すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

今年の初詣は人気アニメ『ラブライブ』の聖地・神田明神へ。神保町・山の上ホテルのカフェ「コーヒーパーラーヒルトップ」にも立ち寄りました。

【スポンサーリンク】

 

f:id:sakuraho:20170125212412j:plain

 

先日、2017年の初詣に行って参りました。

 

訪れたのは東京・御茶ノ水にある「神田明神」。正式名称は「神田神社」

 

1300年もの歴史を持ち、「江戸総鎮守府」として江戸の市民を見守ってくださっている神様で、最近ではアニメ『ラブライブ』とのコラボで知られています。

 

 

【スポンサーリンク】
 

 

人ごみが大の苦手な夫婦ですので、初詣は混雑が落ち着いた1月中旬に行くことにしています。それでは遅すぎるのではないか?という疑問を持たれる方もいるかと思いますが…。

 

大丈夫です!

 

初詣はいつまでに行くべきか?

 

そもそも初詣はいつまでに行くべきなのか?気になって調べてみました。

 

  • 元旦に行くべき。
  • 三が日までに行くべき。
  • 松の内まででいい。

 

いろいろ言われていますが、明確なルールはありません。

 

初詣には「新年のご挨拶」いう意味合いがあるので、なるべく早めに行くことを心がける、くらいでいいんじゃないかな。

 

人ごみに揉まれて具合を悪くするくらいなら、新年のご挨拶が少し遅れても神様は怒らないはず。と、我が家ではゆるーく考えています。

 

 そんなわけで今年の初詣は『神田明神』に行ってきました!

 

f:id:sakuraho:20170125212424j:plain

 

神田明神とは?

 

江戸総鎮守府として江戸の市民を守ってきた1300年もの歴史を持つ由緒ある神社です。

 

江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神。
江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護されました。 

http://www.kandamyoujin.or.jp/profile/

 

人気アニメ『ラブライブ』の聖地

www.lovelive-anime.jp

 

神田明神は『ラブライブ』の聖地でもあります!

アニメはあんまり詳しくないので、このアニメについてはよく知りません。(すみません。)可愛らしい女の子のキャラクターが印象的ですね^^

 

たしか2年前のお正月だったでしょうか。

珍しく三が日に神田明神に初詣に行ったら、神社からはみ出して大行列ができており、並ぶのを諦めて帰ったことがあります。

 

『ラブライブ』とコラボが行われており、ファンの方たちが大勢訪れていたようです。

 

アニメとコラボしたお守りやTシャツ、絵馬などがありました。かなり遠方から訪れるファンもいらっしゃるようです。いいですね、好きなものへの情熱。

 

なぜ聖地なのか?

 

「東條希ちゃんというキャラクターの実家」という設定で、巫女姿を披露したり何度も神田明神が登場するシーンがあるらしい。

 

絵馬に書かれていた女の子は「東條希」ちゃんだったんですね!

 

▼この子!


ラブライブ『東條希 絵馬』限定品

 

神田明神の御祭神とご利益

 

  1. 大己貴命(おおなむちのみこと)=だいこく様
  2. 少彦名命(すくなひこなのみこと)=えびす様
  3. 平将門命(たいらのまさかどのみこと)

 

.大己貴命は縁結び夫婦円満

少彦名命には商売繁盛、開運招福、医薬健康の御利益があります。

 

そして平将門命!!

 

平将門!ってあの首塚の…。取り壊そうとすれば祟りが起こるという噂…。

 

将門にはこわーいイメージがありますが、神社に祀られた神様でもあります。

除災厄除の神様です。パワーありそうですね。

 

所在地

 

 東京都千代田区外神田2-16-2

 最寄駅

 

JR「御茶ノ水駅」聖橋口から徒歩5分

JR「秋葉原駅」電気街口から徒歩7分

地下鉄「新御茶ノ水駅」「御茶ノ水駅」「末広町駅」聖橋口より徒歩5分

営業時間

 

年中無休&境内自由(資料館は10:00=16:00)

御祈祷:9:00~16:00

お守り授与:9:00~19:00

 

☆神田明神の詳細情報はこちら☆

 

 

では、以下、境内の中をご紹介します。

 

 境内図

f:id:sakuraho:20170125223323p:plain

出典:http://www.kandamyoujin.or.jp/info/keidai.html

 

 

小さな神社「末社」がたくさんあります。

もちろん、全ての神社にお参りしてきました。末社といえど「江戸神社」の歴史は神田明神より古いです。ぜひこちらにもお参りをしてくださいね!

