アカデミー賞受賞 ヒューマン・ドラマ 映画

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』/痛みとともに生きていく。ケイシー・アフレックがアカデミー主演男優賞を受賞した傑作ヒューマンドラマ。【ネタバレあり】

更新日:

記事上アドセンス

ポスター画像

新宿武蔵野館にて鑑賞。

2017年度アカデミー賞で6部門にノミネート、うち主演男優賞と脚本賞を受賞した脚本です。

とても静かで淡々と進んでいくお話でしたが、登場人物の細やかな仕草や表情、小さなエピソードそれぞれがリアルで繊細で、心が切り裂かれそうになる悲しく苦しいお話。でも最後の最後にほんの僅かだけ光が射すような、そんな作品でした。

かなり好きな作品。いくつかのシーンでぼろぼろと泣いてしまった。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

基本情報

監督:ケネス・ローガン

出演:ケイシー・アフレック/ミシェル・ウィリアムズ/カイル・チャンドラー/ルーカス・ヘッジス

製作:2016年アメリカ

あらすじ

アメリカ、ボストン郊外で便利屋として生計を立てるリーは、兄ジョーの訃報を受けて故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻る。遺言でジョーの16歳の息子パトリックの後見人を任されたリーだったが、故郷の町に留まることはリーにとって忘れられない過去の悲劇と向き合うことでもあった。

http://eiga.com/movie/86138/

取り戻せない過去、償いきれない罪に苦しむ男の絶望と悲しみが描かれます。

以下の2作品はSF作品ですが、テーマが似ている部分があり、ぜひオススメです。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

感想(ネタバレあり)

人生には「取り返しのつかない過ち」というものがあって、ほんの一瞬の不注意、油断、慢心から想像もしていなかった結果が跳ね返される時がある。かと思えば、同じような状況でも何事もなくすんでしまうことがある。別れ道のあちらとそちらでは行き先がまるで違う。いったい何が人の運命を分けるのというのか…。

時間が過ぎても決して癒されることのない心の傷を負いながらも、それでも生きて行かねばならない。いっそ死ねたらと思うのに、心の傷では人は死ねないのだ。

主人公リーが直面した想像を絶する悲劇。

その悲劇をきっかけに彼は故郷を離れ、人と関わることを避け、短絡的に感情のままに他人とトラブルを起こす虚ろな日々を送っている。

▼主人公リー・チャンドラーを演じたケイシー・アフレックはアカデミー主演男優賞を獲得。

画像2http://eiga.com/movie/86138/gallery/3/

暗い海の底でじっと耐えているようなリーの表情。笑うこともない。何かを楽しむこともない。ただ過ぎていく日々をやり過ごす。涙を流したり泣き叫んだりせずとも、全身から哀しみと絶望が伝わってくる。

大きすぎる哀しみは心を壊す。壊れた心はもう二度と戻ることはない。哀しみをたたえたケイシー・アフレックの演技はアカデミー賞獲得も納得の名演技でした。

137分もあるし、淡々と進んでいく作品です。けれど時間は気にならなかった。マンチェスターの寒々しい冬の景色と鈍色の空、空の色をそのまま映したような海。物悲しい景色とリーの心情が見事にマッチしていて美しい映画でした。

決して癒えることのない傷

画像6http://eiga.com/movie/86138/gallery/7/

リーは「これが人の暮らす部屋なのか?」と思うくらい何もない殺風景な部屋で暮らしている。ボストンで最低賃金で便利屋として働いているが無愛想で客とのトラブルも多い。

そんなリーの元へ、うっ血性心不全を患っていた兄ジョーの訃報が届く。リーは故郷に戻り、葬儀の準備などを進めていくがリーは兄の遺言でパトリックの後見人に指名していたことを知る。パトリックの母(ジョーの元妻)はアルコールに溺れ家を出て以来、疎遠になっており、リーより他に適任は見当たらない状況だった。

「あれがリー・チャンドラーか。」

 

小さな町の人々はリーを見るとそう言って顔を見合わせ、眉を潜める。

かつてリーの身に”何か”が起こった。町の人々の様子からそれがとても恐ろしい出来事だということだけがわかる。

物語は兄の葬儀や雑務に追われつつ甥のパトリックの面倒を見る現在に、過去のエピソードが挿入されながら進んでいく。

回想シーンで描かれるのは暗く沈んだ現在と比べて、驚くほど色鮮やかな幸せだった日々。

今とは別人のような冗談好きで明るくて友人も多いリー。そして愛する妻ランディと3人の子供たち。かつてリーはとても幸せな男だったのだ。

一体彼に何が起こったのか?

私の中でひたひたと嫌な予感が押し寄せる。そしてその予感は的中する。

彼は3人の子どもを一度に失ったのだ。しかも自分の不注意で…。

笑えるはずがない。楽しく誰かと会話などできるはずがない。大きな罪悪感と抱えてひたすらに自分を責め続け、子供たちに詫びつづける日々。

何もない殺風景な部屋に飾られた3枚の写真。その写真に何が映っているのかは画面には出てこなかったけれど何が映っていたのかわかる。それはかつての幸せな日々の写真に違いない。他のものは無造作に扱っても写真だけは大切そうにそっと布にくるむ姿が印象的だった。

16歳の精一杯の強がり

画像3http://eiga.com/movie/86138/gallery/4/

 

父親が亡くなったというのにバンド活動や二人の彼女とのデート、友人とのおしゃべりなど普段通りの生活を楽しむパトリック。

リーの都合は一切忖度せず、引越ししたくないと訴える姿は自分勝手で我がままにも見えるが、それは16歳の少年の精一杯の強がりだった。普通にすることであえて哀しみを紛らわせようとしていたのだね。冷蔵庫のシーンは彼の内心の動揺や不安定さがよく表れていたように思う。連絡が取れ再会した母親と一緒に暮らせるのではという一瞬の期待も潰えてしまい、16歳にして親を失ってしまった少年。平常でいられるはずはない。

