新潟・越後湯沢 QUATTRO(クワトロ)/全部でわずか4室。「グッドデザイン賞」を受賞したスタイリッシュなお宿。①

夫婦二人で行く、越後湯沢温泉の旅レポです。

今回のお宿は、越後湯沢にある「四季Yuzawa QUATTRO(クワトロ)」です。

クワトロは2013年グッドデザイン賞「旅館・ホテル・増築」部門を受賞した、スタイリッシュなお宿です。

全部でたった4室しかありません。だから名前も「クワトロ」

こじんまりした静かなお宿を求めて、宿を「クワトロ」に決めました。

越後湯沢は、大昔、人生でただ一度のスノーボードをするために来たことあります。スノボは人並み外れた運動音痴の私ができるような簡単なものではなく、途中から一人で雪で遊んでただけでしたが…。゜゜(´□`。)°゜。

それ以来、十数年ぶりの越後湯沢となりました(笑)

<スポンサーリンク>

越後湯沢へのアクセス

東京から上越新幹線で約1時間10分。あっという間です。お弁当を食べたら、すぐ着きました(*^-^)ニコ

▼詳細はこちらから確認できます。

QUATTRO(クワトロ)

クワトロ 所在地&アクセス

【住所】新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢1926-4

【電車】上越新幹線で、東京ー越後湯沢・・・約70分。駅から徒歩で5分ほど。

では、建物をご紹介していきます。

 スタイリッシュな通路の先に

グッドデザイン賞も納得の、スタイリッシュな通路が迎えてくれます。

この通路を抜けた先に目的地「クワトロ」があります。

f:id:sakuraho:20161102191717j:plain

この通路は夜になるとライトアップされて、なかなか幻想的な雰囲気になります。

通路の右側には水が流れており、かすかな水音が心地いいんです。この時点で期待が膨らみますヾ(=^▽^=)ノ

通路を歩いてゆきますと…。

▼ありました!「クワトロ」の看板発見!

f:id:sakuraho:20161102191728j:plain

チェックイン手続きは、各部屋にて行います。

クワトロは「さくら亭」という別の宿と隣接しています。「さくら亭」と「クワトロ」は運営会社が同じなので、スタッフも二つの宿を行き来しているようです。

クワトロ専用のフロントが見当たらず、当初どうやってチェックイン手続きをすればいいのか戸惑って、「さくら亭」の方に行ってみたらスタッフが案内してくれました。

全室メゾネット式

▼クワトロは全室メゾネット式なので、屋根が高いんです。

f:id:sakuraho:20161102185017j:plain

4室あるのでドアが4つ並んでいます。高い場所にある窓から光が射しこんで、美しいわ~(*´∇`*)

<スポンサーリンク>

今回のお部屋は「蓮」

今回泊まるのは、「蓮」というお部屋。

f:id:sakuraho:20161102191738j:plain

その他「藤」「梅」「萩」というお部屋があり、お花にちなんだ名前がつけられています。

各室の基本の造りは同じですが、ソファ等のインテリアの色が異なります。

そのせいで、それぞれお部屋の雰囲気が異なりますので、HPで確認してからお部屋を選んだ方いいかなと思います(*^-^)ニコ

お部屋でチェックイン手続き

チェックインはこの場所で。

f:id:sakuraho:20161016170144j:plain

お部屋の玄関を入ってすぐ右にあるダイニングスペース

お食事もここでいただきます。

広々としたつやのあるテーブルが置かれてあり、ミニキッチンもついてます。(左端にちょこっと写ってる)

▼お茶と羊羹をいただきながら、チェックイン手続きを。

f:id:sakuraho:20161102191757j:plain

羊羹はつぶ感あって、好みのお味で美味しかった!!

こしあんもいいけど、あんこは断然つぶ派です.。゚+.(・∀・)゚+.゚

▼ダイニングの天井。天窓から光が射しこみます。

f:id:sakuraho:20161102191830j:plain

天井が高ーい!開放感ありますヽ(^◇^*)/ ワーイ

シーリングファンもおしゃれ感ありますね。

▽クワトロは以下のサイトから予約できます。

では、次回はお部屋内部の詳細を、ご紹介いたします。

次の記事へ>>>新潟・越後湯沢にあるQUATTRO(クワトロ)/全部でわずか4室。「グッドデザイン賞」を受賞したスタイリッシュなお宿。②お部屋編 – すきなものたち。

▽旅のお得なクーポン・割引情報をまとめています。

 

>>>【随時更新】旅行に便利なクーポンとキャンペーンなど割引情報を見る

 

▽越後湯沢の宿・お土産を探したい方はこちら

 

>>>越後湯沢の宿を探す
>>>新潟のお土産を探す

 

関連記事

コメントを残す