伊豆・箱根の温泉 国内旅行 温泉 静岡/伊豆高原・八幡野温泉郷 きらの里

伊豆・八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里/里山に抱かれる懐かしい風情の温泉宿②お部屋編

更新日:

記事上アドセンス

夫婦二人で行く伊豆高原・八幡野温泉郷きらの里の旅レポの続きです。

前回はまるでテーマパークのような里山に抱かれた敷地内の風景をご紹介しました。

伊豆・八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里/里山に抱かれる懐かしい風情の温泉宿①チェックイン&里山 

f:id:sakuraho:20161225222123j:plain

さてさて、お部屋に向かいます。

今回のお部屋は「離れ 竹ぶえ」の「風」というお部屋。

他に星、虹、空、月などのファンタジックな名前のお部屋があります。

では「離れ 竹ぶえ 風」のご紹介です。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

離れ竹ぶえ 風

建物外観

帳場から 5分ほど歩いたでしょうか。ありました、この建物が「風」です。

f:id:sakuraho:20161225222128j:plain

風の201号室が本日の宿。

f:id:sakuraho:20161225222137j:plain

お部屋のなか

扉を開けると、玄関が。

古民家風のしつらえ、というのも納得の風情です(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン

f:id:sakuraho:20161225222157j:plain

玄関には男性用と女性用の二足の草履。

そして湯かごが2つ。傘も2本立てかけられてありました。

f:id:sakuraho:20161225222204j:plain

和室。こたつでーす。我が家はこたつがないので、テンションあがる o(*^▽^*)o~♪

f:id:sakuraho:20161225222214j:plain

今の家にもこたつ、ほし~なぁ。でもあると出られなくなるからなぁ(-。-;)

なんなの、こたつのあの魔力。凄まじい力があるよね、こたつって。

一人暮らしの頃、半年くらい布団も敷かずにこたつで寝起きしてたことある…。ある日、「私、ヤバイ」って気づいて止めましたが。

テレビと掛け軸。空気清浄器もあり。

f:id:sakuraho:20161225222241j:plain

我々は夫婦でテレビを観ない人なので、各自好きな本を持ち込んで読みふけります。

天井たかーい(‐^▽^‐)

天窓があって、太陽の光が射しこんでます。

f:id:sakuraho:20161225222409j:plain

お菓子が2種。桜えびせん、着いたとたんに食べました。≠( ̄~ ̄ )モグモグモグモグモグ

f:id:sakuraho:20161225222223j:plain

お茶のセット。お茶はティーバックです。

f:id:sakuraho:20161225222230j:plain

和のローベットが2台。布団は自分で敷かなくても大丈夫なお部屋でした(*'-')b OK!

f:id:sakuraho:20161225222657j:plain

作務衣と足袋が各自一式置いてありますが、サイズは変更可能です。

チェックイン時にスタッフが確認してくれるので、私は合うサイズの作務衣をその場でもらいました。

窓に面した廊下がありまして。

f:id:sakuraho:20161225222256j:plain

向かって右側にミニキッチン。

f:id:sakuraho:20161225222309j:plain

冷蔵庫にはサービスのミネラルウォーター。

f:id:sakuraho:20161225222319j:plain

向かって左側には廊下が伸びていて。突き当りに衣紋掛け。

f:id:sakuraho:20161225222331j:plain

そして火鉢も。

f:id:sakuraho:20161225222342j:plain

衣紋掛け。なつかしー!!昔、おばあちゃんちにありましたヽ(=´▽`=)ノ

f:id:sakuraho:20161225222356j:plain

で、さらに左に廊下が伸びてまして。

f:id:sakuraho:20161225222420j:plain

突き当りにトイレ。まあ普通のトイレです。あんまり広くない。

f:id:sakuraho:20161225222430j:plain

その手前にパウダールーム。

f:id:sakuraho:20161225222501j:plain

引き出しの中に、アメニティ。

あー、スキンケア用品がない…。(大浴場にはありました。)

f:id:sakuraho:20161225222514j:plain

シャンプー類。

f:id:sakuraho:20161225222523j:plain

専用露天風呂。

陶器製のバスタブですね。もちろん源泉かけ流し。

f:id:sakuraho:20161225222538j:plain

大きさは一人だとゆったり。二人で入るとぎりぎり。三人は無理

謎のスイッチ

ん?廊下に何やらスイッチが。

f:id:sakuraho:20161225222606j:plain

よくわからないまま、ぽちっと。

すると何やら、ぎったんばったん、どこからか音が∑o(*'o'*)o

何々??って思って音のする方へ行ってみると、

音の正体はコレ。天窓の開閉する音。へー!!

f:id:sakuraho:20161225222615j:plain

冬だし寒いし、すぐに閉めましたけど、季節によってはさわやかな風が吹き込みそう。

夏は虫が来そうだけど。

夕暮れ時の、お部屋から観た景色。

f:id:sakuraho:20161225222627j:plain

離れ 竹ぶえ 風の201号室でした。

f:id:sakuraho:20161225222636j:plain

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

 まとめ

・帳場でもらった案内図を観ると、うへえ!部屋が遠い!!と思いましたが、歩いてみるとそれほど気にならなかったです。里山テーマパークみたいで、見るものがいっぱいあって(*'-'*)

・全部で70部屋あるっていうから、やはり人が多いかな。

敷地が広いから気にならないかなって思ったんですが、やっぱり多少は気になりますね。常にがやがやしてる感じはありました。

小さいお子さんはのびのびできていいかもv('▽^*)

・アメニティは各部屋にスキンケア用品もあると嬉しかったかなぁ…。

これ、けっこう私の中で重要なポイントなんです。どんなのがあるのかな~って毎回楽しみ人確認しています。

なので引き出しあけて、ないって気づいた時。

「お?他に隠し場所があんのか!?」って、あらゆる引き出しを開けてしまいました(;^_^A アセアセ・・・

大浴場にはスキンケア一式が置いてありますので、困ることはなかったです。

以上、お部屋のご紹介でした。

次回はお風呂のお話だよ。

▼お風呂編はこちら。

伊豆・八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里/里山に抱かれる懐かしい風情の温泉宿③お風呂編

きらの里

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-伊豆・箱根の温泉, 国内旅行, 温泉, 静岡/伊豆高原・八幡野温泉郷 きらの里

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.