すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

温泉番付東の横綱&日本三名泉のひとつ 草津温泉の旅~湯宿 季の庭(ときのにわ)~その①お部屋&お風呂編

【スポンサーリンク】

f:id:sakuraho:20170115094432j:plain

 

「草津よいとこ、一度はおいで♪」

 

そんな歌も有名な全国的に知名度の高い草津温泉に行った時のお話です。

 

随分前に草津白根山に2度ほど行ったことがあって。その時に「湯畑」のそばを通り過ぎたことはあったものの、温泉に行くのは初めて。

 

夫婦二人で行く、草津温泉の旅レポです。

 

  

【スポンサーリンク】
 

 

草津温泉とは…。

 

「日本三名泉」に数えられることもあり、温泉番付だと「東の横綱」に挙げられる名泉中の名泉。所在地は群馬県吾妻郡草津町。

 

草津は東京からも非常にアクセスがよく、1泊で旅行に行くのにはちょうどいい。  

 

日本三名泉とは?

  ちなみに、日本三名泉とは…

 

・草津温泉(群馬)

・有馬温泉(兵庫)

・下呂温泉(岐阜)

 

江戸時代の儒学者・林羅山が記した書物にそのような記載があるそうです。

ちなみに温泉番付の西の横綱は「有馬温泉」。有馬温泉、強い!!

 

草津温泉へのアクセス(東京から)

 

上野から「特急草津」に乗り、長野原草津口へ。

所要時間は二時間半。

 

駅に着くと、そこからは草津温泉行のバスに乗り、草津温泉ターミナルへ。

所要時間は約25分。

 

電車とバスの連結もスムーズで、長野原草津口で降車した人たちはほとんどバスに乗り込んでいた。

 

12月の草津は雪がある。

さて、草津に到着。

 

まず雪が積もっていることに驚いた。

私は雪があんまり降らない温暖な場所で生まれ育った。

 

そんなわけで、積もった雪を見るだけでテンションあがる♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

 

のは最初だけ…。見るのはいいけど、やはり雪は大変だなぁと。

と言っても、道はちゃんと除雪されており、雪国に住んでる人にしてみたら、「大変」なんてレベルの話ではないのだろうと思いますが、それでもところどころ凍結してるので滑らないように気を使って歩いた。

 

日頃から普通の人は転ばないようなところでも、私はよく転ぶ。

「なんで何にもないところで躓くの?」ってよく聞かれるのですが理由など知るわけがない。そんな私は転ばないように慎重に慎重を期しながら歩いたので少々疲れました。(観光についてはまた別の記事で)運動神経がね~、致命的にないのです。

 

湯宿 季の庭

 

今回、宿泊したのは草津温泉にある「湯宿 季の庭(ときのにわ)」

 

先日、記事に書いた『きらの里』と同じ系列の宿でサービスや雰囲気が似てる部分が多かった。

 

 ▼きらの里についてはこちら。

伊豆・八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里/里山に抱かれる懐かしい風情の温泉宿①チェックイン&里山 


 「季の庭」にはブログを始める前に行ったせいもあり、宿内の写真がやや少なめなのですが、口コミの評価も高く人気の宿です。

 

草津のバスターミナルから宿までシャトルバスが運行しており、 バスにのったらすぐ。

 

f:id:sakuraho:20161224211204j:plain

 

▼湯宿 季の庭

 

ロビーの写真はありませんが、中庭を囲むように宿が立っていて、敷地も広い。この時は寒かったので散歩には出ませんでしたが、冬以外なら日本庭園を散歩するのも気分良さそうです。

 

好きな枕を選べるサービス「眠り処 静」もあります。(争奪戦です。)

今回は利用しませんでしたが、「癒し処」にてアロママッサージも受けられます。

 

館内は畳敷き

なので移動は素足か足袋で。スリッパ嫌いには嬉しい限り。 

 

日本人のこころに染み入る畳の匂いが広がる和空間

 

さてお部屋は和スーペリアツイン。(荷物が写ってますが…。)

 

f:id:sakuraho:20161224211328j:plain

 

専用露天風呂付きの温泉旅館らしい和室です。 

 

夫婦二人で旅に行くときはたいてい露天風呂付きの部屋を予約する。

日頃からテレビをほとんど観ない私たちは宿についてもテレビはつけず、お互いが宿に持ち込んだ本を黙々と読んで過ごす。飽きたら風呂につかる。それを交互に繰り返す。

 

黙って本を読んでいるというと「夫婦の会話がないなんて寂しい!」という反応が返ってくることもあるのですが、誰かがそばにいる空間で本の世界に身を沈めるのもいいものだと思っている。

  

▼障子をあけると大きめのテレビが顔をのぞかせる。一度もつけることはなかった。

f:id:sakuraho:20161224211532j:plain

 

畳の匂いがふんわりと心地いい、和の空間。

焼き物や、

f:id:sakuraho:20161224211449j:plain

 

小さな絵も飾られていて、和みます。

f:id:sakuraho:20161224211506j:plain

 

