すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『ボビー・フィッシャーを探して』/実話を元にしたチェスの天才少年の物語。

【スポンサーリンク】

  

今日の映画は『ボビー・フィッシャーを探して』

 

殺伐とした映画を好んでみる傾向がありますが、ハートウォーミングなお話も好きです。暗くて打ちのめされてどん底に突き落とされる重―い映画もいいのですが、そればっかりだと疲れてしまうので、たまにはこんな温かい気持ちになれる作品も。

 

かわいい子供が登場する映画は大好きなのです(*^-^)ニコ

 

本作は実在するチェスの天才少年の物語です。 

 

 ボビー・フィッシャーとは何者か?

 

ボビー・フィッシャーというチェスプレイヤーをご存知でしょうか?

 

by カエレバ

 

チェスの元世界チャンピオンで、IQ187とも言われる伝説のプレイヤー。

ある日突然失踪してしまうなど非常に謎めいた人生を送ったことで知られていて、日本に滞在していた時期もありました。

 

フィッシャーは2008年に亡くなりましたが、彼の半生を描いた作品がトビー・マグワイア主演の『完全なるチェックメイト』です。

 

by カエレバ

 

本作にはボビー・フィッシャーは登場しませんが、まるでフィッシャーを彷彿とさせるような天才的なチェスの才能を持った少年が主人公で、実話が元になっています。

  

『ボビー・フィッシャーを探して』 

 

基本情報

 

監督:スティーブン・ザカリアン

出演:マックス・ポメランク/ジョー・マンティーニャ/ジョアン・アレン/ローレンシュ・フィッシュバーン/エン・キングスレー

製作:1993年/アメリカ

 

本作は実話を元にしており主人公の少年の父親の著書が原作となっています(▼『ボビー・フィッシャーを探して』フレッド・ウエイツキン著

 

監督のスティーブン・ザカリアンは脚本家としても活躍しており『シンドラーのリスト』第66回アカデミー脚色賞を受賞しています。

 

by カエレバ

 

その他、以下のような作品の脚本を担当。名作ばかりで驚きました。すごいなぁ!この人!!(←今、知りました^^;)

 

レナードの朝 (字幕版)

ドラゴン・タトゥーの女 (字幕版)

マネーボール (字幕版)

 

あらすじ

 

実在したチェスの天才プレイヤー、ボビー・フィッシャー。

アメリカ人として初めてチェスの世界チャンピオンになったが、ある日突然姿を消してしまった伝説の人。

 

そんなボビー・フィッシャーを彷彿とさせるような、チェスの才能に恵まれた7歳のジョシュ。その才能に気づいた父はかつての名プレイヤーであるブルースに息子のコーチを依頼し、ジョシュにチェスの英才教育を受けさせ始める。

 

父親の期待通りにジョシュは力を付け、大会でも勝ち進んでゆくが…。 

 

【スポンサーリンク】
 

感想(ネタバレあり)

 

冒頭。公園で賭けチェス?(賭け将棋のチェス版?)に興味を示すジョシュ

 

ほんの少し彼を見ただけで、その才能を見抜く公園チェスの常連ヴィニー(ローレンス・フィッシュバーン)

 

「奇跡の瞬間」だと思う。

特別な才能に恵まれた子供が、その才能を生かせるものに出会う瞬間。

 

もしもあのときジョシュが公園チェスに出会わなければ、ジョシュの才能は誰にも気づかれぬまま、眠ったままだったかもしれない。

 

世の中にはそんな誰にも気づかれなかった天才がけっこういるのかもしれない。

いや、「見出されること」も含めてが才能であり、「見出されてこそ」の天才か。発見されずに埋もれたまま人生を終えた人は「天才」とは言わないのか。「天才とは何ぞや?」しばし考え込んでしまった。

 

何が「子供のため」なのかというのは難しいところ。 

子供の才能を最大限に伸ばしてやりたいと願い英才教育を受けさせようとする父と、大会で優勝することよりもジョシュが楽しんでチェスをすることを願っている母。

 

どちらの気持ちも共感できる。どちらも間違ってはいない、きっと。

 

チェス中心の生活を送るのは7歳の子供には厳しい。そうかとかといって練習を怠ければ大会で勝ち進むことはできない。

 

父と母は対立することになる。

 

公園チェスが大好きなジョシュ、正しいチェスを身に付けるために公園チェスを止めさせたいコーチのブルース(ベン・キングスレー)。

 

ここでも対立が起こる。

「ただチェスが好きなだけ」なジョシュの気持ちは置いてけぼりだ。

 

ジョシュの父親だけではない。チェス大会では子供よりも親たちの方が必死の様相を見せる。子供は親からのプレッシャーに汲々としている状態だ。

 

親たちのその必死さは怖いほどで、才能を伸ばしているつもりでメンタルを壊されてしまう子供たちはけっこういるのだろうな、、、と感じました。

「子供のため」という大義名分を振りかざし、子供を追いつめていることに気づかない親も多い。

 

勝利にこだわることも大切だ。

しかし、もっと大切なのはジョシュがジョシュであること。

 

ジョシュの父親も一時期はスパルタが過ぎるような雰囲気もありましたが、徐々に冷静さを取り戻し、大きく構えてジョシュを見守るように変わってゆく。

 

このジョシュが本当にいい子なのですよ。ピュアで優しくて賢い子なのです。

チェスをしているときの大人顔負けの心理戦を仕掛ける真剣な顔。チェスを心から楽しんでいるときの無邪気な笑顔。いずれの表情も強い印象を残します。

 

強力なライバルとの対決でのジョシュがした提案。

負けたジョナサンを気遣うような眼差し。

自分より年下のモーガンへの言葉。

 

彼の言葉や行動の端々に優しさとピュアさを感じて…なんていい子なの(w_-; ウゥ・・

うるうるっとしてしまいました。

 

ジョシュはスポイルされることなく、チェスを楽しみながら成長して行ける…。明るい未来と希望を感じさせるラストシーンでした。 

 

以上、『ボビー・フィッシャーを探して』の感想でした。

 

by カエレバ

 

 ▼主人公ジョシュの父親が綴った原作です。

by カエレバ

 

▼本作が好きな方にオススメの作品

 

『完全なるチェックメイト』/ボビー・フィッシャー本人を主人公にした作品。

 

▼映画好きにオススメなサービス「Hulu(フールー)」

定額で映画やドラマが見放題。気が向いたらすぐに観られて返却も不要。

5年以上愛用しています。無料お試し期間がありますので、その期間だけ利用するのもアリです(*^-^)ニコ

 

☆こちらも合わせていかがですか☆

 

▼森の奥に住むヘンテコ一家が森を飛び出した!笑って泣けるロードムービー。

『はじまりへの旅』/普通ってなんだろう?おかしな家族が教えてくれるたいせつなこと。 - すきなものたち。

 

▼幼い妹を思う兄の優しさ。目には見えない大切なお友達を探して。

『ポビーとディンガン』/目には見えないけれども大切なお友達。 - すきなものたち。