ヒューマン・ドラマ

『バベル』/伝わらない想いのもどかしさを抱えて生きる

更新日:

記事上アドセンス

カンヌ映画祭監督賞受賞作品。

日本人女優の菊地凜子がアカデミー助演女優賞にノミネートされたことでも話題を呼びました。

Huluにて鑑賞。

他にもいろいろ作品多数あります。(40,000本以上!)

>>Huluで配信中のおすすめ映画を紹介します!【月額933円で映画・ドラマが見放題!2週間の無料トライアル期間あり】

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

バベル

 基本情報

監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

出演:ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット/役所広司/菊地凛子

製作:2007年/アメリカ

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ(舌噛みそう…。)は『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『レヴェナント:蘇りし者』で二年連続のオスカーを獲得しました。

▼2年連続のオスカー獲得は偉業です!

両作品とも好きは好きですが手放しで好き!とは言いかねる作品…(;^_^A アセアセ・・・

ちょっと難解ですよね。

ブラッド・ピットとケイト・ブランシェットは『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』でも共演しています。こっちは好きな作品(*^-^)ニコ

▼オススメです!

by カエレバ

あらすじ

モロッコの山道を走行中のバスに向けて放たれた一発の銃弾。

その銃弾をきっかけにして大きく動き出す人々の人生が4つの国と4つの言語で語られていく。

モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦リチャードとスーザン。

東京に住む聾唖の少女、チエコ。

アメリカに暮らすメキシコ人の乳母マリアと子供たち。

モロッコの幼い兄弟。

4つの物語が同時並行で進み、しかも時間軸がずれている。

しかしその複雑さも気にならないほどに映画に引き込まれ、あっというまの2時間半でした。

本当に素晴らしかった。

でも、なんだろうね。この映画の感想って書くのがとっても難しい。

最後は感動して涙まで流したのに、何に感動したのか、それを上手く言葉にできない。

感想(ネタバレあり)

タイトルの「バベル」とは…。

それは旧約聖書の「バベルの塔」から。

ずっと昔、言葉はひとつだった。

人間たちは神に近づきたくて、天に届くような高い塔を築く。神はその行いに怒り、言葉を乱して通じなくした。そんなお話。

そう、世界は乱れてすっかりバラバラです。

世界各地では今も戦争が続き、人々は殺し合いを続けている。

人種差別や偏見も根強く、軽蔑し合い、憎悪しあっている。

そして同じ言語を話していてさえ、言葉が通じないこともある。

どんなに言葉を尽くしても、伝わらない思いがある。

人々はそんな現実を目の前にして無力感と絶望に苛まれ、孤独に震えながら生きている。

人と人がわかり合うことは難しい。

伝えたい想いはそこにあるのに、言葉が足りない。

言葉はいつも不完全で、想いに追いつかない。

むしろ言葉がジャマをしたりする。

大好きな人に「大好きだよ」ってただ、伝えたいだけなのに、それすらも伝えられない。

本来はシンプルな物事を複雑にするのは人間で。

思い込みで目を曇らせて、偏見で存在しない恐怖を作り出し、身勝手な敵意を生み出す。そしていつも愚かで、すぐに過ちを犯す。

この映画、観てて本当にもどかしい思いがしました。

伝えたい思いがちっとも伝わらないから。

伝わらなくて、イラだって、傷ついている人々の姿に自分自身がかつて経験した「もどかしさ」が重なって、途中でちょっと辛くなった。

でもね、最後にはちゃんと希望があります。

言葉を越えて、伝わる想いがあるんだって。

孤独な心が触れ合うことがあるんだって。

そんなかすかな希望が胸に残ります。

印象的なセリフがありました。メキシコ人の乳母のセリフです。

 

「悪い人ではないけれど、愚かだったのよ」

 

そんなセリフ。

この映画のそもそものきっかけになった一発の銃弾。

それも悪意のないものだった。

けれど。

人を傷つけ、国際問題へと広がってゆく。

ある行為の結果、何かを失って傷を負っても「悪意がなかった」は言い訳にはならないのです。そして人はその傷とともに生きてゆかなくてはならないのです。

そんなことを考えました。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

菊地凜子さん

オスカーにもノミネートされた菊地凜子さんの演技は本当に素晴らしく、音のない世界で生きる少女の圧倒的な孤独を見事に演じています。

まったく女子高生には見えないのが気になりますが^^;

特に印象的だったのがクラブのシーン。

騒々しい音楽の流れる世界と、凛子の生きる無音の世界がくるくると切り替わるその演出は見事としかいいようがありませんでした。

以上、『バベル』の感想でした。

by カエレバ

映画・ドラマが見放題になるサービス『U-NEXT』

U-NEXTの会員になると国内外の映画や海外ドラマが見放題になります。

お店に借りに行かなくていい、返却期限なし、貸出中なし、広告・CMなし。

パソコンやスマホ、タブレットなど、様々なデバイスを使っていつでもどこでも映画やドラマをみることができます。

公式U-NEXT(31日間無料お試しあり)

U-NEXTの特徴

  • 月額料金1,990円。
  • 毎月1200円分のポイントがもらえるので、料金は実質790円
  • コンテンツ数は圧巻の120,000本以上。雑誌70冊読み放題!
  • 新作がDVD発売と同日に配信開始。
  • 無料お試しだけで、600円分のポイントがもらえる。(←重要!)

31日間無料のお試し期間があり、その期間内に解約すれば料金は一切かからないので、その間だけ映画三昧するのもアリですv(*'-^*)-☆ ok!!

関連記事

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-ヒューマン・ドラマ

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.