国内旅行 温泉 群馬/四万温泉 積善館 関東の温泉

群馬県・四万温泉『積善館』~超有名なジブリ映画のモデルと言われる人気のお宿。元禄時代に建てられた日本最古の木造湯宿建築!その①建物・外観編

更新日:

記事上アドセンス

f:id:sakuraho:20170315205351j:plain

ジブリ映画の名作『千と千尋の神隠し』に登場する「油屋」のモデルになったと言われる温泉宿が四万温泉にあります。

その名は『積善館』

積善館の歴史は元禄時代にさかのぼります。なんと赤穂浪士の討ち入りの頃!

いつか、行ってみたいと思っていた念願の積善館をようやく訪れることができました。

これから数回に渡って積善館やや四万温泉について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

四万温泉とは

700年代に開湯されたと伝わる歴史ある温泉地。(※坂上田村麻呂や碓井貞光による開湯説があります。)

初めて宿が開業したのは1563年!その後徐々に温泉街を形成していきました。

名前の由来は「四万(よんまん)の病を癒す」との伝説によります。

東京からのアクセス

f:id:sakuraho:20170315204302p:plain

アクセスマップ | 【四万温泉公式】群馬県四万温泉観光ナビ

上野から特急草津号で中之条へ(約2時間10分)

【料金(片道)】4,450円

(▼内訳:特急料金/1,860円&運賃/2,590円)

中之条駅からバスで四万温泉(終点)へ(約40分)

【料金(片道)】930円(関越交通:公式HP

東京から直通の高速バスも出ています。詳しくは関越交通HPにて(公式HP

私たちはバスに長時間乗るのが苦手なので電車で行きました。

草津には行きましたが、四万温泉は初めて。 東京から1泊で行くのにちょうどいい感じです。バス停は中之条駅のすぐ近く。トイレや売店もあります。

中之条シュッキーがおいしい。

中之条駅の売店で謎のお菓子「シュッキー」が買えます。

『千と千尋の神隠し』のモデルと言われる『積善館』に宿泊!

この日のお宿は『積善館(せきぜんかん)』

f:id:sakuraho:20170315230029j:plain

群馬県・四万温泉 積善館 詳細

バス停を降りると歩いてすぐの場所にあります。

積善館の本館は群馬県指定重要文化財です。

f:id:sakuraho:20170315230215j:plain

油屋のモデルの1つと言われています。

『積善館』はジブリの名作映画『千と千尋の神隠し』の「油屋」のモデルになったと言われています。

あくまでも「言われている」だけで、ジブリや積善館が正式に認めているわけではないそうです。ただ、宮崎駿監督が実際に宿泊されたことがあり、驚くほど雰囲気が似ている場所がいくつかあります。

「モデルではないか。」と言われるようになったのはテレビ番組がきっかけだそうで。積善館が勝手に言っているわけではないそうです。(宿の御主人曰く。)

ちなみに「油屋」のモデルと言われる宿はいくつかあって。

長野県別所温泉にある「臨泉楼柏屋別荘」もモデルとされる宿のひとつ。

 

さて、積善館ですが、

 確かにめっちゃ「油屋」に似ています!

この赤い橋、まさに「油屋」ではありませんか!!俄然テンションが上がります!!

f:id:sakuraho:20170315230858j:plain

積善館周辺、観光客がとーっても多いです(笑)

当然ながら、宿泊客以外の方も大勢見学に来ますので、人が入らない状況で写真撮影をするのは非常に困難です!

上記の写真は翌朝、朝ごはんの前に朝風呂に向かう途中で、無人のスキを見計らって撮ったもの。

朝7時前なら、こんな風に無人の時間がちょっとだけ確保できます(*^-°)v オッケェー♪

積善館の外観写真を観光客を入れずに撮りたい場合は早朝が狙い目です。

山間の朝。

ちょっとひんやりした空気の中にそびえ立つ『積善館』は、長い歴史に培われたどっしりとした安定感を醸し出していました。

森の中に浮かび上がるような赤い橋はまさに『千と千尋の神隠し』のごとく異世界への入り口に見えました。

 

この赤い橋を渡っていくと。

▼ 川にかかる渡り廊下。今は使われていないそうです。

f:id:sakuraho:20170315230912j:plain

▼この建物は「本館」

f:id:sakuraho:20170315230951j:plain

見るからに歴史を感じます。どっしりと構えた木造の建物。

「本館」 は元禄4年に建てられた日本最古の木造湯宿建築とされています。

f:id:sakuraho:20170315231216j:plain

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

本館玄関と第15代目当主による看板

お客さんが増えるにしたがって増改築は重ねられてきましたが、本館玄関の梁は建築当初から使われているものだそうです。

f:id:sakuraho:20170315231127j:plain

玄関にかかっている看板の文字は明治時代の第15代積善兵衛の筆によるものだそうです。(看板自体は老朽化により新調されたもの。)

▼玄関わきの通路。

f:id:sakuraho:20170315231147j:plain

ただの通路なのですが、これがまた趣があります。石畳を歩いて向こう側に行くと、不思議な世界に繋がっていそうな。

夜に浮かび上がる積善館

f:id:sakuraho:20170315231202j:plain

夜の闇の中に、異形の何かが潜んでいても不思議じゃない。

そんな気がします。

おすすめポイント!!

県の文化財にも指定されている本館の外観も素晴らしいですが、中身もすごい!

建物の中を見学するツアーも開催されています。絶賛オススメなので、ぜひ参加してみてください。(日程については宿に詳細確認のこと)

以上、群馬県・四万温泉 積善館の建物外観でした。

▼夏のタイムセール開催中▼

▼次回は歴史ある建物の内観についてお話します。

群馬県・四万温泉『積善館』~超有名なジブリ映画のモデルと言われる人気のお宿。元禄時代に建てられた日本最古の木造湯宿建築!その②建物・内観編 

限定プランやタイムセールなど、お得に泊まれるプランが色々あります☆

関連記事

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-国内旅行, 温泉, 群馬/四万温泉 積善館, 関東の温泉

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.