  

境内の様子いろいろ

 

【梅】境内には梅も咲いていました。 

f:id:sakuraho:20170125212450j:plain

 

 【力石】

石には神霊がこもり、また神様の憑代になることもあります。

f:id:sakuraho:20170125212456j:plain

 

さて、いよいよお参り。

1月半ばでしたが、参拝客が多く少しだけ列ができていました。

 

 

f:id:sakuraho:20170125212510j:plain

 

願いごとをするのではなく「ありがとうございます。」と感謝の気持ちをお伝えするのがいいらしい。

 

f:id:sakuraho:20170125212524j:plain

 

「ありがとうございます。おかげさまで元気で夫婦仲良く暮らしています。」

 

神様にそうお伝えさせていただきました。

  

【結ばれたおみくじ】

f:id:sakuraho:20170125212536j:plain

 

 【明(あかり)】 

f:id:sakuraho:20170125212547j:plain

 

平成22年生まれの子馬「明ちゃん」(女の子)

神田明神の「明」という字から名前がつけられました。じーっとして大人しい子です(*^-^)ニコ

 「あし毛」の馬で、今は茶色いですが成長するにつれ白い毛が増えて白馬になります。

 

【今風の神様】オブジェのような神様を発見。弁天様のようです。

f:id:sakuraho:20170125212554j:plain

 

ゆるきゃら「みこしー」発見

 みこしー。江戸っ子です。てやんでい!!

f:id:sakuraho:20170125212559j:plain

 

大事なミッションがあります。

 

 今回の初詣には大事なミッションがあります。

 

それは古いお守りをお返しすること。

 

f:id:sakuraho:20170125212436j:plain

  

お守りの効果は1年を目安に

 

お守りの効果は1年を目安に考えます。

 

1年で完全に効果がなくなってしまうわけではないですが、1年ごとに新しいものに取り換えるのがいいとのこと。

 

確かに長く持ちすぎていると想いがこもりすぎて淀みそうな気もします。

 

私はお守りを処分することができず、ずーっと持ち続けていました。かつての私がわらにもすがるような思いで祈りを込めていた思い入れのあるお守りで、手放せずにいたのです。

 

ただ、そのお守りをずっと持ち続けるってどうなの?ってふと疑問を感じることもありました。その祈りは「過去」のもの。今の私には必要がないものです。

 

現在「こんまり流」で片づけに取り組んでいます。

ずっと捨てられなかったお守りは「ありがとう」の想いを込めて、神社にお返しさせていただきました(*^-^)ニコ

 

なんだかすっきり~。

 

重い念がこもったものは、手元にずっと置いておくのはきっとよくない。役割を果たした物たちはあるべき場所に帰す。それが大事だと思いました。

 

 

【スポンサーリンク】
 

山の上ホテル「コーヒーパーラーヒルトップ」

 神保町へ移動し、以前から行ってみたかった「山の上ホテル」のカフェへ。

 

山の上ホテルは池波正太郎や三島由紀夫、川端康成ら、多くの作家に愛されたことで知られています。神保町は出版社が多く、締め切り前の作家さんたちが缶ヅメにされるとの噂も聞かれます。

 

賑やかな大きな道路から少し脇に入り、坂道を登ったところにそのホテルはあります。

 

f:id:sakuraho:20170125212609j:plain

 

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏の設計によるアール・デコ風の建物。お客さんがいらしたので内観写真はありませんが、軽井沢のクラシックホテルを思い出しました。

 

深い赤色の絨毯とソファー。天井にはきらきらと輝くシャンデリア。

設立は1937年、ホテル開業は1954年ですが古びた感じはなく、年月を重ねて重厚さを増し、時間とともに磨かれてきた「味」みたいなものがありました。

 

さて、コーヒーパーラーヒルトップです。

 

f:id:sakuraho:20170125212614j:plain

 

ホテルの地下1階。

 

地下と言っても坂に建っており、大きな窓からは光が射しこみ静かで落ち着いた空間が広がっています。たった道を1本入っただけで、こんなにも静かな場所があったのか、と驚くほど。先ほどまでににぎやかさが嘘のよう。

 

f:id:sakuraho:20170125212620j:plain

 

作家の池波正太郎さんが愛したことでも知られていて、店内に飾られている絵は池波先生が描かれたものだそうです。 客層はわりと年齢が高めで、落ち着いた方が多かったです。あ、芸術家さんかな?と思うような雰囲気の方も。 

 

いただいたのはマサラ・チャイ。

 

f:id:sakuraho:20170125212631j:plain

 

この日は寒く、体が冷え切っていたので全身に染みわたる温かさがとてもありがたかったです。お値段は820円。この空間でお茶がいただけること贅沢さを考えると、納得のお値段です。

 

今回はチャイにしましたが、コーヒーは氷を入れた冷水から12時間かけて抽出したものとのこと。次回はぜひコーヒーをいただきたいと思います。

 

 素敵な時間をありがとうございました。

 

f:id:sakuraho:20170125212624j:plain

 

☆山の上ホテル コーヒーパーラーヒルトップの詳細情報こちら☆

  

 

他にもおすすめのお店があります。

 

「コーヒーパーラーヒルトップ」に再訪したお話

 

悪魔の誘惑に負け、チョコレート地獄に落ちました。

【神田駿河台・山の上ホテル】コーヒーパーラーヒルトップで悪魔の誘惑に負けました。 

 

美味しいお店いろいろあります。

 

東京都内がメイン、旅先で出会ったお店も紹介しています。

食事処 カテゴリーの記事一覧 - すきなものたち。