ヘルスケア

横向き寝で肩が痛い人におすすめ!横向き寝専用枕で痛みが改善!『YOKONE(ヨコネ)2』と『スリープバンテージ』の口コミとレビュー!

更新日:

記事上アドセンス

眠るときにどんな姿勢で眠りますか?

個人でそれぞれ「眠りやすいポジション」というものがありますよね。

私は横向きで寝ているのですが、肩や背中に痛みを感じ「辛い…」と感じていました。

とはいえ、慣れた姿勢を変えるのも難しい。痛くない姿勢を探して試行錯誤したものの、どうも落ち着かない…。

眠りの質が悪いので気分まで落ち込んできてしまって困っていました。で、色々調べてみたところ…。やはり同じ悩みを抱えている人はいるんですよね。

「横向き寝専用枕」というものがあったのです。

今日は私が愛用している横向き専用枕のお話です。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

横向きで寝ると体が痛い。

私は子供のころから仰向けで眠るということが苦手です。

理由はふと目を開けると”何か”がいたら怖いから。

こういうやつ

f:id:sakuraho:20170608183451j:plain

あ、これ、冗談ではなくて目を開けたらおばけがいたら…と思うと落ち着かなくてそわそわしてしまうんです。

なので子供のころから横向き(またはうつ伏せ)で眠ることが多かったのですが、横向きで眠るのが辛くなってしまいました。

あかり
身体が痛いんです…。

f:id:sakuraho:20170608184500p:plain

  • 肩が邪魔になって寝づらい。
  • 横向きになると肩がつぶされて痛い。
  • 肩の痛みが背中や腰にも広がっていく。
  • 夜中に痛くて目が覚める。
  • 朝起きたら全身がバキバキにこっている。

こんな状況が続いて寝不足気味になり、辛かったんです。

同じように悩まれている方もいるんじゃないでしょうか?

なぜ横向き寝で寝ると肩が痛くなるのか?

横向き寝で寝ると、仰向けで眠るよりも寝返りを打つ回数が減ります

そして寝返りを打たない状態で、体の片側に体重がかかり続けます。

特に肩は自分の体につぶされた様な形になって圧迫され続けることになります。一晩中、6~8時間もの長い時間にわたって。

これでは辛いのは当然ですよね。

ひどくなれば、『巻き肩』といって「肩甲骨が内側に巻き込んだ状態で硬直してしまう」症状が出てきます。

私はそこまでではありませんが、肩甲骨周りがガチガチにかたまり、動かすとゴリゴリと音がするほどでした。

横向きで眠ることの体への影響と効果

あかり
そもそも横向きで眠るのがよくないのだろうか?

気になって調べてみたところ、決して横向き寝が悪いわけではなくて、横向き寝には横向き寝のメリットもあります。

 いびき防止

横向きで寝ると、舌が気道に落ち込むことを防ぐことができるので、いびきの軽減にもなります。

体の負担が少ない。

人間の背骨はS字に湾曲していますが、 横向きで眠ることで背骨のS字が維持されたまま、眠ることができます。よって横向き寝は体の負担が少ない姿勢だと言われています。

 

そう、横向きで寝ること自体は悪くない。むしろメリットの方が大きいんです。

 

何より自分自身が眠りやすいポジションがあるので、それを急に変えることは難しいですよね。

横向きで寝ることで感じる痛みを軽減するには?

横向きで寝る姿勢を変えることは難しい、ではどうすれば痛みがなくなるんだろう?

試行錯誤をしました…。

  • うつ伏せ気味の横向きで寝てみる
  • バスタオルを肩や腰に当てて寝てみる

しかしどうもしっくりこないんです。

で、ふと気づきました…。

 

もしかして枕があっていないのではないだろうか?!

横向きで寝ると、肩周辺にゆとりがなくて圧迫されているように感じてたんですよね。

調べてみると「横向き専用枕」というものを見つけました!!

枕の効果ってものすごく大きいんです!

「横向き寝専用枕」をいくつか試してみて、現在愛用しているのが「YOKONE2(ヨコネ)」という枕。公式サイトはこちら。

腰痛、肩こり、頭痛でお悩みの方に横向き寝専用まくら

以下、横向き寝専用枕を使ってみた感想と、今まで使った商品をご紹介していきます。

横向き寝専用枕を使ってみた感想と効果。

横向き寝に特化した枕を使ってみた感想は、というと…。

スリープバンテージ快眠

ひとことで言えば、快適、快眠です!