 

ある時、パトリックはリーが大切に飾ってある3枚の写真を観て息を飲む。彼はその写真を見て改めてリーの身に起こったことに想いを馳せたに違いない。リーもまた大切な人を失っているのだ。この時から少しだけパトリックはリーに歩み寄ったように見えた。パトリックを演じたルーカス・ヘッジスは20歳にして本作でアカデミー助演男優賞にノミネート(受賞はならず。)

妻との再会

画像1http://eiga.com/movie/86138/gallery/2/

 

出番は少なかったけれど、ミシェル・ウィリアムズが演じたリーの元妻ランディの存在感が抜群だった。

この二人が偶然町中で再会するシーン。涙なくしては見られなかった。

 

かつてランディは「地獄に落ちるほどに酷いこと」を言ってリーを責めたのだ。そしてそのことを後悔している。最愛の子どもたちの命を最愛の夫が奪ったのだから、ランディの混乱はすさまじかっただろう。愛情と憎しみで引き裂かれそうで、やり場のない怒りを全力でぶつけたのだと思う。後悔している。でも後悔しても取り返しがつかないことを彼女はわかっている。

「もう恨んでない。」「死なないで。」

ランディは必死に訴える。しかしリーは「その言葉で救われた。」と言うのみで逃げるように去ってしまう。とても救われたようには見えない。愛する人から愛するものを奪い、悲しみの地獄に突き落したのはほかならぬ自分。許されていいはずがない。リーは自分を罰したがっているように見えた。そして新しいパートナーとの間に子供が生まれて表面上は幸せそうに見えても、ランディの心も生きている限り救われることはないのだろう。 二人が失ったものはあまりに大きすぎる。

痛みとともに生きていく。

「乗り越えられない。辛すぎる。」

リーの血を吐くような言葉。

 

彼はそう言ってパトリックと一緒にこの町で暮らすことはできないこと、パトリックはジョーの友人であるジョージ夫妻の養子になることを伝える。感動的な話に仕上げたいなら、ここで過去を乗り越えてパトリックの後見人となり故郷で暮らす、という展開になるのかもしれない。けれどそういう展開ではなかったことで、なんだか逆に救われた気がしたのだよ。

 

「負けないで。」「逃げないで。」「前向きに生きて。」

 

これらの言葉は深い悲しみに底にある人にとっては呪いの刃のように切りつけ、さらに深い闇に落としてしまうことがある。

 

けれど…。ムリに乗り越えなくていい。ムリに忘れようとしなくていい。そんな風に思わせてくれる。癒しようもない傷の痛みに苦しむ人にそっと寄り添うような作品だった。

 

▼かつて幸せだったころのリーの笑顔。

画像8http://eiga.com/movie/86138/

 

回想の中ではたくさん笑っているのに、今はほとんど笑わなくなってしまったリーが少しだけ笑みを見せるシーンが終盤にありました。

パトリックがいつか遊びに来るかもしれないから、と予備の部屋がある大きめの新居をボストンで探すリー。二人のぎこちないキャッチボール。

 

それは彼の小さな一歩でもある。傷が癒されることはないけれど、どうか少しでも心が穏やかになることを祈りたい気持ちになった。痛みと悲しみに彩られた作品の中でわずかに光が射したようなラストでした。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

最後に

自業自得だからリーに共感できなかった、というレビューを目にしました…。人の感じ方はそれぞれだから間違いじゃないけれど、彼の過ちは目の前で3人の子どもを焼死させても仕方がないと言えるほど、大きな過ちだろうか?

 

リーに全く悪気がなくて、むしろ子供たちが寒そうだから暖炉に火を入れたんだろう。そしてちょこっとだけ外出してしまった。自分がいない間に火が消えないように薪をくべてから。たしかに不注意だと思う。けれど、その不注意の代償はあまりに大きい。彼はそこまでの罪を犯しただろうか?私はそうは思えないと感じました。

 

警察で取り調べを受け、あっさり釈放になってしまったことに信じられないといった表情を見せるリー。彼は罰されたかったに違いない。あれほどまでに自分を責めている人を外野から非難することは私にはできない。警官から奪った銃を自らのこめかみに突きつけた時、リーは引き金に手をかけていた。もしも安全装置がかかっていなければ躊躇することなく引鉄を引いていただろう。死ねなかったリーは彼は自分を罰しながら生きるしかなかったのだ。

 

静かな波の音が聞こえるエンドロール。リーのために、ランディのために、亡くなった3人の子供たちのために祈りたい気持ちになりました。

 

以上、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の感想でした。

この映画がお好きな方にはぜひこちらの映画もオススメしたい。SFですが、贖罪をテーマにした深いヒューマンドラマでもあります。

『アナザー・プラネット』/もう一つの地球に、もう一人の自分がいるとすれば、会いたいですか? 

▼その他の劇場公開中の新作映画の感想です。(※ネタバレしています)

現在劇場公開中の映画についての記事一覧【随時更新】

映画好きにオススメなVODサービス「Hulu(フールー)」

私が5年以上愛用しているVODサービスです。

月額933円(税抜)で映画や海外ドラマが見放題。気が向いたらすぐに観られて返却も不要。

無料のお試し期間もありますので、その期間だけ映画三昧するのもアリです(*'-')b OK!

 関連記事

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-アカデミー賞受賞, ヒューマン・ドラマ, 映画

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.