京都 国内旅行 食事処

【京都・庵町家ステイと鱧(はも)料理】その②:創業昭和9年の老舗【三栄】で本場京都の鱧(はも)料理をいただきました。

更新日:

記事上アドセンス

f:id:sakuraho:20170509094751j:plain

夫婦二人で行く、京都ツアーの旅レポ続きです。

「そうだ、京都に行こう!そしてはもを食べよう!」

夫の提案で急遽決定した京都ツアー。関西にあるお互いの実家にいくついでのぶらり途中下車の旅です。

前回は町家のご紹介でした。

今回は本場京都で鱧(はも)料理を堪能したお話です。

今まで温泉旅館の食事で料理の1つに鱧が使われていることはありましたが、鱧をコースでいただくのは二人とも初めての経験でした。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

京都・三栄

今回、訪れたのは「三栄」さん。

昭和9年創業の老舗です。

京都のはも料理のお店はまったく心当たりがないのでぐるなびで探して予約しました。

▼公式ページ

京都の鱧料理・鱧づくし【三栄】鱧しゃぶはおすすめの人気コースすべてに付きランチでも召し上がれます!

お店の雰囲気

宿泊している町家から徒歩圏内です^^

店内の写真はぐるなびからお借りしました。

▼檜造りのカウンターは60年以上使われているそうです。

f:id:sakuraho:20170509090322j:plain

出典:https://r.gnavi.co.jp/k062700/equipment/seat/

カウンター席だけでなくテーブル、お座敷(個室)もありました。こじんまりとした落ち着いた雰囲気のお店でした。

私たちはカウンター席にて。

鱧旬菜御膳

▼前菜 汲上げ湯葉梅酢

f:id:sakuraho:20170509084227j:plain

プラス200円で前菜を汲上げ湯葉に変更できます。これは変更後のメニューです。

▼鱧骨せんべい

f:id:sakuraho:20170509084232j:plain

鱧の骨を揚げたもの。骨ですが固くはなくサクサクした食感で香ばしいです。

▼鱧落とし

f:id:sakuraho:20170509084239j:plain

鱧といえば、花弁のように細かく切れ目が入っている姿を思い浮かべます。

「骨切り」というのだそうですよ。

鱧には小骨がたくさんあって、そのままでは食べることができないので、小骨を細かく切って、食べやすいようにしているのだそうです。

等間隔で骨切りして、皮一枚で残すのが熟練の技^^

▼鱧照焼きと胡瓜の酢の物

f:id:sakuraho:20170509084245j:plain

▼京野菜焚き合せ

f:id:sakuraho:20170509084252j:plain

お出汁がしっかり染みた優しい京風の煮物。

一品ずつ異なるお出汁で焚いているそうです。

▼鱧、海老、野菜のてんぷら

f:id:sakuraho:20170509084257j:plain

▼鱧しゃぶ小鍋

f:id:sakuraho:20170509084305j:plain

ごぼうや水菜、お豆腐などと一緒に。

すだちの薫りがさわやかです。

▼鱧小袖寿司、小巻

f:id:sakuraho:20170509084312j:plain

〆の食事です。

▼マツタケの土瓶蒸し

f:id:sakuraho:20170509084320j:plain

別注文です。

初めて食べる土瓶蒸し。

お出汁がたっぷり。ふたを開けるとマツタケの薫りがふわっと漂ってきて、すだちを絞っていただきます。お出汁だけでも美味しかったです^^

「しいたけ苦手なのに、なんでまつたけは大丈夫なの?」と不思議がられるのですが、しいたけとまつたけは全然風味が異なるので、無問題。

私が苦手なのはしいたけのみで、しめじもまいたけも問題なしです^^

▼デザート

f:id:sakuraho:20170509084327j:plain

抹茶がアクセントになったムース。

あっさり甘くなくて口直しにぴったりでした^^

お値段と場所

鱧旬菜御膳 一人 7000円(税込7560円)

( 前菜を汲上げ湯葉に変更前は6800円(税込7344円)です。)

※松茸土瓶蒸しは別注文です。

事前予約をオススメします。

人気店なので必ず事前予約をしてくださいね。

予約なしで直接行くと入れないこともあるそうです。

今日いただいたコースより品数の多い「鱧づくしコース」や鱧しゃぶがいただける「鱧しゃぶコース」などがあり、またお昼のランチメニューも充実しています。

詳細はぐるなびで^^


夜の京都を散策しました。

▼八坂神社

f:id:sakuraho:20170509084116j:plain

▼鴨川沿いの灯り

f:id:sakuraho:20170509084143j:plain

シーズンだったので川床でお食事を楽しんでいる方が多かったですね。賑やかで華やかな京都の夜でした。

▼町家に戻ってきました。

f:id:sakuraho:20170509084158j:plain

夜の中に浮かび上がる玄関が、風格のある佇まいで、迎えてくれます。

▼「お帰りなさい。」

f:id:sakuraho:20170509084213j:plain

玄関に飾られた花が「おかえりなさい」と言ってくれているようでした。

町家の貸切は、まるで我が家に戻ってくるかのような居心地の良さがありました。

次回は京都観光のお話です^^

関連記事

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-京都, 国内旅行, 食事処

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.