  • 入眠時に肩をじゃまに感じない。
  • 肩の痛みが軽減し、深夜に目を覚ますことがなくなった。
  • 朝起きる時に全身の痛みで辛い思いをすることがない。

朝起きると、負担がかかる姿勢で眠っていたせいで肩、背中、腰、、、とほぼ全身が痛い…。

体が強張ってしまい、動き出すまでに少し時間が必要だったのですが、それがなくなり朝の目覚めも快適になりました。

あかり
枕の重要性を痛感しました。

普通の枕と何が違う?

なぜこんなに寝心地が変わるのか?

横向き寝専用枕の特徴として以下のことがあげられます。

  • 頭・首・肩・背中をしっかり支えてくれる構造で、体の片側に体重がかからない。
  • 肩が体に押しつぶされないように高さがある。

横向きで眠ると体の片側に体重がかかり続けることになりますが、横向き寝用の枕を使うと頭から背骨の重心がまっすぐにな状態で眠ることができるので負担が少ないです。

また通常の枕より高さがあり、肩がつぶされない構造になっているので、就寝時の肩の痛みや巻き肩を防ぐことができます。

以下、管理人が今までに試してみた「横向き寝専用枕」と現在愛用中の「YOKONE2」についてご紹介します。

『スリープバンテージ』

管理人が最初に使った横向き専用枕です。


独特の形をしています。アルファベットのJみたいな形です。

このが体にぴったりと沿って、くぼみにハマるような構造になっています。おかげで頭から肩、背中までがしっかりサポートされ体の姿勢が安定します。

▽実際に使うとこんな感じになります。

自分の体に押しつぶされるようになっていた肩がつぶされず、一晩中、楽な姿勢を維持できるんです。

裏返して向きを逆にすれば、右向き、左向きどちらでも使えます。長い方(ロングテールと呼ばれる部分)を顔側に持ってくることで抱き枕のようにも使えます。(写真:左)

真ん中のくぼみは「耳用」のくぼみ。耳が押しつぶされて痛くなるのを防いでくれます^^

抱き枕としても使える

出典:フランスベッド株式会社 - FRANCEBED

耳用のくぼみ

管理人は『スリープバンテージ』が初めて使った横向き寝専用枕でしたが、あれほど辛かった肩の痛みが嘘のように改善しました。

ただし、いくつかデメリットがあります。

【スリープバンテージのデメリット】

  1. 高さが合わない人もいる。
  2. 寝返りが打ちづらい。
  3. 使っているうちに「中わた」がしぼんでしまい、高さが失われる。

高さの調整ができないので人によっては高さが合わないと感じる人もいると思います。また形が独特なので寝返りを打つとずれてしまうこともあります。

使っていくうちに一番目と2番目は段々と馴染んでくるのですが、3番目の「しぼんでしまう」のはどうしようもなかったです

『スリープバンテージ』の中わたはポリエステル100%のつぶわた。重みでへこみやすい素材です。使っているうちにしぼんでしまって「高さ」が足りなくなってしまったので、1年ほどで買い替えました。

価格は非常にリーズナブルで楽天やアマゾンで4,000円ほどで買えまので、買い替えもさほど負担ではないです。

まずは横向き寝枕を試してみたい方におすすめです。

『YOKONE2(ヨコネ)』

『スリープバンテージ』は就寝中の体の痛みを軽減してくれ、本当に出会えてよかったのですが、だんだんしぼんでしまうのが難点でした。

私は1年弱で買い替えました。安いとはいえ、たびたび買い換えるのもちょっともったいない気もしますよね。

今度は長く使える横向き寝専用枕はないかなと思って探してみました。管理人が出会った枕がこちら。

その名も横向き寝専用まくら「YOKONE2(ヨコネ)」です。(※「YOKONE」からバージョンアップして「YOKONE2」になりました。

『YOKONE(ヨコネ)』はどこが優れているのか?

