すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『偉大なるマルグリット』/彼女はなぜ歌うのか?

【スポンサーリンク】

 


ギャガコミュニケーションズ 偉大なるマルグリット 【DVD】

 

音楽を心から愛し歌に人生を捧げながらも、才能はまるでなしのヒロイン・マルグリットの生涯を描いた作品。

 

マルグリットは実在した超絶オンチな歌姫、フローレンス・フォスター・ジェンキンスがモデル。

 

フローレンスの生涯は昨年『マダム・フローレンス!夢見るふたり』でも映画化されており、フローレンスを演じたメリル・ストリープは20回目のオスカーにノミネートされました。受賞は『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンが濃厚らしいですが、20回目ノミネートは俳優部門の最多ノミネート記録だそうで。

 この記録は果たしてどこまで伸びるのか、興味津々といったところ。

 

 

本作『偉大なるマルグリット』の主演はカトリーヌ・フロ。

『マダム・フローレンス!』との違いは、この作品はあくまでもフローレンスにインスパイアされたフィクションだということ。 

 

超絶オンチのマルグリットは果たしてなぜ歌うのか?

想像していたような「イイ話」ではなく、特に終盤で想定外の黒い展開を見せたのが驚きでした。

 

【スポンサーリンク】
 

 

 『偉大なるマルグリット』

 

基本情報

 

監督:グザビエ・ジャノリ

出演:カトリーヌ・フロ/アンドレ・マルコン/クリスタ・テレ

製作:2015年/フランス

 

カトリーヌ・フロ主演作。実在した大統領の専属女性料理人をモデルにした作品。 

 

あらすじ

 

音痴にも関わらず多くの人々から愛された伝説のソプラノ歌手フローレンス・フォスター・ジェンキンスをモデルに、音痴の歌姫マルグリットの数奇な運命を、「大統領の料理人」のカトリーヌ・フロ主演で描いた人間ドラマ。1920年、フランス。新聞記者のボーモンは、パリ郊外にある貴族の邸宅で開かれたサロン音楽会に参加する。しかし主役であるマルグリット夫人は、救いようのない音痴だった。しかも周囲の貴族たちは礼儀から彼女に拍手喝采を送り、本人だけが事実に気づいていない。野心家のボーモンはマルグリットに近づくために翌日の新聞で彼女を絶賛し、パリの音楽会に出演者として招待する。音楽を心から愛するマルグリットは、本当のことを言い出せずにいる夫ジョルジュの制止も聞かず、有名歌手からレッスンを受けはじめるが……。共演に「不機嫌なママにメルシィ!」のアンドレ・マルコン、「ルノワール 陽だまりの裸婦」のクリスタ・テレ。「情痴 アヴァンチュール」のグザビエ・ジャノリが監督・脚本を手がけた。 引用:http://eiga.com/movie/83633/

 

残酷な片思い

 なぜ彼女は歌うのか?

前半と後半でイメージががらりと変わる。

献身的でほのかにマルグリットに想いを寄せているように見えた執事マデルボスは、実は彼女の破滅の瞬間を写真に収めることを待ちわびていた。
  
カメラ越しにマルグリットを見つめる目は優しさに満ちていると思ったが、最後に映された彼の目はぞっとずるほど冷ややかに見え、思いやりに彩られていると思った行動がすべて、破滅させるためのものだったと気づいた時、うすら寒い感じが残った。
 
マルグリットが憎いのではない。ただマデルボスは自身の「芸術」を追い求め、その「芸術」ためにはマルグリットの破滅が必要だったのだ。
 
そしてあの占い師!見るからに胡散臭い怪しい女!
もしかしてマデルボスと最初からグルだったのだろうか?
占い師はボーマンすらも操っていたのだろうか?

 

 さすがにそれは考えすぎかもしれないが、そう思わせるような異様さがマデルボスの目にはあったと感じた。

 

まとめ 

 

主演がカトリーヌ・フロ。
特別美人ではないけど、可愛らしいおばさん。
『地上5センチの恋』の夢のような出来事に思わず浮き上がってしまう(比喩ではなく(笑))オデット役が印象的で。
 
 
 そんな彼女が主演なのだから音痴ではちゃめちゃだけど、憎めない可愛らしい女性が周りを巻き込みながらリサイタルを成功させるちょっとイイお話・・・そんなストーリーを予想していた。
 
ところがどっこい(死語)。そんな単純なお話ではなく。
前半と後半で見える景色ががらっと変わってしまった。ほのぼのとしたイイ気持ちで終わるのではなく、うすら寒いような感覚さえ残して映画は終わる。
 
ところどころ、あのエピソードはなんだったの?というところはありましたが、『マダム・フローレンス!』とはまったく味わいの違う仕上がり。どっちが好きかと言えば、ヒュー・グラントが出演している時点で文句なく『マダム・フローレンス!』なのですが、思いがけず人間のダークサイドを覗き見てしまい、これはこれで満足でした。