すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

【チャンパーカフェ 新宿サブナード店】でタイ料理のランチ。気軽なお店なのに本格的なタイ料理が楽しめるお店。女性一人でも入りやすい。

【スポンサーリンク】

f:id:sakuraho:20170117095438j:plain

 

ある日のランチ。

 

新宿テアトルで映画を観た後、そのまま帰るのがもったいなくて、ふらふらと新宿サブナードへ。

 

かつて通勤に西武新宿駅を使っていた私は、なんとなくまっすぐ家に帰りたくない気持ちの時に、よく新宿サブナードをぶらぶらしていた。プチプラの洋服とか、雑貨とか、本屋さんとか。一通り揃っているのでちょっとぶらぶらするにはちょうどよかったのです。

 

あの当時は「家に帰りたくない」日がわりと頻繁にあって(-。-;)

まったく片付いていない、片付く気配すらない荒れた暗い部屋に帰って、コンビニ弁当やらカップラーメンやらを食べるのが空しくて、寂しくて。かといって作るのも面倒で…。帰宅途中に済ませてしまうことが多かったのです。

 

「まだあのお店はあるのだろうか?」

 

ふと、かつて帰宅途中の私がふらふらと吸い寄せられるように入っていたタイ料理店のことを思いだした。

 

「チャンパー カフェ 新宿サブナード店」

 

 あった。

 

f:id:sakuraho:20170110232458j:plain

▼タイ料理 チャンパーカフェ 新宿サブナード店 詳細

 

以前と変わらない佇まい。

懐かしくて、ふらふらとお店の中に吸い込まれてしまいました。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

チャンパーカフェ 新宿サブナード店

 

地下街によくある感じのお店で、出入り口が広く中の雰囲気がよく見えるせいもあり、女性一人でも入りやすく、お店の客はほとんど女性の一人客。

男性のお客さんの数はいつも少ないです。

 

新宿駅に直結していて、雨でも濡れずに歩けるのも便利。

 

かつてこのお店に来るたびに食べていたのは「ガパオライス」

鶏肉好きだからね。

 

今日もそれにしよう、、と思っていたのですが、麺とごはん両方食べられるランチセットのメニューに目が釘付け(笑)

 

ごはん、麺、双方に鶏肉入ってるらしいし、そちらにすることに。

とにかく鶏肉が大好きなんだ。そんなわけで「ガパオ」はまた次回。

 

 ランチセットの内容は…。

 

本日のごはん+麺(ドリンク&デザート付き)

 

本日のごはんは「鶏肉のオイスター炒め」

 

麺は四種から選べます。

 

・ビーフンつゆ麺

・トムヤムクンつゆ麺

・タイ風ラーメン

・カレーラーメン

 

トムヤムクンにも惹かれたけれど、あっさり味の「ビーフンつゆ麺」をチョイス

 

じゃーん。

 

来ました。そんなに待たずに来るのも空腹の私には嬉しいところ。

f:id:sakuraho:20170110232506j:plain

 

 

鶏肉のオイスター炒め。 

 

f:id:sakuraho:20170110232513j:plain

 

肉のうま味たっぷりのスープがそこに溜まってる(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ご飯としっかり混ぜながらいただきました。

 

 

ビーフン。

 

f:id:sakuraho:20170110232520j:plain

 

鶏スープであっさり。

セロリ、にんじん、もやし、野菜たっぷり。パクチー大好き。もっと欲しい。

 

 

味に変化をつけたい方はこちらを。4種の調味料が各テーブルに用意されてます。

  

f:id:sakuraho:20170110232532j:plain

 

右から

 

・唐辛子入り酢

・唐辛子

・砂糖

・ナンプラー

 

タイ料理は出されたお料理を自分流に味付けし直す習慣があるそうです。

それで色んな調味料が揃ってるんですね。お好みの調味料で、自分好みの味に。

 

スープはかなりあっさり目なのでナンプラーを、

辛めが好きなので、唐辛子入り酢を入れました。辛みとさっぱり感が追加されて美味。 

 

デザートはタピオカ。ドリンクはジャスミンティーをいただきました。

 

これで990円(税込)。 

量はそんなに多くなくて女性向け。男性だと物足りないかも。女性客が多いのはそれも原因かもしれない。ランチタイムだけじゃなく夜も女性が多いお店です。

 

▼タイ料理 チャンパーカフェ/サブナード店 詳細・予約

 

  6、7年ぶりくらいに訪れたお店は、当時と変わることなく私を迎え入れてくれた。

ファミリーやカップルではなく、女性一人客の多いこの店は、当時の私をほっとさせてくれる空間だった。

 

わりと好きだった仕事が辛くなり始めていた頃で、心療内科でもらった安定剤を飲みながらなんとか毎日を乗り切っていた。

ささくれてざわざわする心は温かい料理を口に運ぶと、少しざわめきが引いてゆくような気がして、ラクになった。

散らかり放題の冷えた部屋に帰りたくない気持ちを、この場所で宥めていた。

 

18歳で実家を出てからホームシックにはかかったことがないけれど、「家に帰りたくない病」にはちょくちょく罹患する。 一人ぼっちで頑張っていたあの頃の私にしばし想いを寄せた、チャンパーカフェでのランチでした。

 

 

☆こちらもあわせてどうぞ☆

 

▼日本人でよかった!と思わせてくれる。表参道でおいしいお米が食べられるお店。

おいしいお米でおなかいっぱいになる。日本人に生まれてよかったと思わせてくれる。表参道のおひつ膳たんぼ 

 

▼とってもリーズナブル!なのに美味しい。四谷で人気のベトナム料理。

リーズナブルなベトナム料理のお店。四谷「ティンフック」であっさり鳥フォーを食べる。