ヒューマン・ドラマ 映画

『偉大なるマルグリット』/彼女はなぜ歌うのか?

更新日:

記事上アドセンス


ギャガコミュニケーションズ 偉大なるマルグリット 【DVD】

音楽を心から愛し歌に人生を捧げながらも、才能はまるでなしのヒロイン・マルグリットの生涯を描いた作品。

マルグリットは実在した超絶オンチな歌姫、フローレンス・フォスター・ジェンキンスがモデル。

フローレンスの生涯は昨年『マダム・フローレンス!夢見るふたり』でも映画化されており、フローレンスを演じたメリル・ストリープは20回目のオスカーにノミネートされました。受賞は『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンが濃厚らしいですが、20回目ノミネートは俳優部門の最多ノミネート記録だそうで。

この記録は果たしてどこまで伸びるのか、興味津々といったところ。

本作『偉大なるマルグリット』の主演はカトリーヌ・フロ。

『マダム・フローレンス!』との違いは、この作品はあくまでもフローレンスにインスパイアされたフィクションだということ。

超絶オンチのマルグリットは果たしてなぜ歌うのか?

想像していたような「イイ話」ではなく、特に終盤で想定外の黒い展開を見せたのが驚きでした。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

 『偉大なるマルグリット』

基本情報

監督:グザビエ・ジャノリ

出演:カトリーヌ・フロ/アンドレ・マルコン/クリスタ・テレ

製作:2015年/フランス

カトリーヌ・フロ主演作。実在した大統領の専属女性料理人をモデルにした作品。

あらすじ

1920年、フランス。新聞記者のボーモンは、パリ郊外にある貴族の邸宅で開かれたサロン音楽会に参加する。しかし主役であるマルグリット夫人は、救いようのない音痴だった。しかも周囲の貴族たちは礼儀から彼女に拍手喝采を送り、本人だけが事実に気づいていない。野心家のボーモンはマルグリットに近づくために翌日の新聞で彼女を絶賛し、パリの音楽会に出演者として招待する。音楽を心から愛するマルグリットは、本当のことを言い出せずにいる夫ジョルジュの制止も聞かず、有名歌手からレッスンを受けはじめるが……。 引用:http://eiga.com/movie/83633/

 

ところがどっこい(死語)。そんな単純なお話ではなく。

前半と後半で見える景色ががらっと変わってしまった。ほのぼのとしたイイ気持ちで終わるのではなく、うすら寒いような感覚さえ残して映画は終わる。

ところどころ、あのエピソードはなんだったの?というところはありましたが、『マダム・フローレンス!』とはまったく味わいの違う仕上がり。どっちが好きかと言えば、ヒュー・グラントが出演している時点で文句なく『マダム・フローレンス!』なのですが、思いがけず人間のダークサイドを覗き見てしまい、これはこれで満足でした。

以上、『偉大なるマルグリット』の感想でした。

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-ヒューマン・ドラマ, 映画

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.