すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

【銀座てんぷら おのでら】カウンター席のみの落ち着いた空間でいただくてんぷら。旬の素材を目の前で揚げてくれます。

【スポンサーリンク】

 

f:id:sakuraho:20170514232209j:plain

 

揚げたてのてんぷらを食べてきました。

 

銀座の「おのでら」さん。

 

▼公式サイト

天ぷら | 銀座おのでら

 

ゴールデンウィークはどこにも遠出しなかったので、旦那さんと近場におでかけ&ちょっと奮発したディナーです。たまには、こういうのもいいかもねって(*^-^)ニコ

 

 

お店を探すのはいつも私の役目です。

気になるお店を見つけたら、その店に実際に行った人のブログを読み漁ります。

 

お店の雰囲気や料理のボリュームなど細かな情報がわかるから助かるんですよね。

私のこのブログも同じような誰かの役に立てばいいなぁと思いつつ書いています…。

 

ではでは「おのでら」さんでいただいた天ぷらディナーのご紹介です(*´∇`*)

 

【スポンサーリンク】
 

 

『おのでら』

 

金成ビルの6階。似たようなビルが並んでいますが、このビルです。

↓ 

f:id:sakuraho:20170514232143j:plain

 

 

カウンター席のみ。10席ほどの小さなお店です。

静かに天ぷらを味わえる静かなお店です。

 

事前にいくつか候補を絞ってお店をリサーチしたのですが、ここがとても落ち着いた雰囲気で良さそうだったのです。

 

見事に事前の予想が的中ですv(*'-^*)-☆ ok!!

 

f:id:sakuraho:20170514232236j:plain

 

18時に到着した時は常連さんらしいお客さん二人組と私たちだけ。

 

実はカウンター席は目の前に板前さんがいるので、ちょっと緊張します。慣れないもので(汗)何か話した方がいいのかなぁとか…。

 

 

▼目の前で揚げてくれます。

 

f:id:sakuraho:20170514232308j:plain

 

油の音がいいんですよね。じゅわじゅわ~ぱちぱち。

 

そして次々に目の前で揚げられていく素材の、香りがふわ~と漂ってきて食欲を大いに刺激してくれるのです。

 

視覚も嗅覚も聴覚も!あらゆる感覚を刺激される絶好の環境です。

 

▼先付は豚の角煮。

f:id:sakuraho:20170514232321j:plain

 

お葱がたっぷり乗った豚の角煮。上品なお味でいかにも「和のお店に来た」感があります。

 

あ、写真を撮るのを忘れていたのですが、国内最大級のレストラン予約サイト「一休.comレストラン」から予約するとドリンクが1杯サービスになります。

 

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

⇒天ぷら 銀座おのでらの詳細・予約

 

そうこうしているうちに天ぷら食べるのに必需品、お塩、すだち、天つゆ、たっぷりの大根おろしが運ばれてきました。否応なく高まっていくテンション。あがっていくボルテージ。「どんと来いやぁ!!」という気持ちです(*`д´)b OK!

 

f:id:sakuraho:20170514232340j:plain

 

いよいよ天ぷらディナーの始まりです。

 

▼まずは海老のあたま。

 

f:id:sakuraho:20170514232506j:plain

 

 

アップで見ると…ん?

あいつに似てる。・・・・ね?似てるよね?(・・*)。。oO(あいつだ…)

 

f:id:sakuraho:20170514232523j:plain

 

あいつ

↓ 


エイリアン/ディレクターズ・カット (字幕版)

 

たまごから飛び出てきてとびかかってくるあいつ…。

 

 

▼えび。

 

f:id:sakuraho:20170514232614j:plain

 

ぷりぷりでアツアツ。

ほふほふしながら塩でいただく。

 

塩があいますよ、スダチもいいですよ、等々。

どのお味でいただくのが一番合うのか、教えてくれるので、素直に従います。

 

▼そらまめ&たらのめ

 

f:id:sakuraho:20170514232632j:plain

 

春らしいお野菜2種。

 

f:id:sakuraho:20170515091118j:plain

 

そらまめがバラバラにならないように箸で押さえながらあげている姿が印象的でした。板前さんってかっこいい(*´∇`*)

 

ほろ苦いタラの芽は春のお味です。お塩でいただきました。

 

 

▼白海老

 

f:id:sakuraho:20170515091125j:plain

 

塩とスダチで。 

 

f:id:sakuraho:20170515091136j:plain

 

▼アスパラ

 

f:id:sakuraho:20170515190317j:plain

 

f:id:sakuraho:20170515190322j:plain

 

すじっぽさなど一切なし。すーっと歯が通ってやわらかいアスパラ。甘さと苦さを同時に感じる絶妙なお味。新鮮なんだろうなぁ。お塩でいただく。

 