▼和室とは別に寝室があって。和風のローベットが2台。(あぁ、また荷物が。)

f:id:sakuraho:20161224211341j:plain

 

▼窓からの眺め。

f:id:sakuraho:20161224211433j:plain

 

東京にも雪は降るけれど、こうしてどーんと広がる山に積もった雪は目にすることが少ないので、私にはとても新鮮な景色。 

 

▼窓から下を覗いて見た。雪が積もっています。

f:id:sakuraho:20161224211521j:plain

 

▼ベランダ。

f:id:sakuraho:20161224211356j:plain

 

ベランダには椅子が二脚ある。夏場なら風呂上りに涼むのもよさそう。冬は寒い。

でも全く使わないのももったいないので、ちょっとだけ座ってみた。

 

▼専用露天風呂。

f:id:sakuraho:20161224211407j:plain

 

 もちろん源泉かけ流し。ヒノキの香り。格子の間から雪景色を見ながらの入浴。

 

挽きたての豆で

 

お部屋にミルとコーヒー豆が完備されています。

風呂上りの1杯が堪能。(足…すみません。)

 

f:id:sakuraho:20161224211538j:plain

 

【スポンサーリンク】
 

大浴場及び貸切風呂

 

2つの源泉を持ち、23種類ものお風呂が楽しめてしまいます。

 

草津は外湯も充実しているのですが、ここまで宿の風呂が充実していると「まあいいか。」となりますね。

なので外湯めぐりはパス。寒かったせいもあり、チェックイン後は宿にこもりっぱなし。

 

大浴場 季の湯

※大浴場の写真は人がいたの撮っていません。画像は公式HPからお借りしました。

f:id:sakuraho:20170115110514p:plain

(出典:http://www.hotespa.net/hotels/kusatsu/hotspring/

 

f:id:sakuraho:20170115110617j:plain

(出典:http://www.hotespa.net/hotels/kusatsu/hotspring/

 

広々としたヒノキの内風呂のほか岩風呂など数種類の内湯と岩露天があります。

 

サウナとそれに「岩盤浴」も楽しめる。

サウナがある宿は多いけど、岩盤浴は中々ないので、これは嬉しい限りでした。

 

▼岩盤浴

f:id:sakuraho:20170411182612j:plain

出典:http://www.hotespa.net/hotels/kusatsu/hotspring/

 

▼サウナはドライサウナとウェットサウナの2種。うふふ、ぜいたく(*´∇`*)

f:id:sakuraho:20170411182631j:plain

出典:http://www.hotespa.net/hotels/kusatsu/hotspring/

 

部屋数もそれなりにある宿なので、貸し切り状態になることはないですが、それでも広さがあるので他のお客さんが気になることはないです。

 

湯治処 古の湯

f:id:sakuraho:20170411182457j:plain

 出典:http://www.hotespa.net/hotels/kusatsu/hotspring/

 

男女それぞれ4種のお風呂があります。古の湯は今回は入らず。

季の湯と部屋のお風呂と貸切風呂で精一杯でした(笑)

 

三種の貸切風呂

 

貸切風呂も三種。

岩に囲まれた「岩室」、竹林を眺めながら「竹座」、六角形の「光林」

すべて制覇したのですが、なぜか写真を撮るのをすこんと忘れてしました。

 

 

f:id:sakuraho:20170411182255p:plain

引用:http://www.hotespa.net/hotels/kusatsu/hotspring/

 

予約は不要。空いていれば使えますが、宿泊客がそれなりに多いので「ほどよい時間」は争奪戦にはなります。ただ24時間使えるので、夜遅くか朝早いと空いてました。

 

私は早朝に、さらっと3つまとめて入りました。湯あたりしそうなになりながら(笑)

 

湯上りの嬉しいサービスがあります。

 

嬉しいのは湯上りに夜はアイスキャンディ、朝はヤクルトが用意されているところ。

アイスキャンディはチェックインしてから最初の入浴時と食後の入浴の2回もいただいてしまいました…。

 

▼湯宿 季の庭の詳細・予約はこちら

▼その他の草津の宿を探す場合は一休.comへ

 

 一回目のお風呂を堪能してさっぱりしたらいい感じにおなかが空いてきました。

では次は夕食のご紹介を。

 

▼草津温泉「湯宿 季の庭」の夕食編はこちら

温泉番付「東の横綱」&日本三名泉のひとつ 草津温泉の旅~湯宿 季の庭(ときのにわ)~その②夕食編 

 

☆こちらもあわせてどうぞ☆

 

▼群馬県・四万温泉【積善館】~『千と千尋の神隠し』のモデルと言われる宿。

群馬県・四万温泉『積善館』~超有名なジブリ映画のモデルと言われる人気のお宿。元禄時代に建てられた日本最古の木造湯宿建築!その①建物・外観編 

 

▼新潟県・越後湯沢温泉【QUATTRO(クアトロ)】~グッドデザイン賞受賞の宿

新潟・越後湯沢 QUATTRO(クワトロ)/全部でわずか4室。「グッドデザイン賞」を受賞したスタイリッシュなお宿。①