YOKONE(ヨコネ)を使ってみて、これはイイ!と思ったところをご紹介しますね。

  1. 高さの調節ができる
  2. 寝返りが打ちやすい
  3. 弾力性のある素材でへこまない

高さの調節ができる。

スリープバンテージは高さが調節できませんでしたが、『YOKONE(ヨコネ)』は三段階で高さの調節ができるので、男女ともにぴったりの高さで使うことができます。

写真のように厚さの異なる2枚のシートがセットになっていて、このシートをセットしたり外したりすることによって高さを変えることができるんですよ。

2枚の高さ調節シートがセット

タオルを枕にまいて高さを合わせる方法もありますが、寝返りを打つとタオルがずれてしまいますし、タオルが頬に当たる感覚が苦手な方もいます。(私は苦手)

YOKONE(ヨコネ)の高さ調整シートは自然な形でセットできるので、違和感がないです。

寝返りが打ちやすい

横向きで眠るとどうしても体の一部分に体重がかかり、体への負担が大きくなります。

YOKONE2(ヨコネ)』は頭・首・肩・腕の4点をしっかり支えてくれる特許技術が使われており、寝ているときの姿勢が安定します。

形が左右対称で、真ん中のくぼみにちょうど頭がハマる感じになるので寝返りもスムーズに打てます。

特許技術で姿勢が安定する

一般の枕だと体の重心がまっすぐにならず、不自然な姿勢になってしまうのですが、下記の図にもあるように、首から背骨、骨盤、足までがまっすぐになる感じ。

体の一部に負荷がかかるということがなく、腕まで支えてくれるので肩が楽なんです。これは他の横向き寝枕にはない大きなメリット!

ヨコネを使って寝てみるとしっかりと体が支えられている感覚があります。

一般的な枕と比べて、高さがあり肩がつぶされない構造になっています

普通の枕で寝ていた時は「肩がぐにゃっと押しつぶされている」感じでしたが、YOKONE(ヨコネ)を使うと肩が自然な形で眠りにつくことができ、肩や腰、背中の痛みを感じずに眠ることができます。

弾力のある素材でへこまない

まくら本体の素材は「リラックスウレタン素材」という素材を使用。触るとむきゅっとした弾力があります。

なめらかで体にぴたっとフィットする感じで、すーっと無理なく頭が枕に沈むような感覚があります。弾力性があるのでへこみにくいです。

また「頭寒足熱」と昔からよく聞きますが、頭をクールダウンさせてあげると質の高い睡眠につながると言われています。

YOKONE2(ヨコネ)』は枕カバーの素材に冷感素材を使用していますので、頭を乗せると少しひんやりした感じがあり気持ちいいです。

ただし、首元は冷やさない素材を使用するなどの細かな気配りもあり、冷えすぎるということはありません。

↓首元は素材が違います。

※公式サイトから購入すると冷感素材でない枕カバーも一緒に購入できます。

硬さは「硬め」「柔らかめ」の2種類。

『硬め』と『柔らかめ』の2種類から選ぶことができます。

私は硬すぎると寝にくいので、『柔らかめ』にしてみました。

体格や性別、年齢によっても好みが変わりそうですが、女性なら『柔らかめ』の方がいいのではないかと思います。

まとめ

YOKONE2(ヨコネ)』のメリット・デメリットについてまとめます。

『YOKONE2(ヨコネ)』のメリット

  • 高さの調節ができる
  • 特許技術で頭・首・肩・腕の4点をしっかり支えてくれる
  • 弾力性のあるリラックスウレタン素材で体にフィットする
  • 長く使用してもしぼまない、へこまない

『YOKONE2(ヨコネ)』のデメリット

  • 見た目がかわいくない

見た目がイマイチかわいくない、というのはありますが(苦笑)、「スリープバンテージ」の難点は見事にカバーしてくれています。

その分、価格は高いですが、しっかりした作りで長く使えそうです。枕カバーを別売りしてくれているのも嬉しいところ。

YOKONE2(ヨコネ)』のおかげで、夜の睡眠は快適になりましたよ。

快眠できないと日中の活動にもさわりが出てしまいます。寝具は快適なものを使いたいですよね。私にとってはなくてはならない存在です^^

人間の長い人生のおよそ三分の一は睡眠時間ですからv(*'-^*)-☆ ok!!

▽公式サイトはこちら(※公式サイトでしか買えない商品や、公式独自の特典なども受けられます。)

腰痛、肩こり、頭痛でお悩みの方に横向き寝専用まくら

2017年7月24日追記:キャンペーン情報を追記。

現在、2つ購入すると3つ目が無料になるキャンペーンが実施されています!

単品で購入するより、18,000円のお得になります。

横向き寝の肩の痛みに悩んでいる人も多いですから、家族へのプレゼントにすると喜ばれそうですし、『硬め』『柔らかめ』を両方買って使い分けるのもよさそうです。

詳細は以下の公式サイトからご確認ください。

関連記事

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-ヘルスケア

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.