【箱根仙石原・オーベルジュ漣】専用露天風呂あり。落ち着いた照明で、リラックスできるお部屋。マッサージチェアも完備!【お部屋編】

夫婦二人で行く、温泉旅レポの2回目です。

前回は【オーベルジュ漣(れん)】の概要と建物ついてご紹介しました。(オーベルジュ漣の詳細情報・口コミはこちら

今回は私たちが宿泊したお部屋と専用露天風呂をご紹介します!

<スポンサーリンク>

チェックイン手続きを済ませ、お部屋に案内していただきます。廊下の突き当たりが、この日、宿泊するお部屋。

専用露天風呂付き客室「カモミール」

宿泊するのは「カモミール」。

その他、ローズマリー、ベルガモットなど、お部屋の名前はアロマの精油の名前になっています。お部屋は全部で11部屋あります。

やや暗めの照明で、落ち着いた空間です。広さは31.8㎡。靴のまま、入ります。これがやはり慣れなくて(苦笑)、気が付けば靴を脱ぎそうになっていました。

お部屋の向こう側に専用露天風呂があります。かなり広いスペースがあります。

リビングとベッドルームが一体化しているタイプ。枕元に窓があり、明るい光が射しこんでいます。

反対側から見るとこんな感じ。

黒い革張りのソファー。柔らかく、ふわ~と体が少し沈む感じが最高に座り心地良くて、ここが私の指定席になっていました。ソファーの下には毛足の長いカーペットが敷かれています。

床は石なので少し冷えるかな、と思いましたが、無問題。このカーペットはホットカーペットで、足元ほかほかでした。

もちろんテレビあり。DVDやCDなども楽しめます。ラウンジに置いてあったDVDを借りたり、お気に入りのものを持参するのもいいかも。

癒し系のCDが数枚ありました。サラ・ブライトマンの歌声を聴きながら、のんびりお部屋で読書をしていました。

お茶、紅茶・コーヒーなど。

手づくりっぽいお菓子。クッキーやパウンドケーキなど。どれも美味しかったですが、特にオレンジピールがおいしかった^^

冷蔵庫あります。お水は無料だったかな、確か。

ワインセラーがあり、ワインが色々入っています。ハーフボトルが1本2,100円。お部屋のお風呂を楽しみながらお酒、いいかもしれませんね。

パジャマとスリッパ。作務衣や浴衣はありません。

玄関は言ってすぐのところに、クローゼットがあり、金庫があります。貴重品は金庫に保管。リセッシュや読書灯もクローゼットの中にあり、必要に応じて自由に使えます。

バスタオルとバスローブ。大浴場に行く場合はこのタオルを持っていきます。

タオルは一人一枚ですが、洗面スペースにタオルウォーマーがありますので、すぐに乾くので問題なし。ただ、しいて言うなら「湯かご」があると便利だったかな。女性の場合、細々とした持ち物が多いので、小さな袋かバッグを持参するといいかも。

マッサージチェアがあります。全身をほぐせるタイプで、自宅で使うのは大きすぎて置き場に困る感じなので、ここぞとばかりに使わせてもらった。ふくらはぎがむくみやすいので、助かりました^^

<スポンサーリンク>

洗面スペースとシャワーブースとアメニティ類

洗面台とトイレ。トイレはウォシュレット付きです。

写真ではわかりづらいのですが、トイレの隣にシャワーブースがあります。湯船はなくて、シャワーのみ。

ガラスの仕切りはありますが、丸見えなので、一人がシャワーを浴びているときはトイレは我慢かな。

洗面スペースは冷えやすいですが、漣(れん)では足元にヒーターが入っているので、冷たいと感じることはありませんでした。このさりげない気遣い、かゆいところにさっと手を出してくれる細やかさがありがたい。

白くて、シンプルな洗面台。このシンプルさが好みです。

アメニティはTHANN。

THANN、香りが大好きなんですよね~。好みのアメニティが置いてあるとテンションがぐっと上がります。それにシートマスクが2枚あるのも嬉しい。うるおいがたっぷり欲しいアラフォーです。

クラシエのスキンケアグッズ。

ドライヤー、ボディタオル、はぶらし、ヘアブラシなどもばっちり完備。手ぶらで大丈夫!

ありがたすぎる、美顔器。温泉の後で使うと、翌朝の化粧ノリが全く違うので、もちろん存分に使わせていただきました。

 

便利なタオルウォーマー。このおかげで、タオルがすぐに乾きます。

カモミール 専用露天風呂

漣(れん)全11部屋のうち、専用露天風呂がついているお部屋がありますが、カモミールはその1つ。

お風呂はかなり広いです!二人で入っても余裕がありますね。椅子とテーブルが置かれてあり、湯冷ましの休憩もできます。

屋根があるので、直射日光にも当たらないし、少々の雨なら大丈夫そう^^

反対側から撮った一枚。

手すりもありますので、高齢の方でも楽に入れます。ハーブ系のシャンプー類があり、洗い場もありますが、冬は寒いので、大浴場かシャワーブースを使う方がベターだと思います。

夜になるとこんな感じ。ほんのりとした灯りが浮かび上がって、雰囲気ばっちり。いつまでも入っていたいと思うほど、心地いいお風呂でした。

使わなかったけれど、お風呂で読める、ちょっとした読み物も置かれていました。あぁ、こういう気遣い、ふと嬉しくなりますね。

おしゃれなキーケース

お部屋の鍵は2つあるので、別々に外出しても便利です。印象深かったのがキーケース。革製で、使い込まれた色合いが何とも言えない味わいがあります。これは初めてのパターン。オーナーさんの細やかなこだわりが随所に光る、【オーベルジュ漣(れん)】のお部屋の紹介でした♪

次は大浴場編です。露天風呂の雰囲気がバツグンです^^