ウィーン・ローマ旅行記

ローマ・ウィーン旅行記:ホテル・カイザリーン・エリザベート。シュテファン大聖堂からすぐ近く。ウィーン中心部にある4つ星ホテル。

投稿日:

記事上アドセンス

ウィーン二日目の宿泊は「ホテル・カイザリーン・エリザベート」

ウィーン在住経験のある人がおすすめしてくれたホテルです。

ウィーンと言えば、世界有数の観光地なだけあって「ホテルザッハー」や「ホテルインペリアル」など歴史ある高級ホテルが数多くありますが、私たちはもう少し規模が小さい方が好みなのですね。

「ホテル・カイザリーン・エリザベート」はモーツァアルトやワーグナーも宿泊したことがある由緒あるホテル。全部で63室という大きすぎない規模がまさに好みでした。

加えてシュテファン大聖堂から歩いて数分という抜群のロケーションの良さ、観光やショッピングの拠点としても非常に便利な4つ星ホテルです。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

ホテル・カイザリン・エリザベート

大規模ホテルのような迫力はありませんが、濃いクリーム色の外壁で上品な佇まいのホテルです。

シュテファン大聖堂を見学する前に、立ち寄って荷物を預かっていただいたのです。

チェックイン・アウト後の荷物預かりにも対応してくれます。

フロントの横にはエリザベート皇后の石像が飾られています。

エリザベート皇后はホテルの名前の由来にもなっており、王室から「エリザベート」の名前を冠することを許されているのだそうです。

▽ロビー

▽エリザベート皇后の肖像画

大きな天窓から明るい陽射しが差し込み、豪奢なシャンデリアが下がっています。

▽エレベーターも非常に豪華

なんとなく気になって階段で登ってみました。

少し写真が暗いですが、ヨーロッパらしい赤いじゅうたんが敷かれた階段を登っていきます。

手すりの細工も美しいです。

配置された家具も豪華なのですが派手すぎず上品で、うっとりと見とれてしまいました。

この上品なシンプルさが心を落ち着かせてくれます。

扉には紋章が刻まれています。

部屋はダブルルーム

部屋はダブルルームです。大きなベッドが1つ。前日宿泊した「ホテルアナナス」よりもぐっと広くなりました。

ベッドの脇にはデスクもあります。

壁にはウィーンの風景を描いた水彩画がいくつも飾られていました。

大きめのテレビとテーブルとチェア。天井が高くて、窓が大きいので、光がたくさん差し込みとても明るいお部屋でした。

ちょっと変わった形の鍵も印象深いです。

白いレースのカーテンがかかった窓からは

中庭が見えます。

水回り

大きな鏡と洗面台!歯ブラシはないのですが、ドライヤーやスリッパは完備。

シャワーブースも大きいし、

バスタブもあります。ずっとシャワーだけだったので、バスタブありはとてもありがたく、この日はお湯を溜めてゆっくりお風呂に浸かりました。

朝食はビュッフェ

朝食は食堂でビュッフェ。白いテーブルクロスにチェアの赤が映えてとても落ち着いた雰囲気でした。シャンデリアもキラキラ。

スタッフが常に気を配ってくれていて、とても心地よかった。

本場のハムやサラミ、ソーセージ、ベーコンなど。種類がとても豊富です。

▽ゆで卵。

前日の「ホテルアナナス」で調子に乗って食べ過ぎてしまったため、この日は控えめにしました。(私的にはこれで控えめ(笑))

最初はクセが強くて、チーズやサラミが食べ辛いなと感じていましたが、だんだん慣れてきて、もうすっかり気にならなくなりました。

▽ウィーンの定番のパン、カイザーゼンメル

まとめ

帰国してからもしばらく思い出してはうっとりしてしまうほど、上質のホテルでした。

大規模なホテルがあまり好みでない方にぜひおすすめです。ほどよい規模なので、スタッフとの距離感も心地よく、細やかに気配りをしていただけました。

それから何と言ってもロケーションのよさ!

駅からも近く、シュテファン大聖堂、オペラ座、グラーベンなどがウィーンの有名観光スポットから徒歩圏内なのもとても便利です!!

関連記事

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-ウィーン・ローマ旅行記

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.