷つけられても、それは彼女の「女」の問題なので、それは彼女の領域の問題。それによって自分の領域が傷つけられるものではない。

そう言い聞かせて、うまくスルーしてゆくことを心がけていく。

こちらが反応してしまうから、相手も止めないのよね。

<スポンサーリンク>

 一番面白かったアドバイス。

f:id:sakuraho:20170509175623j:plain

 

 「変わった人になればいい。」

確かに、嫌味も通じない変わった人だと思われれば、手ごたえがないので相手から離れていくかもしれません。

変わった人だと思われれば、疲れる群れから離れられるし、自分の時間を好きに使うこともできる。

いいかもしれない。

どうせ私はすでにちょっと変わった人だと思われてるんだから、このまま変人路線で行こうかな^^

人間関係に苦しんでいる人の、気持ちの持ちようを変えてくれる1冊です。

 

▼『女子の人間関係』

by カエレバ

▼こちらもオススメです。

『女子の人間関係』よりも読み物的で、楽しく読めますが内容はちょっと怖いです…。

by カエレバ

▼感想はこちら。

コメントを残す