▼なす 

 

f:id:sakuraho:20170515091159j:plain

 

とろけそうにやわらかい。たっぷり天つゆをつけて大根おろしと一緒にいただく。

口の中でじゅわーっと。

 

f:id:sakuraho:20170515091206j:plain

 

 

▼えび2匹目

 

f:id:sakuraho:20170515091216j:plain

 

嬉しい二匹目が登場~♪

 

かつて海老が大好きだったけれど、突然アレルギーになってしまい食べられなくなった人にあったことがあります。

 

本当に海老が大好きで、その美味しさを存分に知っているがゆえに、もう一生食べられないんだということが辛いそうです…。明日、えびが食べられなくなる…想像するだけで辛い(ノ△・。)

 

 

▼はまぐり

 f:id:sakuraho:20170515091237j:plain

 

初めて食べる「はまぐり」の天ぷら。

 

アップで見ると、こんな感じ。 

f:id:sakuraho:20170515091251j:plain

 

弾力があって歯ごたえもあるのにやわらかい。口の中ですっとかみ切れて、貝のうま味のと甘みが広がります。 塩とスダチでいただきました。

 

▼レンコン

 

f:id:sakuraho:20170515091304j:plain

 

お塩とスダチと天つゆで。サクッサクです。

 

f:id:sakuraho:20170515091325j:plain

 

 

▼まいたけ 

 

f:id:sakuraho:20170515091335j:plain

 

苦手な食材があれば、それは外してくれます。 

私はしいたけが苦手だと伝えておいたので、まいたけが出てきました。

 

f:id:sakuraho:20170515091345j:plain

 

たっぷりの天つゆで。

 

まいたけとしいたけの何が違うの?と不思議がられることがあるのですが、まいたけとしいたけの風味はまるで別物で、まいたけは美味しいけどしいたけはムリなんです。

 

しめじもエリンギもまつたけも大好きだけど、しいたけは…。

 

 

▼キス 

 

f:id:sakuraho:20170515091351j:plain

 

昆布で締めてあるので、ほのかに味を感じます。なので何もつけずにそのままで。

 

 

さて、次はお食事です。

ここで板前さんから予想外の嬉しいお言葉が振ってまいります。

 

御食事が終わりに近づき、少々寂しい気持ちになっていたところに、気分を再び大きく盛り上げてくれます!

 

なんと、かき揚げの食べ方を5種類から選べるんですヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

 

・天丼

・天茶漬け

・天そば

・天バラ

・かき揚げとごはん別々。

 

これは嬉しい!

というわけで

 

 

▼天茶漬け

 

f:id:sakuraho:20170515091413j:plain

 

夫の分。ご飯の上にかき揚げが乗せられていて、ここにお茶をかけていただきます。

私も天茶漬けと悩んだのですが。 

 

▼天ばら

 

f:id:sakuraho:20170515091429j:plain

 

天ばらにしました。

 

天丼や天そばはちょいちょい食べる機会はありますが、この食べ方は中々ないかなって。どうせなら珍しい食べ方がいい。

 

かき揚げを小さく刻んで混ぜご飯にしたもの。赤だしつきです。

  

えびとほたて、そして大葉…。 

f:id:sakuraho:20170515091435j:plain

 

海鮮のうま味と大葉のちょっとしたほろ苦さが合わさって絶品。おかわりしたいくらいでした!次回、またいつか来れたら次は天茶漬けを食べてみたいです。

 

▼デザート。ほうじ茶アイスとオレンジ。

 

f:id:sakuraho:20170515091443j:plain

 

ほうじ茶のひんやりしたアイスとオレンジのさわやかな甘さががいい口直しになり大満足の「おのでら」さんでした。

 

予約は一休.comレストランから。ネット限定プランやタイムセールなどがある場合があるので、私は必ず電話で予約する前に一休.comレストランを確認します。

 

おのでらさんでも一休限定プランありますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

⇒天ぷら 銀座おのでらの詳細予約はこちら

 

⇒今回ご紹介したコース「車海老や魚・野菜など旬食材の天ぷらを楽しむ贅沢コース!〆は選べる丼物を ~葵~」の予約・詳細はこちら

 

 こちらもおすすめのお店です。

本場ウィーンのお店を都内で楽しめるお店「カフェ・ラントマン」

東京都内で本格的なウィーン料理を食べられるお店『カフェ・ラントマン』季節のお料理も楽しめます。

京都の町家に宿泊して本場の鱧(はも)料理をいただきました。

【京都・庵町家ステイと鱧(はも)料理】その②:創業昭和9年の老舗【三栄】で本場京都の鱧(はも)料理をいただきました。 

 文豪たちに愛された歴史ある山の上ホテルのカフェ。

【神田駿河台・山の上ホテル】コーヒーパーラーヒルトップで悪魔の誘惑に負けました。